船底植え

MENU
TOP>雑学>サツマイモの船底植え

サツマイモの船底植えとは


水平植えの改良。茎を水平にするのではなくて、中心をくぼませるように植える。水平植えよりも生育が確実とされる。
茎が長いものでないと駄目
茎が長いことが前提。
参考
サツマイモ
スポンサードリンク

船底植えのメリット

生育が水平植えより確実
水平植えが比較的乾燥に弱いというデメリットを若干ばかり克服したものが船底植え。そういう意味では水平植えよりも初心者向け。
収穫量が多い
株一つあたりの収穫量が多い。ただし、植え付けに手間が掛かるので、効率を考えると広い畑に大量に植えるなら、斜め植えが便利。狭い畑でしっかりと収穫するなら船底植えが適している。

デメリット

植えにくい
斜め植え・垂直植えよりも植えるのに手間が掛かる。だが、収穫量は多いし、株を多く植えられないなら、船底植え・水平植えの方がいい。
粒が揃わない
発根が多く、成育しやすく、芋がたくさん収穫できる反面、水平植えに比べると芋の大きさにばらつきガある。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

雑学の仲間


雑学の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用