テルテルハートの育て方

MENU
TOP>シソ科>テルテルハート
スポンサードリンク

テルテルハート(コリウス・Telltale heart)

nophoto
科名シソ科
別名コリウス・Telltale heart
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

育て方はコリウスと同じ。葉っぱが小さくて模様も綺麗です。寒さに弱いの秋以降は室内で管理します。一般的には一年草扱い。

模様を鮮やかにするには日光と花摘み
コリウスは花が咲くと栄養を花に回して葉っぱの色合いがくすんできますので、ツボミの時点でさっさと摘んでしまうのがセオリー。花も綺麗ですけど、メインは葉っぱ。
日光が少ないと葉っぱがくすんできます。ところが真夏の強い直射日光に当たってもやっぱりちょっとくすんでしまいます。理想は真夏は半日陰ですが、面倒ですので大抵は春から秋はずっと戸外です。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりとやります。鉢植えの場合は鉢底から水がしみ出す位にしっかりとやります。鉢植えだと水切れが起きやすく、春は晴れたら毎日、夏は朝と夕方の二回、秋は春と同様に晴れたら毎日、冬は土が乾いたら――という頻度を目安にしてください。

庭植えにした場合も土が乾いてたら水をやります。

肥料
肥料をあげることで葉っぱの色合いも濃くなりますし生育もよくなります。春から秋に掛けて固形肥料を一カ月に一回やるか、液肥を一週間か二週間に一回やります。花を観賞するものではないので、リンが多い肥料をやる必要はありません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付けは春。植え替えをする場合も春にします。植え替えは毎年行います。用土は市販の花と野菜の土。植え替える・植え付けともに必ず新しい土で植えてください。

冬は挿木で乗り切るという手も
コリウスを楽しむために花を摘んでしまうので種子が取れにくいですし、もともとコリウスは花が咲きづらく、種子が出来ずらいもの。そこで増やすのは「挿木」です。簡単に増えます。夏に摘んで水に浸けているだけで発根することもあります。庭植えした場合は霜に当たって枯れてしまうので、秋にいくつか枝を切っておいて小さな鉢に挿木しておけば、春に植えて、また楽しめます。でも非常に面倒なので普通はしません。

管理場所・日当たり

基本は戸外の日当たりで
春から秋は戸外の日当たりで管理します。あまりに直射日光が強いと葉っぱの色が褪せてくるのですが、枯れるほどではありません。夏だけは半日陰に移動させるのが理想ですが、移動させなくても可。
ただプランターや鉢植えにしている場合は、西日が当たるなどして鉢が熱を持ち乾燥して水切れが起きやすくなるかもしれません。そういうときは半日陰に移動させます。

冬は室内で管理
冬の寒さに弱く、10度以下になると枯れてしまいます。10度というのは冬はリビングでも夜中になると5度前後になることを考えると、一般家庭では難しい温度です。挿木で冬越し、室内で管理して冬越しという手もありますが一年草と割り切る方が気が楽。

特徴・由来・伝承

テルテル…ってなんだと思ったら、英語で書くと「Tell tale」。日本語で書くと「秘密をばらす・密告者」とか「隠せない」という意味合い。「お喋りの心」か、コリウスの紫の模様を「心臓」と見立てて、「心臓が丸見え」みたいな意味合いかな。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用