やたらと実や花をつけるのは危険なサイン

MENU
TOP>トラブル>やたらと実や花をつけるのは危険なサイン
スポンサードリンク

やたらと実や花をつけるのは危険なサイン

主に、根詰まりを起こして、生育不良を起こす直前くらいになると、植物は自己保存の本能が働いて、花が大量に咲きやすくなります。花が咲けば当然ながら、実がなります。ブルーベリーブラックベリーなどのベリー類は鉢植えにしてベランダで栽培することも可能です。何年も「まぁまぁ」な実付きだったのが、ある年、突然、鈴なりに実がなったら、喜んでいないで、根詰まりを疑いましょう。
●根詰まり以外でもなる可能性はあるが、害虫・病気などは弱るスピードの方が早いから、花付きがよくなるという症状になる前に枯れる。

雑記

「去年、あんなに実がなったのに、今年は新芽すらほとんど出ない」
「去年、あんなに花が咲いたのに、今年の春にはほとんど枯れ込んでいる」
という相談メールがたまに来ます。
最初に植えるときに大きな鉢に植え替えているのですが、数年経つと「根詰まりを起こさないわけがない」のですね。
特に
●枝が細い
●葉っぱが少ない
●元気がない

にも関わらず開花・実付きが良すぎてバランスがおかしいのならば、これは植物が最後の力を振り絞っている可能性が高い。気をつけましょう。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

トラブルの仲間


トラブルの仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用