ガーデニング作業での夏の蚊・虫対策

TOP >トラブル>>管理

目次

  1. ガーデニング作業での夏の蚊・虫対策
  2. 服装
  3. 薬剤による防虫
  4. おまけ
  5. SNSボタン・関連記事

ガーデニング作業での夏の蚊・虫対策

ガーデニング作業での夏の蚊・虫対策
文章の修正夏のガーデニング作業は日射病・熱射病も問題ですが、虫も嫌です。ここでは植物の害虫ではなくて、戸外のガーデニング作業で問題になる蚊・マダニといった虫とその対策についてまとめています。
まとめ
●必ず長袖・長ズボンで作業する。首にはタオル・帽子・軍手・靴下で防護する。
●服の上からする防虫スプレーもある。
●空間用防虫スプレーの利用も考慮する。
●蚊取り線香も効果がある。
雑草を減らすように普段からしておくとよい。

スポンサーリンク

服装

文章の修正長袖長ズボンで
とにかく長袖・長ズボンにすること。肌を露出しないことが大前提。これは必須。それでも完全には予防できませんけどね。長袖長ズボンにして、さらに服の上から虫除けスプレーをすると良いです。
●服の上からかける虫除けスプレーってのがあります。
●普通の虫除けスプレーは服の上から掛けても効果がないです。

首にはタオル
首を刺されるのを予防するのと汗を吸うためのタオルを首に蒔きます。
帽子
帽子は日射病・熱射病の予防のためです。
軍手
軍手で手を守り、なおかつ、作業で手が汚れないようにします。棘のある植物もありますし、植物の汁の中にはかぶれるものもありますので、軍手も必須。
靴下
まー書かなくても普通は履きますよね。

薬剤による防虫

文章の修正虫除けスプレー
虫除けスプレーは肌に噴霧するもの。一定の効果があります。完全に防御するのではなくて、本来ならば10個刺されるところを二個か三個に抑えられるって感じ。やらないよりはずっといいです。でも、汗を掻くと流れ落ちて、汗の匂いで寄ってくる「蚊」には結果、効果があまりないよ、なんてこともあります。短時間の作業であれば有効です。
●スプレータイプだとかぶれる人がいるので、最近はパウダー状の虫除けもホームセンターなどで売っています。
●服の上から噴霧するタイプの虫除けスプレーもあります。

空間用虫除けスプレー
2015年に吊るすタイプの空間用虫除けに「効果がないよ」って消費者庁からお達しがありましたが、「空間用虫除けスプレー」は吊るすタイプではなくて、噴霧するもので、これを作業するエリアに撒いておくと効果があります。ただし、空中に撒くのではなくて、作業する草むらや地面に噴霧する事。
●アース製薬の「ヤブ蚊マダニジェット」など。

蚊取り線香
蚊取り線香を炊いていれば、かなり予防は出来ます。ただし、小さいとはいえ火を使うのは怖い人もいるでしょう(子供がチョロチョロしているとか)。蚊取り線香が原因の火事もあるようです。蚊取り線香の火事予防のグッズがありますので、それで良い方は検討して下さい。

おまけ

文章の修正雑草を刈る
蚊もダニも普段は植物の汁を吸って生きているので、雑草が多いと蚊・ダニが生息しやすい場所になります。よって普段から雑草を刈るか、雑草が生えにくくなるようなグランドカバーを繁殖させるか、小石を敷き詰めて雑草を生えにくくします。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じカテゴリの記事

赤星病
トラブル
虫が減る意外な方法
トラブル
庭木の雪囲い
トラブル
ガーデニングでモチベーションを維持するコツ
トラブル
ペットに危険な観葉植物たち
トラブル
植え付け直後に水をやる
トラブル
葉先や葉の外側から枯れる原因と対処方法
トラブル
店で売ってる草花が小さな鉢に植えられている理由
トラブル
草刈り・草取り・落葉清掃で出たゴミの処理
トラブル
砂利をしくときの注意点
トラブル
スポンサーリンク