テッポウユリの種まき・タネから育てるコツ

TOP >ユリ科>テッポウユリ>雑記>テッポウユリの種まき・タネから育てるコツ【管理

テッポウユリはタネから育てない

テッポウユリはタネから育てない
ユリは種子を作ると球根が疲弊して、翌年の開花が鈍くなります(花が小さくなる)ので、テッポウユリは一般的には球根を植えるもので、種から育てることはしません。一般的には種子ができる前に摘んでしまったり、切り花にしてしまいます。

そのため、テッポウユリのタネは流通しておらず、種を自分で採取するか、知人からもらうことで始めることになります。知人から「育ててみる?」とタネをもらって育てるか、自分で栽培したテッポウユリから採種して栽培します。

一般的なユリは種の発芽から4年か5年経たないと開花しないのですが、テッポウユリの場合は種子から育てても一年か二年で開花する便利なものです。種子から育てるというのも「手」です。

ただ、テッポウユリは種子から育てると個体差が大きく、また、交雑が起きやすく、テッポウユリとシンテッポウユリの境目も曖昧で、見分けがつかないものも多いので、性質のわかっている球根から分球するのが普通です。
スポンサーリンク

種子を取る

種子を取る
花を放置していると、縦長のサヤができます。中には大量の種子が入っていて、その種子は薄くて風に吹かれて飛びやすくできています。テッポウユリは連作障害を起こして、同じ場所に植えていると数年で消えるので、風で遠くに飛ばす戦略を取ったらしい。
なので、熟したらすぐに取り出さないとアチコチに飛んでいくので、種は必ず採種するか、採種しないなら、タネを作らないように花を摘みましょう。

タネは紙袋に入れて風通しの良いところで常温保存します。湿気は大敵です。

種まき

種まきに適した時期は11月。発芽温度は15度から20度です。25度以上だと発芽しない。

ビニールポットに赤玉土小粒の単用を入れ、苗床を用意して、そこにタネをパラパラと撒きます(あとで間引くし、種子は大量にあるだろうから気にしない)。種子の上に土を薄くかぶせます。分厚くかぶせると発芽しなくなりますので、薄くにしましょう。あとは乾燥しないように明るい日陰で管理していると発芽します。

一ヶ月後くらいに発芽します。
ビニールポット
ビニールポットの購入はこちらから
Amazon
楽天市場
赤玉土小粒
赤玉土小粒の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

発芽後

発芽したら水やりは控え、土が乾いてから水をやるようにします。

また、発芽したらポットを一本立ちにします。引っこ抜かず、清潔なハサミで切ってしまいましょう。抜くと、残すはずの芽を巻き込んで抜いてしまうことがあります。

本葉が4枚か5枚になったら庭植えするか、鉢植えにする。庭植え・鉢植えにするときは株間を15cm〜20cm開けましょう。植え替え後は日光に当てるが、軒下など霜には当てないようにします。もしくは寒冷紗で霜除けしましょう。まだ霜に当てると枯れてしまいます。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

このページの親記事

テッポウユリ
鉄砲百合(テッポウユリ)の育て方
ユリ科ユリ属

テッポウユリの種まき・タネから育てるコツと同じカテゴリの記事

雑記
蚊・虫除けになる植物・ハーブの一覧
蚊・虫除けになる植物・ハーブの一覧
雑記
デュランタの冬越しのコツ
デュランタの冬越しのコツ
雑記
多肉植物がカサカサに枯れたりボサボサになったら
多肉植物がカサカサに枯れたりボサボサになったら
雑記
センリョウの実が落ちる、実がならない理由・原因
センリョウの実が落ちる、実がならない理由・原因
雑記
サルビア・セージの種類の一覧
サルビア・セージの種類の一覧
雑記
接ぎ木の仕方
接ぎ木の原理・形成層と手法や資材などまとめ
雑記
キンモクセイの剪定
金木犀(キンモクセイ)の剪定
雑記
ニチニチソウ(ビンカ)の冬越しまとめ
ニチニチソウ(ビンカ)の冬越しまとめ
雑記
ハーブティーにできる家庭菜園で育てやすいハーブ
ハーブティーにできる家庭菜園で育てやすいハーブ
雑記
ワルナスビテロ
ワルナスビテロ
雑記
スポンサーリンク