アツバキミガヨランの育て方

MENU
TOP>リュウゼツラン科>アツバキミガヨラン
スポンサードリンク

アツバキミガヨラン(アメリカキミガヨラン)

アツバキミガヨラン
科名リュウゼツラン科
属名ユッカ属
学名Yucca
別名アメリカキミガヨラン
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

寒さに若干弱いので、寒冷地では防寒を施さなくてはいけませんが、(山地ではなく)平地であれば冬越しは可能です。

鉢植えで育てることはほとんどないです。アツバキミガヨランは非常に大きく育ちますので、庭植えを前提にしてください。

水やりと肥料

肥料はほとんど必要なく、庭植えした場合は一旦根づくまでは水をやりますが、その後は乾燥に強い(乾燥を好む)ので、降雨だけで十分です。

肥料は春と秋に固形肥料を根本に置いてやります。無いからといって枯れる訳ではありません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい、日当たりのよい場所で管理します。暑さと直射日光には負けません。若干寒さに弱いので、冬は根本にワラや腐葉土を敷いてマルチングを行います。

管理場所・日当たり

日当たりのいい場所で管理してください。直射日光でも大丈夫です。

水はけのいい土が適しています。

葉っぱが尖っているので、人が通る場所に植えると非常に危険です。子供が通るような場所には植えないでください。そう考えると植える場所はかなり限られます。

特徴・由来・伝承

キミガヨランと呼ばれるユッカの仲間。

一般的に流通している青年の木=ユッカとはちょっと違い、低くこんもりと葉を茂らせる。葉にはトゲがあって、危ないので気をつけないといけないです。

「君が代」という名前はこの植物の英名「our Load's candle」=「我が君主のロウソク」から来たと言われています。でもちょっと飛躍を感じますね。

昔は戸外でも育つのでよく植えられていました。巨大な茎を大きいと2メートルくらいに伸ばし真っ白かクリーム色の花を鈴なりにつけます。受粉はキミガヨランに対応した「ユッカ蛾」が行いますが、この蛾が日本にはいないので日本で実を付けることはありません。

実を付けると、茎が折れて倒れ、そこで種が発芽して繁殖範囲を広げていきます。また株の根本から新芽が出ます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

リュウゼツラン科の仲間


リュウゼツラン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用