サンセベリアの育て方

MENU
使い方 TOP

サンセベリア(トラノオ・虎の尾・サンスベリア)

サンセベリア
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名リュウゼツラン科
別名トラノオ・虎の尾・サンスベリア
みずやりたまにやる程度
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
サンセベリア――実は育てるのは難しい
育てるのが簡単!と言われて育ててみるのですが、枯らしてしまった…って人が多いです。サンセベリアは性質がサボテンに近い植物で、水の加減が他の植物とは違います。水のやり方を参考にしてトライしてみてください。
まとめ
●水の加減が難しい。水をやりすぎて枯らすことが多い。
●冬は水を控える、もしくはやらない。
初心者は枯らす。
●春から秋に日に当てて水をやって肥料をやるとニョキニョキ生育する。

スポンサードリンク

春から秋の水やり

この項目の修正・提案をする
水のやりすぎに注意
成長する春~夏にかけては、土が乾いていたら水をやってください。サンセベリアは暑いときでも水をやらなかったからと言って、よほどでない限り枯れることはありません。高温時期に日光に当てていると、意外と水を欲しがります。生育する時期に水が不足すると生育が鈍くなります。なので、水が切れないようにしたいのですが、サンセベリアが枯れる原因の一番のとにかく「水のやりすぎ」。土が常時濡れていると根が腐って枯れてしまいます。とりあえずは乾燥気味に管理するのがコツ。
●水が足りなくなってくると、葉っぱがシワシワになってきますので、それから水をやっても充分復帰します。最初は葉っぱの様子を見ながら、水やりの間隔を掴んでいくようにします。
●受け皿に溜まった水は捨ててください。

冬の水やり

冬の水やり
この項目の修正・提案をする
冬越し 室内の5度~10度の場所で管理する場合
10月以降から、水遣りを控え、11月以降3月までは水を一切やりません。冬の寒い時期は成長が止まっていて、水を吸い上げないので、水をやると、根が腐ってしまいます。寒い部屋で管理しているのに水をやると根が腐ってパタパタと倒れてしまいます。
●春にパタパタと倒れるのはよくあるパターン。
挿し木して株を増やすことでリカバリーできます。

冬越し 室内の暖かい場所で管理する場合
暖房の効いた暖かい場所で管理する場合は、水分の蒸発もありますし、暖房のために空気中の湿度が低く、水をやらないでいるとさすがのサンセベリアも枯れてしまいます。土の状態をよくみて、月に一回程度水をやってください。受け皿に溜まった水は捨てて下さい。
●暖かい部屋で水を断つと、乾燥で根が痛み、春に水をやったときに根が腐ってしまったり、春以降の成長が鈍くなり、年々弱っていきます。
●サンセベリアはこのあたりの具合が微妙です。よく分からない場合は冬の間は水を一切やらずに様子を見てください。

肥料

この項目の修正・提案をする
肥料は控えめ
夏は水と一緒に肥料をやるとにょきにょきと生育します。二週間に一回か三週間に一回程度、薄い液体肥料をやってください。サンセベリアにはサボテン用の肥料でも普通の肥料でもいいですが、薄めてください。
●生育するとうれしいのですが、成長しすぎて邪魔になるかもしれないので、状況をよく考えて肥料をやってください。
●肥料が無かったから枯れるということはありません。でも、冬越ししやすくなるためには、春から秋によく生育していたほうがいいです。

植え付け・植えかえ

植え付け・植えかえ
この項目の修正・提案をする
植え替え時期
春から秋の高温時期に植え替えをします。理想は春。真夏は高温乾燥で危険。秋は植え替えのダメージを取り返す前に冬が来てしまう。でも、そこまで繊細なものじゃないので気にしないでも。
用土
市販されているサボテンの土か観葉植物の土で植え付けをします。水はけがよく、肥料の入っていないものが好ましいです。
よほど長い間育てていなければ、植え替える必要はありませんが、夏にしっかりと日を当て、水をやると、根本からニョキニョキト新芽が出て来ますので、それを新しい鉢に植え替えて株わけします。
根詰まり
サンセベリアは根詰まりをすると、葉っぱが細くなってきて、ギチギチになり、生育が衰えてきます。ひとまわり大きな鉢に植え替えるか、株分けして鉢を増やしてしまうかします。
植え替え
鉢植えの場合は、現在の鉢より一回り大きな鉢か同じ大きさの鉢を用意します。極端に大きな鉢に植え替えると土の水が蒸発しきらず、冬に根腐れの原因になります。植え替えの場合は古い土を三分の一ほど落としておきます。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていきます。植え替え後は水やりはしない。植え替え後は一週間か二週間は水やりをしない。水をやると根腐れする。
●植え替えの時に根を切った場合は切り口を乾かしてから植え替えをする。風通しのよい日陰で数日。乾かさないでいると雑菌が入って根腐れしやすい。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
この項目の修正・提案をする
春から秋はしっかり生育
春から秋にかけては出来るだけ、日光が当たる場所で管理します。真夏はあまりに直射日光が強いので半日陰か日陰で管理します。冬は寒さに弱いので霜が降りる前に室内に取り込んで管理します。
冬は5度以上の場所、できれば10度以上の場所で
冬はとにかく5度以下にならない場所で管理します。
●出窓なんかは意外と夜中に氷点下になりますので注意してください。
●乾燥には強い植物ですが、暖房の風が当たっていると、葉っぱだけから水が蒸発してシワシワになりますので、暖房の風が当たらない場所で管理します。
●日光が当たった方がい良いですが、冬は日光よりも温度(5度以上)と水を一切やらないことが大事です。

変化が少ないけども、ちゃんと成長します
サンセベリアは日光を浴びると色が濃くなり、株も増えます。ですが、日光が少なくてもスグには枯れません。春から秋は日に当てて、冬は室内の日光の差さないような場所で管理しても構いません。
●昔は冬の間、サンセベリアの株を新聞紙にくるんでタンスに仕舞ってたくらいです。ですが、ずーーーっと日陰はダメです。さすがに枯れてしまいます。要は年間トータルで日光が当たる時期があれば大丈夫です。

その他

この項目の修正・提案をする
もしも冬にうっかり水をやってしまって、倒れてしまったら、腐った部分を全て切って、日陰で切り口を乾燥させ、新しい土に差し込んでみてください。うまくいくと根が出て復活します。土に挿すときは、サンセベリアの上下を間違えないようにしましょう。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
この項目の修正・提案をする
サンセベリアはトラノオとも言われます。虎の尾という名前はその模様から来ています。ですが、トラノオという名前はサンセベリア以外にもベロニカなど他の植物でも呼ばれるので、サンセベリアと呼んだ方が混乱が避けられます。
●サンセベリアでも「トラ」の模様が入っていない種類もよく流通しています。

マイナスイオンが放出されるという話がよく言われますが、マイナスイオンが人間に良い影響があるかどうか疑問視する学者もいますし、どの程度放出されているか分かりませんので、そういう目的では購入しない方がいいです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

「サンセベリア」に関する疑問・質問・日記

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

リュウゼツラン科の仲間


リュウゼツラン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用