サンセベリア・ボンセレンシスの育て方

TOP >リュウゼツラン科>サンセベリア>>管理

サンセベリア・ボンセレンシス

サンセベリア・ボンセレンシス
科名リュウゼツラン科
属名チトセラン属
学名Sansevieria Boncellensis
みずやり乾かし気味に
場所日の当たる室内
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. サンセベリア・ボンセレンシスの育て方
  2. サンセベリア・ボンセレンシスの水やり
  3. サンセベリア・ボンセレンシスの肥料
  4. 植え付け・植えかえ
  5. 管理場所・日当たり
  6. その他
  7. SNSボタン・関連記事

サンセベリア・ボンセレンシスの育て方

サンセベリア・ボンセレンシスの育て方
文章の修正育て方の概要
希少品種のサンセベリアサンスベリア)。希少品種の中では手の入りやすい。ネットで売ってる。店頭では見かけない。もこもこの太い指のような葉っぱが扇状に広がる。育て方はサンセベリアと同じ。
大きさ・草丈・樹高
1m
まとめ
●育て方はサンセベリアと同じ。
●乾燥気味に管理。
●冬の寒さに弱いが、水やりを控えることで寒さに強くなる。
●日当たりを好むが、真夏の直射日光は避けたほうがいい。
●冬の水やりはサンセベリアの冬の水やり(管理のコツ)を参考に。

スポンサーリンク

サンセベリア・ボンセレンシスの水やり

サンセベリア・ボンセレンシスの水やり
文章の修正乾燥に強く植物で過湿が苦手なので、基本的に乾燥気味に管理する。水をやりすぎると腐って枯れてしまいます。水やりはサンセベリアも参考に。
水やりのコツ
土が乾いたら水をやります。春から秋は意外と水を欲しがります。しかし、サンセベリアは乾燥する地域の植物で乾燥に強く、過湿に弱いです。多少乾燥して、葉っぱがシワシワになってから水をやってもちゃんと復活するので、そのくらい厳し目の水やりをしつつ、水やりの間隔を掴んでいくといいです。
●サンセベリア・ボンセレンシスが枯れる一番の原因は水のやりすぎ。とにかく水のやりすぎに注意。
●受け皿の水は必ず捨てる。

夏の水やり
夏は気温が高く、乾燥する時期もあるので、気を抜くと水切れを起こします。水切れすると生育が悪くなります。
冬の水やり
最低気温が10度以下になると生育が止まります。水やりをやめてしまいます。水やりを止めることで耐寒温度が5度位までさがり、冬越ししやすくなります。
冬に暖房のきいた部屋で育てる場合暖房のきいた部屋で管理していると、暖房は非常に空気が乾燥しているので、さすがのサンセベリアボンセレンシスもこのまま断水して冬を過ごすと根が枯れてしまいます。冬も暖房のきいた部屋で管理する場合は月に一回ほど、土が軽く濡れる程度に水をやります。

サンセベリア・ボンセレンシスの肥料

文章の修正肥料
春から秋の高温の生育時に肥料をやるとよく成長します。液体肥料を薄めて二週に一回程度やります。冬はやらないでください。

植え付け・植えかえ

文章の修正植え替え・植え付け時期
植え替えは春から秋。理想的は5月あたり。真夏は乾燥と高温なので避ける。秋は植え替えのダメージを取り返せないかもしれないので、春が理想。でも、そこまで繊細なものじゃないので気にしないでも。
根詰まりをすると生育が鈍くなります。でも、なかなか根詰まりしません。土(赤玉土)が劣化して、水はけが悪くなるので、3年か4年に一回は植え替えをした方がいいです。
用土
サボテンの土か観葉植物の土で植え付けをします。
植え付け方法
鉢植えの場合は、現在の鉢より一回り大きな鉢か、同じ大きさの鉢を用意します。植え替えの場合は古い土を三分の一ほど落としておきます。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていきます。最後に水をやらずに、二週間ほどは日陰で管理します。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正日当たりを好む
春から秋は戸外の日当たりか、室内の日当たりで管理する。日光にシッカリと当てるとよく育つ。成長は早い方。春から夏にしっかりと日光に当てて育てると冬越ししやすい。真夏に強い直射日光に当てると葉焼けするので、真夏の直射日光は避けたほうがいい。ただ、葉焼けはするが、それで枯れるほどではないです。でも、インテリアで育てている人がほとんどですから、葉焼けするのはマズイと思う。なので真夏は戸外の半日陰…木陰か室内で遮光して管理する。
冬の管理
冬は室内の日当たりで管理します。冬でも出来るだけ日光に当てたほうがいいです。気温が10度以下になると生育が鈍くなる。10℃以下になると完全に水をやらないようにする。水をやらないでいると寒さに強くなる。寒さに強くなると、5度前後まで耐えられる。外気が15度以下になったら室内に取り込むようにする。

その他

文章の修正病害虫
ハダニ
乾燥して管理するのでハダニが発生する。問題はハダニより、水のやりすぎと、冬の寒さの方が厄介。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

サンセベリアの冬の水やり(管理のコツ)
トラブル
サンセベリア
リュウゼツラン科Sansebieria

同じ科の植物

ポニーテール
リュウゼツラン科トックリラン属
コルディリネ・オーストラリス
リュウゼツラン科コルディリネ属
コルディリネ
リュウゼツラン科センネンボク属
リュウゼツラン
リュウゼツラン科リュウゼツラン属
アツバキミガヨラン
リュウゼツラン科ユッカ属

1月に開花する植物

オキザリス
カタバミ科カタバミ属
プリンセチア
トウダイグサ科トウダイグサ属
ハナキリン
トウダイグサ科ユーホルビア属
セントポーリア
イワタバコ科アフリカスミレ属
バラ咲きジュリアン
サクラソウ科

1月に植え付け・植え替えする植物

ヤマザクラ
バラ科サクラ属
コロニラ
マメ科コロニラ属
ジュードジオブスキュア
バラ科バラ属
デージー
キク科
クラブアップル
バラ科リンゴ属

人気記事

胡蝶蘭の花が咲かない…花芽ができない原因・理由は?
胡蝶蘭の管理
古い土の処分方法(初心者向け)
ガーデニング基礎知識・雑学
葉組み(シクラメン)
シクラメンの管理
スポンサーリンク