室内と戸外での日光量の違い

MENU
TOP>ガーデニング基礎知識・雑学>室内と戸外での日光量の違い
スポンサードリンク

日光を浴びて光合成する


ここで書かれているのは植物の全体的な話であって、各植物によっては違うという前提で読んでください。ここでは日光量に関してのちょっとした話を。

言うまでもなく植物は日光を浴びて光合成して成長します。日光が少ないと花が咲かない植物も多く、不足すれば葉っぱが変色してやがて枯れていきます。

そんなことは誰でも分かっとるがな!
と言わずに。


ベランダで育てる場合なら午前中でも午後でも日光が当たる時間が3時間あれば、大抵のガーデニング植物は育てられます。

よく蛍光灯でも育つと考えている人がいますが、それはセントポーリアくらいのもので、室内で管理するよう書いてある場合でも、日光の挿すような部屋でないと日光不足で枯れてしまいます。

照明で明るいのとは違う


このサイトには観葉植物などに関して「明るい室内で管理」…という書き方をしているのですが、これはあくまで「日光で明るい」部屋のことで、電気照明がこうこうと灯っている部屋のことではないです。

私たちの目には日光の明るさと照明の明るさなんて大差なく見えますが、実際には全く違います。

冬の曇り 15000ルクス
冬の晴天 50000ルクス
夏の曇り 50000ルクス
夏の晴天 100000ルクス
照明の灯り 750~1000ルクス


光合成をする、という意味では照明でも光合成は可能です。ですが、まぁ、ど――考えても光の強さが不足します。明るい部屋とは窓から日光が差し込んで明るい部屋です。
日が挿していても、窓から離れていると日光不足になるかもしれません。

日光不足から葉っぱが黄色くなってきたな、と感じたらら、場所を変えてみて様子を見ましょう。
スポンサードリンク

明るい日陰とは?

同じように明るい日陰という書き方をしています。これは戸外の日陰のことです。戸外の日陰でも室内の照明よりもずっと光量は多いです。

明るい日陰というのは、日陰といっても、完全に光のささない所と言う意味では無く、日が挿していないという意味です。直射日光を浴びると葉が焼けてしまう植物や、日陰でも育つ植物を植え付けます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ガーデニング基礎知識・雑学の仲間


ガーデニング基礎知識・雑学の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用