スクテラリアコスタリカーナの育て方

MENU
TOP>シソ科>スクテラリアコスタリカーナ
スポンサードリンク

スクテラリアコスタリカーナ(コスタリカナ・女王の木)

スクテラリアコスタリカーナ
科名シソ科
属名スクテラリア属
学名Scutellaria costaricana
別名コスタリカナ・女王の木
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

このページではスクテラリアのうちのコスタリカナについて書いています。それ以外の「スクテラリアジャワニカ」「スクテラリアベンテナティ」とは育て方が違います。

スクテラリアは長日植物といって、昼の時間が長いと花を咲かせやすくなります。花が咲くのは春と秋。夏は暑すぎて株が弱り、花が咲きません。
まとめ
●夏の高温多湿・直射日光に弱く、冬の寒さに弱い。
●よって真夏か冬に枯れることが多い。
●管理は難しい。花が派手なので一年草と割り切って楽しむのがよい。
●冬は10度で越冬するが、10度では落葉する。落葉しても枯死していなければ春に芽吹く。

水やりと肥料


土が乾いていたら水をしっかりとやります。水が不足してくると葉っぱの先が垂れ下がりますので、それを水切れのサインとして参考にしてください。

春から秋は生育する時期ですので、水が切れないようにします、水が切れると花が早く萎んでしまったり、極端に乾燥すれば当然枯れてしまいます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢の底から根がはみ出していたら、根詰まりを疑って下さい。根詰まりならば植え替えをします。一回り大きな鉢に花と野菜の土で植え付けします。適期は五月から9月。この時期は花も咲いています。花が咲いている株は根を切らずに植え替えて下さい。花の寿命が縮まります。

管理場所・日当たり


スクテラリアは日本には合わない
そもそも、日本の高温多湿に弱く、また寒さに弱い植物です。よって夏に枯れるか、冬の寒さに枯れると考えてください。

日当たりを好むものの、真夏の直射日光に弱いことから、最初から半日陰で管理するか、春と秋は日当たりへ、真夏は半日陰へと移動させるようにします。直射日光が強すぎると葉っぱが赤く焼けて丸まりカサカサになります。

夏の暑さに弱いので、夏は半日陰で風通しの良い場所で管理します。
冬の寒さに弱いので、冬は室内(10度以上)に取り込んで日当たりで管理します。
スポンサードリンク

冬越しについて

南米の植物ですが、高地の植物で生育温度は15度から25度という範囲を好みます。10度以上で越冬しますが、10度前後では落葉し、株が弱ります。春になると芽吹くのですが、花が咲く期間は短くなり、前年ほどには楽しめません。
温室でもない限りは一年草と割り切った方がいいかもしれません。
●ステラリアには種類がありまして、そのうち画像のような「コスタリカーナ」がこれに当たります。これら以外の「ジャワニカ」「ベンテナティ」などは暖地であれば戸外で越冬します。

特徴・由来・伝承

日本にも自生するタツナミソウの仲間ですが、タツナミソウとは鼻も葉っぱもぜんぜん違い、同じ属とは思えません。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用