スクテラリアの育て方

MENU
TOP>シソ科>スクテラリア
スポンサードリンク

スクテラリア

スクテラリア
科名シソ科
属名タツナミソウ属
学名Scutellaria javanica
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


ここではスクテラリアについて書いていますが、箒をひっくり返したような「ステラリアのコスタリカーナ」は多少育て方が違うので別途ページを設けていますので、コスタリカーナに関してはそちらを参照してください。コスタリカーナは寒さにも暑さにも弱いですが、それ以外の品種はそこまでじゃないです。
スクテラリア
スクテラリアは日本で自生する「タツナミソウ」の仲間で、環境が合えば基本的に頑健。夏越し・冬越しは可能。花姿も日本人に向いたものだと思います。
まとめ
水やりは普通。土が乾いたら水をやる。
●冬は水やりを控える。
●春と秋は戸外の日当たり、夏は半日陰、冬は室内。
●春から秋に液体肥料を二週に一回やる。
●ジャワニカは暖地であれば戸外で越冬。霜が降りる地域(中間地)でも霜に当てなければ戸外で越冬も可能。でも、室内で管理が無難。

水やりと肥料

土が乾いたら水をやる
鉢植えの場合、土が乾いてきたら水をやるようにします。土が濡れているのに水をやったり、「何日に一回!」と決めて水やりをしないでください。土の乾燥具合を確認してから水をやるようにしてください。
庭植えの場合は、自然に降る雨だけで十分ですが、乾燥時期は水をやるようにしてください。
●冬は水やりを控えてください。冬に水やりを控えることで寒さに多少強くなります。

肥料
春から秋の生育時期に液体肥料を二週に一回やると良いです。8月に高温で生育が鈍いなと思ったら肥料はやらないようにします。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土と植えつけ
用土は一般的な培養土か、自作する場合は赤玉土腐葉土3を混ぜたものを使います。庭植えにする場合は、深さ30センチの穴を掘り、掘り返した土に3割ほどの腐葉土を追加して埋め戻しスクテラリアの苗を植えます。
●スクテラリアジャワニカは暖地であれば戸外で越冬します。霜が降りる地域でも、霜が当たらない場所で管理すれば越冬します。
●ジャワニカ以外のスクテラリアも、寒さで地上部が枯れても根が生きていれば、春になると芽が出てきます。

毎年植え替え
根をはる速度が速いので毎年、古い土を三分の一ほど落としてから、新しい用土で植え付けをします。

管理場所・日当たり

日当たりを好むが
スクテラリアは日当たりを好み、日光が足りないと開花が鈍くなるので日当たりで管理したいのですが、真夏の直射日光に負けて葉焼けしたり、高温に弱くて生育が止まります。何かの木の根元のなどで半日陰になる場所に植えたり、半日陰で管理するようにします。
鉢植えで移動できるのであれば、春と秋は戸外の日当たり、夏は半日陰、冬は室内か霜の当たらない軒下に移動させます。
冬の管理
スクテラリアジャワニカは寒さに強く(強いといっても霜に当たったら駄目だけど)、暖地であれば戸外で越冬。霜が降りる地域でも霜に当たらないようにすれば戸外での越冬が可能。それ以外の品種は室内の日当たりで管理します。

その他

アブラムシが発生します。
花ガラを摘む
花がしぼんだものを花ガラと言います。花ガラをそのままにしていると株が弱り、開花が鈍くなります。花ガラをこまめに摘むことで次の花が咲きやすくなります。
切り戻し
花が散った花茎を根元から切ると、次の花茎が伸びてきます。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

シソ科タツナミソウ属の植物。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

スクテラリアの関連記事

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用