ロンギカウリスタイム

MENU
使い方
TOP>シソ科>ロンギカウリスタイム
スポンサードリンク

ロンギカウリスタイム(ワイルドタイム)

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名シソ科
属名イブキジャコウソウ属
学名Thymus longicaulis
別名ワイルドタイム
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
耐寒性宿根草。性質はクリーピングタイムとほぼ同じ。寒さに強い。暑さには若干弱いが夏越しができないわけじゃない。花が大きくたくさん、しかも密に咲き、横へと絨毯のように広がっていく。グランドカバー向き。繁殖力旺盛で場合によってはほかの植物を駆逐するかも。ただ、同じ場所に密生すると数年で枯れることが多い。
大きさ・草丈・樹高
草丈10cm
まとめ
●繁殖力旺盛でよく広がる。
●寒さに強い。暑さに若干弱いが、夏越しは十分可能。
●環境が合えば手間のかからないガーデニング材。
●徐々に枝が木質化するのでこれを切ると綺麗に保てる。
水やりは乾燥気味に。肥料は控えめに。

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やりのコツ
水やりは乾燥気味がコツ。水をやりすぎると過湿で腐ってきます。特に夏の高温多湿・梅雨・秋の長雨に注意。
庭植えの場合は自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。乾燥に強く、過湿に弱いので土が濡れている間は水やりをしないでください。根腐れを起こします。水をやったら、次には土が乾くまで水をやらない…メリハリのある水やりをしましょう。受け皿の水は捨ててください。
夏の水やり
夏は早朝か夕方に水やりをします。昼間に水をやると水が沸騰して根を傷めます。
冬の水やり
冬は朝に水をやるようにします。水やりは控えめに。
肥料
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植え替え・植え付け時期
鉢植えもするが一般的には庭植え。春か秋に植えるか、植え替えをする。春がいいです。
用土
酸性の土は避ける。
ハーブ用の土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒7腐葉土3を混ぜたものを使う。
植え付け方法
株間を30cm開ける。
鉢植えの場合は、鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。

庭植えの場合は、植え付ける二週間前に苦土石灰を混ぜて中和させておきます。掘り出した土に腐葉土を3割か4割混ぜて、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。
●庭植えも鉢植えも植え付け時に少量の緩効性肥料を混ぜる。一般的な培養土には最初から肥料が入っているので不要。
●鉢植えは植え替えの時に株分けをする。
●庭植えも同じ場所に密生していると4年か5年で枯れる。掘り出して株分けして株を減らして植えるとよい。
挿し木でも増えるが株分けで簡単に増えるので、あまりしない。

スポンサードリンク

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日当たりで管理
基本的に日当たりがいい。半日陰でも育つが花が減る。日光を好み、地下茎で伸びていくので半日陰に植えていてもいつの間にか日当たりに伸びている。

耐寒温度はマイナス10度。霜に当たっても土が凍っても枯れない。ただし寒さに当たって葉っぱは痛むし落葉もする。

問題は夏。
高温多湿が苦手で、暖地では夏越しは梅雨前に剪定しないと厳しい。必ず梅雨前に刈り込んで蒸れないようにする。ほかの地域でも梅雨前の剪定をすることで痛まないで夏越しする。

その他

この項目の修正・提案をする
病害虫
ほぼなし。
剪定
長く育てると根元が木質化する。枝のようになり、それが見えるとかわいくない。そこで枝化したものは剪定して落としてしまう。多少切っても繁殖力が旺盛なのですぐに戻る。同時に傷んだ茎や、色の悪い葉っぱがついている部分なども落とす。
剪定時期は梅雨前。梅雨前に木質化した部分を切るだけでなく、全体を切り戻すことで夏の蒸れを予防し夏越ししやすくする。夏の蒸れはロンギカリウスタイウムのほぼ唯一の弱点ですからね。あとは梅雨前だけでなく、気がついたら年に2、3回くらいやるといいです。
●まぁ、多少みっともなくても別にいいよ!というなら梅雨前の剪定以外はやらないでもいいです。

スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
クリーピングタイムと性質は似ているが同属別種。花がとにかくよく咲く。「花目的」に育てることもある。ハーブなのでタイムの香りがする。ただハーブとしての効用は期待できない。観賞用のハーブ。繁殖力は恐ろしいほど。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用