クラピアの育て方

MENU
使い方 TOP

クラピア

クラピア
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名クマツヅラ科
属名イワダレソウ属
学名Lippia nodiflora
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方はヒメイワダレソウも参考に。
芝生の代わりに??
育てるのが実は難しい「芝生」に代わり、管理が楽で宿根で花まで咲くという夢のような植物。イワダレソウの園芸品種。イワダレソウがそもそも日本に自生している植物なので、育てるのは簡単。さて、これから一般的になっていくか??冬は地上部がなくなるが、春に芽吹いて開花する。
まとめ
●クラピアはヒメイワダレソウ(リッピア)の改良品種。暑さ・病気・過湿に強く、ヒメイワダレソウよりよく茂る。
●びっしりと生えて、踏みつけに強い。
●手間がかからず、芝生の代わりに。
●冬は地上部が枯れるが、春にはまた芽吹く宿根草。ただし春は雑草が伸びるので春は雑草取りが必要。
種子は出来ないのでヒメイワダレソウほどは広がりすぎない。
●といってもランナーで横に伸びるので繁殖力があり、雑草を駆逐するほどの繁殖力がある。ということは庭に植えている園芸植物も駆逐される。
●春から秋までは水やりが必要。冬は不要。
●刈り込み・踏みつけで葉っぱが密になる。密になると雑草が更に生えにくくなる。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
一年目は水やりを
春から秋に掛けては定期的に水をやります。乾燥に強い植物ではあるんですが、植え付け、一年目は根が土に活着しておらず、水切れしますので、一年目は土が乾いていたら水をやるようにします。2年目以降は根が広がって乾燥に強くなっているので、ほとんど水やりは不要になります。
●夏は朝か夕方の涼しい時に水をやります。昼間に水をやると水が太陽光で沸騰して根を傷めてしまいます。
●冬は自然雨だけでも十分ですが、乾燥するようであれば水をやります。水やりは朝に行ってください。夕方に水をやると水分が土中に残り、朝方の寒さで土が凍ってしまい、根を傷めてしまいます。

肥料
繁殖力旺盛で花も咲きますので肥料が必要です。春から秋まで緩効性肥料を一カ月に一回、蒔くか、一週間に一回液体肥料をやります。液体肥料は結局高くつくので、緩効性の固形肥料がよいです。
水はけの良い土だと肥料が流されてしまうので、肥料切れになりやすいです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
注意事項
クラピアはよく茂るので、プランターに植えるのはあんまり意味ない。庭植えにするんですが、他の植物と混植すると他の植物を駆逐することもあるので、芝生の代わりに植える感じにしときましょう(広がる速度は芝生以上)。
用土
一般的な土であれば問題ない。極端に水はけが良すぎるか、粘土質で水はけが悪すぎなければ問題ない。
植え付け方法
植え付けは春に行います。50センチ四方に苗を一つ植えるのを目安にします。だいたい二ヶ月ほどで50cm四方を覆い尽くします。覆い尽くすと雑草が生えなくなります。用土は一般的な培養土。庭に植える時は極端な水はけ・水持ちにならないように、調節してください。水はけが悪いならば川砂や赤玉土などを足して水はけをよくします。水はけが良すぎるならば、腐葉土を足して調節する。植え付けの際には緩効性固形肥料をやっておくとよいです。
ポット苗より少し深い程度の穴を掘って植えつけます。根が横へと伸びていくので深く掘り返す必要はないです。
●肥料はどちみち生育していくと不足します。
●植え付け直後に水をやり、それから根づくまでは、水を毎日やってください。
●植え付けてから地表をクラピアが覆いつくすまでは、雑草を抜いたり、水をやったりといった作業が必要です。
●踏みつけに強いですが、地表を覆いつくすまでは踏まない方が無難です。一旦全体を覆い尽くすと今度は踏んだ方が刺激になって丈夫になります。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日当たりで育てる
北海道では育たない。東北地方には寒冷地用に改良されたクラピアもある。生育する温度は16度以上35度未満。日当たりを好む。日当たりでないと繁殖が鈍くなり、なかなか地表を覆わない。
冬の管理
気温が10度以下になると生育が止まり、5度以下で地上部が枯れてきます。休眠に入っています。地上部は枯れても刈り込まずに放置します。根が死んでいなければ春には芽吹きます。植え付けが遅かった場合、根が土に活着していなくて、そのまま冬の寒さで枯れることがあるので、植え付けは早めに。

剪定

この項目の修正・提案をする
6月から8月に一回剪定
気温が高くなる6月から8月に地上部を刈り込んでやると、摘芯となって葉っぱが増えて密生します(密生すると雑草が生えにくくなる)。刈り込みは地上3cmから5cmくらいにします。またクラピアは夏の過湿に若干弱いので、蒸れそうなら刈り込んで風通しを良くするといいです。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
日本に自生するイワダレソウを宇都宮大学農学部の倉持さんが品種改良した植物がクラピア。イワダレソウの学名の「リッピア」と倉持さんの「クラ」を合わせた造語です。

通常のイワダレソウより、びっしりと生え、芝生の代わりになる。イワダレソウがそもそも頑健です。ただイワダレソウはクラピアほどびっしりとは生えないし、踏みつけにも弱い。また草丈がクラピアよりは高いのでグランドカバーにはなっても芝生の代わりにはならないです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

「クラピア」に関する疑問・質問・日記

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

クマツヅラ科の仲間


クマツヅラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用