イワダレソウの育て方

TOP >クマツヅラ科>>管理

イワダレソウ(岩垂草・リッピア)

nophoto
科名クマツヅラ科
属名イワダレソウ属
学名Phyla nodiflora
別名岩垂草・リッピア
みずやり乾かし気味に
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

イワダレソウの育て方

文章の修正育て方の概要
イワダレソウはクマツヅラ科の宿根草。日本では本州の関東以西の太平洋側や南西諸島に自生している。匍匐して広がり、頑健で繁殖力が強い。地下茎で広がり、また種子からも増える。ガーデニングでイワダレソウといったときは「ヒメイワダレソウ(Phyla canescens)」とヒメイワダレソウとイワダレソウの交配改良品種のクリピア(Phyla canescens x Phyla nodiflora)などを指し、本来の「イワダレソウ(Phyla nodiflora)のことではないことが多い。
というのも繁殖力・葉の密度・開花でヒメイワダレソウやクリピアの方が本種(=イワダレソウ)より優れているので普通はそちらを植えるし、厳密な意味での本種はそもそも流通していない(私は見かけたことない)。ただし、ヒメイワダレソウがイワダレソウと売られることは十分ある(生産者は細かいことを考えていない)。
最近はグランドカバーとしてクラピアを植える。
育て方は簡単な記述に留める。
草丈10cm
まとめ
●イワダレソウはクマツヅラ科の宿根多年草。匍匐して広がる。

参考リンク
ヒメイワダレソウ
クラピア
繁殖力が強い植物(ヒメイワダレソウは繁殖力が強すぎて庭植えすべきではない植物としてよく挙げられるので、よく考えてから植えること)
スポンサーリンク

イワダレソウの水やり

文章の修正庭植えの水やり
庭植えの場合は一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。
鉢植えの水やり
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。
●冬は生育が鈍くなっているので土が乾いてから数日経って水をやります。

イワダレソウの肥料

文章の修正生育時期は2週間に一回液体肥料をやるか、一ヶ月に一回緩効性化成肥料をやる。肥料が切れると花が少なくなるので、肥料をやった方がいいが、そもそも花を楽しむものでもないので、様子を見て調節する。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正
植え替え時期
春から秋の生育時期に植え付け・植え替えをする。鉢植えの場合は根の張りが早いので一年に一回か、2年に一回は植え替えをする。

用土
水はけさえよかれば土質は選ばない。一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。庭土に3割ほど腐葉土か堆肥を追加して混ぜて用土として使う。

鉢植えの植え替え
鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていく。最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。
●植え替えの場合は古い土を三分の一ほど落としておきます。根の負担を減らすため、地上部の枝も半分ほどに切り詰めます。この時に株分けも可能です。

庭植えの植え付け
植え付ける二週間前に深さ20cmと大きさの穴を掘って、苦土石灰をまいて中和させておく。2週間後に掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。

株の増やし方

文章の修正挿し木でも増やせるし、株分けでも増やせる。こぼれダネでも増えるので、「増やそう」とするよりは、「勝手に増えて困る」くらい。

栽培可能地域

文章の修正九州南部・九州北部・中国・四国・関西・中部・関東南部

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりを好む
日当たりを好み、日当たりが悪いと生育が悪くなる。
冬の管理
霜に当たると地上部が枯れるが、根が生きていると冬を越して春に新芽を出す。

病害虫

文章の修正カイガラムシハダニアブラムシウドンコ病など。
発生してもよほどじゃない限りは枯れない。
スポンサードリンク

関連記事

デュランタ
[概要] デュランタはクマツヅラ科ハリマツリ属の常緑低木。分類上は常緑だが日本では冬に落葉する。学名はデュランタ ・レペンス(もしくはデュランタ ・エレクタ)。春から夏によく流通している。暑さには耐性が…
クラピア
[概要] クラピアはイワダレソウとヒメイワダレソウを交配させた園芸品種。イワダレソウがそもそも日本に自生している植物なので、育てるのは簡単。冬は地上部がなくなるが、春に芽吹いて開花する。グランドカバー…
ヒメイワダレソウ
[概要] 姫岩垂草(ヒメイワダレソウ)はクマツヅラ科の多年草。学名は<s>リピアアカネスケンス(Lippia canescens)</s>現在はフィラ・カネスケンス(Phyla canescens)。ネットショップでは旧学名の…
デュランタ・宝塚
[非常に長期咲く植物] デュランタの園芸品種で、こぼれるように濃い紫の小さな花が咲きます。冬越しも可能で、それほど難しくないです。春から秋にかけて、本当によく咲く(日光・肥料・水やりが揃えば)。春から…
デュランタライム
[観葉植物です] デュランタ、デュランタ・宝塚のように「花」を楽しむのではなく、明るい緑の葉っぱを楽しむ観葉植物です。もちろん開花しますし、花も綺麗です。葉っぱが葉焼けしてしまいやすく、強い光に当てな…
ブルーエルフィン
ブルーエルフィンはクマツヅラ科の常緑低木。ブルーエルフィン(=蒼い妖精)とかブルーウィング(=蒼い翼)とも呼ばれるけどこれは「通称」もしくは「流通名」、もしくは品種名。学名はクレロデンドルム・ウガン…
タピアン
[摘芯と花ガラ摘みで花の絨毯を] 摘芯して脇芽を増やすとドンドンと花が増えて花の絨毯のように増えます。花が終わったらマメに花ガラ摘みをして、花が非常に多いので追肥をすることで絶え間なく咲き続けます。 […
メキシカンスイートハーブ
ヒメイワダレソウと同じリッピアで繁殖力が強い。横へと地下茎をのばして増えますので、グランドカバーに適しています。夏に花が咲き、冬は地上部が枯れてしまいます。霜にあたると地上部は消えます。土が凍るよう…
バーベナ
丈夫で育てやすい植物です。初心者向きです。元々自生地では多年草なので、本来は一年では枯れないですが冬の寒さに弱く、冬が来れば枯れると考えてください。暖地では戸外で常緑で越冬します。 3月前後に日の当…
紫式部
[育て方の概要] 夏に花が咲き、秋に実を付け、冬は落葉します。春にはまた新芽が芽吹きます。このサイクルを繰り返します。水切れに弱く、水が切れると葉っぱがチリチリになり、枯れてしまいます。もしもそうなっ…

人気記事

ウィンターコスモス
[+[まとめ] ●頑健な植物。 ●比較的乾燥を好む。 ●9月10月に根元から20センチほどのところで切り戻すと小さくまとまる。 ●寒さに強く、暑さに弱い。夏には消えるもの。 ●耐寒性・耐暑性は品種によってかなり…
キングバンブー
育てるのは簡単。水をやり、温度を10度以上にすること。5度以下にしないとよく説明書きに書いてありますが、熱帯の植物で実際には寒さに弱くて5度以上でも枯れることが。 正式にはドラセナのサンデリアーナ…
ポインセチア
[ポインセチアは季節物と割り切る] ポインセチアは真っ赤な花が綺麗な冬の定番植物。常緑低木でメキシコ原産の高温乾燥の地域に自生しているので、冬に出回る割には[[寒さに弱い植物]]です。育てること自体は簡単…
レウコフィルム
春から秋に掛けて咲く、常緑低木の植物。初心者でもこぼれるように咲かせることが出来ます。耐寒性がありマイナス五度まで耐えます。夏の暑さにも意外と耐性があって、年々大きく育って毎年咲きます。 [特筆すべき…
トウテイラン
[寒さに強い宿根草で優れた植物] トウテイラン(洞庭藍)はゴマノハグサ科の耐寒性宿根草。秋に咲くベロニカ。葉っぱには小さな毛が生えていて銀色に見える。シルバーリーフと花との兼ね合いが美しいです。花だけ…