ブルーエルフィンの育て方

TOP >クマツヅラ科>>管理

ブルーエルフィン(クレロデンドラム・ウガンデンセ・ブルーバタフライフラワー)

ブルーエルフィン
科名クマツヅラ科
属名クサギ属
学名Clerodendrum ugandense
別名クレロデンドラム・ウガンデンセ・ブルーバタフライフラワー
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. ブルーエルフィンの育て方
  2. 水やりと肥料
  3. 植え付け・植えかえ・挿し木
  4. 管理場所・日当たり
  5. 剪定・花ガラ摘み
  6. 病害虫
  7. 特徴・由来・伝承

ブルーエルフィンの育て方

ブルーエルフィンの育て方
文章の修正ブルーエルフィンはクマツヅラ科の常緑低木。ブルーエルフィン(=蒼い妖精)とかブルーウィング(=蒼い翼)とも呼ばれるけどこれは「通称」もしくは「流通名」、もしくは品種名。学名はクレロデンドルム・ウガンデンセです。ピンクの花が咲くパピヨンローズもあります。どれも同じ育て方です。小さい株(4号鉢とか5号鉢)でも花をしっかりとつけます。
花が咲き終わったら、花を摘んでください(花ガラ摘み)。暑さには強いが寒さには弱い。
樹高
1m
まとめ
●青い蝶が乱舞している!ように見える。
●土が乾いたら水をやる。夏は乾燥して水切れしやすいので半日蔭に移動する。
●耐寒温度は5度。冬は室内で管理する。暖地なら戸外で越冬することも。冬は寒さで地上部がなくなるが、根まで枯れていなければ春には芽吹く。
●放置していると1m以上になるので斬り戻して小さく仕立てる。小さくても花はよく咲きます。
●気温が18度以上だとチラホラと開花する。
●花がしぼんだら、花ガラ摘みをすることで次の花が咲きやすくなります。
スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正水切れしやすい
土が乾いたら水をしっかりとやります。水切れして、ヘタりやすいですので夏は水切れしないように気をつけてください。水をやるときはしっかりとやる。鉢底の穴から水が出てくるくらいまでしっかりとやる。
春と秋は晴れたら水をやる。夏は朝と夕方の二回、水をやります。冬は土が乾いてから数日経ってから水をやります。冬は水を控えてください。水を控えることで寒さにも多少強くなります。
●夏は朝と夕方に水をやっても水切れします(鉢が小さいと尚更水切れしやすい)。水切れする場合は、半日陰か日陰に移動させます。涼しきなったらまた日当たりに移動させてください。
●花に水がかからないようにします。花に水がかかると花がすぼんでしまいます。

肥料
生育する期間は真夏を除いて液体肥料を一週間に一回、緩効性肥料を一カ月に一回やります。肥料が少ないと花が止まる。用土に最初から肥料を入れているが、それでは確実に不足する。

植え付け・植えかえ・挿し木

文章の修正植え替え
植え替えをするときは古い土を落とさずに一回り大きな鉢にそのままスポっと入れて、新しい土を足して植えてください。用土は一般的な花と野菜の培養土か自作する場合は赤玉土腐葉土4に緩効性化成肥料を混ぜた物を使います。
●植え替えは真夏を除く春と秋。冬は植え替えをしない。
●花が咲いているときは土を落とさないようにしてください。ただ植え替え時期は大体花が咲く時期です。
●鉢は小さくても開花する。
●同じ大きさの鉢に植え替える場合は、古い土を三分の一ほど落としてから植え替える。

挿し木でも増える
5月頃に10cmから15cmほどに切った茎を土に挿していると発根します。葉っぱを何枚かついているものにしてください。切り口はナイフでキレイに切って、切り口に発根剤を塗ると発根しやすいです。
挿す土は赤玉土単用にします。発根するまでは乾かないようにします。水やりはジョウロで優しくやるか、霧吹きで水をやる。発根するまでは日陰で管理する。発根までは結構時間がかかる(一ヶ月くらい?)。
種子は出来ない。専門的に受粉する虫が日本にはいないから、ではないかと思われる。

管理場所・日当たり

文章の修正日光を好みます。暑さには強いです。春から秋は戸外の日当たりで管理します。夏は水切れしやすいで風通しの半日蔭で管理します。あくまで暑さには強いです。弱いのは水切れ。最近の夏の酷暑ではかなり厳しい。
冬の管理
10度以上を保つようにとよく書かれていますが実際には5度くらいまで耐えるので、暖地では戸外で越冬します。霜に当たれば一発で枯死します。冬は室内で管理します。室内の日当たりで管理してください。
●10度以上を保つには温室でもないと無理。5度なら一般家庭の暖房の効いている部屋なら深夜で5度以下にはなかなかならない。ただし出窓・窓の近くは外気に近いので氷点下になることもある。
●寒さに当たって葉っぱが落ちても、春になったら復活するかもしれません。なくなっても水やりをやめないでください。
●気温18度あれば冬でも開花する。

行燈仕立て?
あんどん仕立てにしたり、何かに絡ませます。

剪定・花ガラ摘み

文章の修正花ガラ摘み
花が終わったら、花を摘みます。植物は種子を作ろうとするので、花ガラ(=花が終わったもの)を放置していると、そこに栄養を回そうとして次の花が咲かなくなります(咲きづらい)。
切り戻し
枝がニョキニョキ伸びて1mくらいになります。適当な大きさで切り戻しをします。切り戻しをすると脇芽が出て花が増えますし、小さくまとまりやすくなります。開花している時期ならいつやっても大丈夫です。
●花ガラ摘みが面倒なら、定期的に切り戻しをすればいいです。

病害虫

文章の修正ハダニ
ハダニが発生します。乾燥すると発生しやすいので、葉っぱに水をかけるようにすれば予防できます。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
文章の修正蒼い花が咲くクマツヅラ科の植物。クラリンドウの仲間。蝶々が飛んでいるような花で人気があります。宿根草寄せ植えにも使われます。熱帯アフリカ・熱帯アジア原産の常緑の低木。ツル性植物に分類されることも。香りがある。学名のクレロデンドロンは「運命の木」という意味。古代ではこの種類の植物を悪霊退散の呪術に利用していたかららしい。
スポンサードリンク

記事の紹介

同じ科の植物

イワダレソウ
クマツヅラ科
ランタナ
クマツヅラ科
デュランタ
クマツヅラ科
デュランタ・パープルラブ
クマツヅラ科 デュランタ
メキシカンスイートハーブ
クマツヅラ科

人気記事

プラチーナ
キク科
千日小坊・千紅花火
ヒユ科
リュウノヒゲ
キジカクシ科
クリスマスローズ
キンポウゲ科
ビオラ
スミレ科

10月に開花する植物

ポーチュラカ
スベリヒユ科
キラキラ星
スミレ科 ビオラ
ラブリカ
ナス科 カリブラコア
サンリッチオレンジ
キク科 ヒマワリ
プラティア
キキョウ科

10月に植え付け・植え替えする植物

黒竹
イネ科
アキランサス
ヒユ科
ユーパトリウム
キク科
スモモ
バラ科
ツルニチニチソウ
キョウチクトウ科
スポンサーリンク