クラリンドウの育て方

MENU
TOP>クマツヅラ科>クラリンドウ
スポンサードリンク

クラリンドウ(クレロデンドルム・タガヤサン・グレープバニラ)

クラリンドウ
科名クマツヅラ科
属名クサギ属
学名Clerodendrum wallichii
別名クレロデンドルム・タガヤサン・グレープバニラ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

クラリンドウ剪定は花が終わった直後に行ってください、花芽は花が終わって二ヶ月後くらいから出来始めます。コレ以降に剪定すると翌年の花芽まで切りおとすことになります。剪定しないと何メートルも大きくなります。

クラリンドウは成長が早く、頑健。冬に寒さに若干弱く、強い寒波に当たると落葉して枯れたようになりますが、枯死していなければ、春にはまた新芽が出てきます。そのくらい乱暴な育て方をしても毎年花を咲かせる植物です。

水やりと肥料

鉢植えの場合は、土が乾いていたら水をしっかりとやります。土が濡れている間は水は控えて下さい。

庭植えの場合は、植え付け直後にしっかりと水をやり根付かせた後は、日照りで乾燥しない限りは、雨だけで十分です。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販の花と野菜の土か赤玉土腐葉土4を混ぜた水はけがよく水もちの良い土を好みます。

管理場所・日当たり

日光を好みますが、夏の直射日光に当たると葉やけして株が弱ります。夏は半日陰か明るい日陰に移動して、直射日光を避けます。もしくは戸外の半日陰に植えます。

冬は寒さに弱いので基本的には室内で管理をします。クラリンドウは寒さに弱いとっても0度前後まで耐えますから、寒冷地でなければ、軒下や霜よけがあれば、戸外で越冬も可能です。

また、落葉し枝だけになっても、枯死していなければ、春にはまた芽が出ますので、戸外に植えっぱなしでもOK。霜が降りる地域では根本に腐葉土やワラをしいて土が凍るのを防いで下さい。

その他

挿し木で増えます。花が咲いたあとに実ができますので、種から増やすことも出来るのですが、一般的ではなく、挿し木の方が楽に増えます。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承


インドヒマラヤ原産で、日光を好むものの、夏の直射には弱く、冬も寒さに弱いです。クラリンドウの名前で流通することが多いですが、正式は「クレロデンドルム・ウォリキー」といいます。長くて分かりずらくて言いにくいので、クラリンドウが一般的です。

抜けるような白い花が垂れ下がって咲く姿は優雅。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

クマツヅラ科の仲間


クマツヅラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用