除草剤

TOP > トラブル > …

除草剤のまとめ

文章の修正を申請する
概要
除草剤についてまとめています。除草剤には選択性と非選択性があり選択性は特定の植物を狙い撃ちにする。非選択性は全ての植物を枯らす。非選択性の代表が「グリホサート系」。基本的にグリホサートで全て駆除できる。グリホサート系一面に散布して全て除草することもできるが、目的の植物に塗って枯らすことも出来る。
まとめ
スギナは厄介。グリホサートは濃い目で散布。
●竹・笹は除草剤を使っても長期戦になる。
●展着剤を使って葉っぱに浸透させる。展着剤で検索。代わりに尿素でも効果がある。尿素は植物に浸透する効果がある。
●グリホサートは成長阻害剤。効果が(目に見えて)出るまでは10日から二週間ほどかかることも。
●グリホサートは発癌性物質を含んでいる疑いがかけられているが、ちょっとトレンド臭い。現実問題、代替物がないのにグリホサートが禁止されると農業が破綻し食糧危機になりかねない。
●樹木を枯らすときは、ドリルで穴を空けてグリホサートを流し込む。

参考
駆除が難しい雑草の一覧
庭に生える雑草
除草・草取り・草刈り・防草のまとめ
草刈り・草取り・落葉清掃で出たゴミの処理
砂利をしくときの注意点
スポンサードリンク

スギナ

スギナ
文章の修正を申請する
スギナ
スギナは害虫がつかず、他の雑草と違い、一面スギナは綺麗な緑の絨毯っぽいが、他の植物を侵食してしまうので最後は憎くて仕方なくなる。
スギナは堀返して地表から浅い部分の根を取り去っても、さらに深いところに根が残っていて、その根から芽を出して復活する。草刈りや掘り返して駆除するのは不可能。除草剤でも一発で濃度によっては駆除は難しいこともある。スギナは除草剤に強いために除草剤を撒いた後は「一面スギナ」になってしまいがち。
MCP入りの「はやわざ」「はや効き」などの除草剤が効きやすい。グリホサート系を散布すると枯れるが、一回では枯れないかもしれないので何度も散布して戦う。
●ツクシが生えてくるが、ツクシは誰も食べない。珍しくもないし、除草剤を撒いた後に生えてくるツクシなんて食べたい??
●バーナーで焼くとスギナは細いため、よく燃え、見た目には綺麗になる。もちろん根までは焼けないので駆除にはならない。それにバーナーが使えるのは広大な土地で近所に迷惑がかからないような環境だけ。

参考その他の雑草は以下のリンクを参考に
駆除が難しい雑草の一覧
庭に生える雑草

グリホサート系

グリホサート系
文章の修正を申請する
グリホサート系除草剤
グリホサート系は「成長阻害剤」。葉っぱに塗れば浸透して枯れるので、噴霧器で散布せず、狙い澄まして枯らすことも可能。狭い庭なら濃いめの液を目的の雑草に筆で塗って枯らせば他の植物への影響はほとんどない。葉っぱが黄色くなっているのは枯れているのではなくて、栄養を合成できなくなっているだけ。完全に枯れるまで待って取り除く。枯れる前に刈り込むと復活することがある。大体は一週間で黄色くなり始め、二週間から一ヶ月で枯れる。成長阻害剤なので活動が鈍い冬は散布しても効果が目に見えるまで時間がかかる。夏場の雑草がよく育つ時期はグリホサートの効果が目に見える。
グリホサート100倍希釈でイネ科などの一年草は枯れるがもうちょいしつこい系(ドクダミなど)は50倍以下でないと枯れず、スギナは25倍以下でないと効果ない。竹笹類は10倍じゃないと効かない。一時的に効いても復活する。
しつこい系・スギナ・竹笹は一回の散布では枯れない。数度散布する。グリホサート系は栄養合成を阻害して枯らすため、根塊・球根系などの根に栄養をため込んでいるタイプは一回では枯れず、何度もやってため込んだ栄養を使い果たさせないと枯れない。散布して葉っぱが黄色くなったら効果はあるので何度も散布する。
ジェネリック
グリホサートはラウンドアップの成分だったが、特許が切れてラウンドアップのジェネリック(サンフーロンなど)が色々と出ている。効果は同じ。ラウンドアップのほうが高価だが名前が知れ渡っていだけでジェネリック系を使ったほうが安上がりです。
グリホサートは危険?
ポストハーベスト農法で効率化のために、収穫後にグリホサートで雑草を駆除している。グリホサートは土中で分解されるとされるが、少量が残留するよう。外国産の小麦などにはグリホサートが含有されていて、問題があるのではないかと言われている。
グリホサートは日本でもかなり使用されている。一般家庭というよりは農家で。利用されている。昨今(2020年)は批判が多いがグリホサートで奇形児が出てくるなら、利用されてから数十年経っていて、もっと無茶苦茶になっている。ラウンドアップを販売してきたモンサントではグリホサートを犬に摂取させて健康被害がないのを証明している。だからといって安全とは言い切れない。ただ、必要以上に恐れる必要もない。ベトナム戦争で使われたのはダイオキシン系の枯葉剤でこれを作った会社がモンサント。このモンサントがラウンドアップを作った会社で、遺伝子組み換え作物の販売もしていることもあって、色々とイメージが悪いから狙い撃ちされている可能性が高い。
●グリホサート批判は思想・トレンドっぽい。現実問題、除草剤なしに作物を作るのは手間がかかりすぎて、食糧危機を招きかねない。家の雑草を駆除するのに問題があるとはちょっと思えない。でも、ちゃんとマスクして防護はしましょう。
●除草剤より農薬の方が危険なハズ。農薬は虫・菌を殺すのだから人間の殻にとっても良くないだろうよ!というのもあるが、除草剤は年に数回の散布に対して、農薬は年間に数十回で桁違いなのに、除草剤のグリホサートだけが狙い撃ちになるのはおかしい。優先順位がおかしい。
●グリホサート系を散布するとすぐに枯れるが、枯れてから一ヶ月か二ヶ月ほどで雑草がポツポツ生えてくる。つまり、即効性があるが継続しない。つまり残留は大したことない。もしもグリホサートに悪影響があるなら農家は早死にすると話題になるはず。

除草剤を使わない駆除について

文章の修正を申請する
草刈り・草取り
一年草タイプは種子ができる前に刈り込んだり、抜いたり、すれば来年以降は徐々に出てこなくなる。面積が狭い場合は手作業でいいが、広いなら草刈機やバーナーで焼く。手間で考えると除草剤を散布した方が早い。
●草取り(草抜き)・草刈りは趣味・適度な運動になってる人もいる。楽なのは除草剤だが、趣味となると話は別。
●除草剤を使わない!ってのは「主義」であって、コスパ・手間を考えると除草剤が現実的。もちろん面積が狭いのであればテデトールも十分あり。
●5月6月あたりに発芽抑制剤(カソロンなど)を散布することで一年草を抑えると言う手もある。草刈り・除草剤と併用するといい。
●宿根系の根まで抜かないといけないタイプを引っこ抜くと根に土がついてきて土が減る。舗装道路の際・斜面だと崩れて大変なことになるかも。
参考除草・草取り・草刈り・防草のまとめ

塩で除草??
テレビでも「塩を撒くと雑草を駆除できる!」とやったのもあって「塩で雑草駆除!」に興味を持つ人が多いが、塩を撒くのはコスパも悪いし手間がかかるし、塩害が発生する。建物に悪影響があるし、塩で現在の雑草を駆除できても塩害に強い雑草が次に生えてくるだけ。塩害で他の植物が生えなくなるため不動産評価が下がる。塩は徐々に流れていくが、傾斜や土の内容にもよるのであんまり当てにならない。グリホサート系が結局王道(今のところは)。グリホサート系は批判もあるが土中で分解される。塩(塩化ナトリウム)は鉄筋をさびさせ、錆びたことで膨張してコンクリートを割る。運動場・校庭の雑草対策に塩化カルシウム(融雪剤でまくやつ)が使われている。
石灰で除草・防草
石灰を土が白くなるくらいまで大量に散布すると二ヶ月か三ヶ月は雑草が生えにくい。石灰を撒くことでアルカリ性になり、アルカリ性になると発芽がしにくくなる。また石灰が固まり、発芽しにくくなる。雨は酸性で徐々に石灰は中和される。ただ、頻繁に行うと土の中に石灰層ができて、水捌けが悪くなる(が、石灰層のおかげで雑草は生えにくくなる)。日本庭園ではこれを意図的に行なっている。
草焼き
草焼きにガソリンは危険だし、事件(京都アニメなど)があって携行缶でガソリン購入は厳しくなっている(住所・氏名・身分証明書を求められる店も)。灯油は火がつきにくい。

噴霧器について

噴霧器について
文章の修正を申請する
広い範囲に除草剤を散布する場合は噴霧器で散布する。噴霧器はホームセンターやネットショップで販売している。除草剤を散布するときは完全防備(帽子・マスク・長袖・長ズボン・長靴)で。
噴霧器は手動ポンプ式より電池式・エンジン式の方が楽。手動ポンプ式<電池式・充電式<エンジン式の順で広い土地向きになる。電池式・充電式は威力が弱いので素直にエンジン式を。エンジン式でラウンドアップ散布用ノズルを使える圧力のものが便利。エンジン式はうるさい。近所迷惑になるようならやめる。使用する前に近所に断りを入れておく。夜勤の人で昼間に寝ている人もいるし、神経質かつヤバイ人もいる。揉め事になる。
●電池式充電式の0.3mpaの噴霧器で700平方mが一つの目安。それ以上の面積も可能だが、それ以上の広さならエンジン式で散布する方が楽。
●展着剤を混ぜて、葉にくっつきやすくし、浸透するようにする。

樹木の駆除

文章の修正を申請する
そんな大きな樹木じゃないなら、普通に切り倒して取り除くが、根が広がっていて取り除けない場合や、切り倒しても新芽が出てくるようなら除草剤で枯らす。
樹木を枯らすならドリルで穴を数カ所(樹木の大きさにもよる)ほど開けてグリホサート系除草剤を流し込む。雨に当たって剤が流れ出るかもしれないのでブルーシートでも被せておくとよい。ドリルはホームセンターでレンタルしてくれます。徐々に枯れる。枯れるまでは時間がかかる(二週間から一ヶ月)。ひこばえ(シュート)が出てくるのは枯れてない証拠。枯れると枯れ葉がつき、非常に見苦しい。そこでグリホサートを注入する前にあらかたの枝を落としてゴミに出した方がいい。
枯れたら枯れ枝を処分しないといけない。一度に大量にゴミ出しすると引き取ってくれないこともあるので、ちょっとづつ出すか、自治体に相談してみる。大抵は処理場に持ち込むことになる。

●場所があるなら、50cmから1mほどの長さに切って、隅に積んでおいて朽ち果てさせてもいい。
●ガーデンシュレッダーでクズにして廃棄する。

雑記

文章の修正を申請する
●イシクラゲやコケには氷酢酸を12倍から15倍、もしくは木酢液を5倍から10倍薄めてかけてやると数日後には黄色くなって取れやすい。また再発予防にもなる。
●除草剤は体に悪い(良い訳が無い)のでマスクをして作業する。
●イネ科雑草はナブ
●竹笹類にはデゾレート・クロレートが安価で効くが、劇物なので身分証明と判子が必要。
●ロロックスはヤエムグラ、スベリヒユ、ノミノフスマ、ハコベなどに効果がある。
●砂利を敷いても隙間から雑草が生えてくる。これを手で抜くより除草剤を散布して駆除した方が便利。枯れたものを集めることになるので一回の手間はそう変わらないが、根まで枯らすので除草剤の方が頻度は確実に減る。
●トレファノサイドはツユクサ科、カヤツリグサ科、キク科、アブラナ科を除く一年草雑草に効果がある。撒くとスギナの独壇場になることもあるので注意。
●バスアミドは粒剤で雑草駆除と病気に効果がある。ネギの植え付け前に散布することが多い。ネキリムシが出づらくなる。ただちょっと高価。散布して耕すと雑草を駆除する。土に水が多いとき…雨後にやるとガスで気分が悪くなる。天気チェックを。
●枯れた草は放置する人が多い。雨風で溶けて消える。ただ、見た目が悪いのでゴミに出すことが多い。
●除草剤で枯れたものは放置でもいいが、季節(空気が乾燥する時期)によっては火事になる。場所が広いなら草堆肥にでもする。
●粒剤は量をケチると効果がない。もしくは薄い。
●粒剤は長く効果して「予防」というポジション。即効性は液体ので。
●除草剤を散布しても、雨が降ると流れ落ちて効果がない。梅雨時期は除草剤をまかない。撒いても意味がないことがある。梅雨など雨が降った後は雑草がよく生育してイライラする。
●笹など葉っぱがツルツルしていて薬剤を弾くものは展着剤を混ぜて散布する。展着剤を混ぜないと枯れない。展着剤は販売しているのでそれを入れる。食器用洗剤を混ぜてもいいし、尿素も効く。尿素は界面活性剤ではなく、展着剤とは本来は違うが除草剤を吸収しやすくし効果はある。
●夏の作業は熱中症になる。草取りだろうが除草剤の散布だろうがどちらでも。防草シートを考える。
●例えば駐車場の雑草を駆除したいだけなら除草剤を撒いたほうが楽。年に3回か4回。
管理用リンク
管理用