ドクダミの育て方

MENU
TOP>ドクダミ科>ドクダミ
スポンサードリンク

ドクダミ

ドクダミ
科名ドクダミ科
属名ドクダミ属
学名Houttuynia cordata
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


手入れをする必要はなし。庭植えしたら水やりもしなくて大丈夫です。ドクダミは育てるかどうかよりも、広がり過ぎないようにどうやって整理するか?ということの方が問題になります。
雑草も駆逐する繁殖力
草丈も高くならず、花もかわいらしいのですが、ヒメイワダレソウアップルミントに匹敵する繁殖力。広い庭で雑草がはびこって困っているならば、ドクダミも選択肢に入れてもいいですが、むしったときに臭うあの悪臭を考えると庭植えするならばアップルミントやヒメイワダレソウの方が適しています。
鉢植えで楽しむ
鉢植えで楽しむというのが一番です。広がりの心配も無く、イヤになったら廃棄できますから。

水やりと肥料

鉢植えの場合、土が乾燥したら水をやってください。少々の乾燥には負けません。
庭植えの場合はよほど日照りが続かない限りは水をやる必要はありません。
肥料は不要
肥料はなくても育ちます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

ホームセンターなどで販売していることはありませんから、ネットで購入するか知り合いに株を分けてもらいましょう。それを植えれば幾らでも増えます。
土の中に板を植える
ドクダミは地下茎で横へと広がりますので、これ以上広がって欲しくないところに、ブロックや板を埋め込んで、繁茂を防ぐようにします。

管理場所・日当たり

日当たりでも負けませんし、半日陰でもOK。冬には地上部が枯れますが春にはまた芽を吹きます。

特徴・由来・伝承

花はあいらしく、斑入りの品種だとカラーリーフとしても利用できます。グランドカバーにもでき、繁殖力旺盛。冬は寒さで地上部が枯死するものの、春からはまた旺盛に繁茂します。
問題は繁殖力と匂い
ドクダミは、一度植えると地下茎が残っていて抜いても抜いてもまた生えてきます。雑草を駆逐するほどです。そして、臭い。悪臭といっても腐臭とか糞の匂いとかそういった感じではなく、化学物質のような匂いです。とにかく、良い匂いではなく、気分が悪くなります。
庭に植えているだけでは匂いはしません。葉っぱをむしるなどすると、匂いがするようになります。
花に見えますが、花ビラはない
ドクダミの白い花は白いガクと雄しべと雌しべだけで成っていて花びらがありません。
食べようなんて考えない
ベトナムでは香草として食べられ、漢方薬の材料としてもよく聞く名前です。調べると天ぷらにして食べられる――という話ですが、ベトナムで食べられているドクダミと日本で流通・自生しているドクダミとは別種で、ベトナムのものは匂いが薄いらしいです。天ぷらで食べる話も、まぁ食べられないほどでない程度のことで「美味しい」には程遠いです。ドクダミ茶も美味しいものではありません。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用