ナンバンギセルの育て方

TOP > ハマウツボ科 > 更新日

ナンバンギセル(南蛮煙管)

ナンバンギセル
科名ハマウツボ科
属名ナンバンギセル属
学名Aeginetia indica
別名南蛮煙管
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

ナンバンギセルの育て方

文章の修正奇妙な植物
ススキに寄生して花を咲かせたものが、たまに流通します。地上部には葉っぱも無く、突然イネ科の植物の葉っぱの中に、紫の花が咲くのでとても不思議な感じがします。春から夏に掛けて地下の寄生主の根から養分を吸い取って生育します。
育てるといっても、
寄生主を枯らさないようにするだけ

育て方は寄生しているススキを育てられれば、ナンバンギセルはいずれ生えて来ます。ススキは非常に頑健で水をやり忘れるでもしないと枯れません。
ススキ
大きく育つとナンバンギセルが見えないので、ヤクシマススキに植えられています。
スポンサードリンク

水やりと肥料

文章の修正ススキが枯れないように
ススキは乾燥にも強く、過湿にも強いので、よほど乾燥させない限りは枯れません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正ナンバンギセルは開花後に種子が出来ます。これを採種してススキ科の植物の根本にまけば、また芽を出してきます。植え替えはススキを参考にしてください。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりで管理しますが、半日陰でも十分育ちます。

特徴・由来・伝承

文章の修正イネ科の植物のススキやイネ、サトウキビなどの根に寄生します。自分では光合成することが出来ず、葉緑素が無いので茎は茶色い。

関係記事・人気記事

オリーブの葉が枯れてきた

オリーブの葉が枯れてきた
[+[まとめ] ●オリーブは乾燥に強いだけで、水は欲しがる植物。水が少ないと葉っぱが黄色くなって落ちます。 ●木を固定するのに針金を巻いている場合があります。これを外さないと、成長を阻害したり、食い込んで…

ミニヒマワリ

ミニヒマワリ
ミニヒマワリ(矮性ヒマワリ)は小さく育つように品種改良したものか、大きくならないように薬品処理したもの。性質はヒマワリと同じ。境目はかなり曖昧。丈が80センチ以下くらいで「ミニひまわり」「矮性ヒマワリ…

ゴテチャ

ゴテチャ(クラーキア属 )
矮性処理した品種は背丈が20センチほどですが、矮性処理していないものは80センチ前後と大きく育ちます。矮性処理していないものは背が高くなり、風や雨ですぐに倒れます。支柱をしましょう。 [[秋に種を撒…

ツツジ・サツキが咲かない理由と対処

ツツジ・サツキが咲かない理由と対処
開花しない原因の一番の候補は天敵の害虫ベニモンアオリンガ。次が剪定時期の失敗。この2つは「まったく花が咲かない」という最悪の事態を引き起こします。あとは「花が減る」要因にはなりますが、完全に開花しな…
管理用リンク
管理用