霜に当たると植物が枯れる理由

MENU
TOP>雑学>霜に当たると植物が枯れる理由
スポンサードリンク

概要

まとめ
●細胞の水が霜にあたることで凍結し、氷になり膨張して細胞壁を破壊する。
●霜に耐える植物は細胞内に塩分や糖分を入れ込んで凍結を防いでいる。
●対策を取っていない植物は霜に当たると一発で枯れる。

霜に当たると枯れるのに0度まで耐えるってどういうこと?

霜に当たったら枯れるのに0度まで耐える?
植物の育て方には「霜に当たったら枯れる」のに「0度まで耐える」とあります。霜は気温が4度くらいで発生します。外気温が0度ってのは霜に当たってるのと似たようなものじゃないのか?と思いませんか? ちょっと不思議な感じがしませんか?? 矛盾しているというか。

霜が4度で発生するといってもこれは気温を測る位置が地表から1.5mほど離れているためなのですが、それは0度とて同じ条件のはずですよね。

この差は「霜に当たるか当たらないか?」です。

霜に当たると枯れる理由と植物の対応策


霜に当たるというのは大事件です。

霜が葉っぱに直接当たるということは、葉っぱが凍るということです。単に冷たい風に当たるのとは違います。葉っぱが凍ると細胞の水が氷になります。氷になると体積が膨張してしまいます。すると植物の細胞壁が破裂してしまいます。つまり細胞が壊死してしまいます。
対抗策として
水は0度になると氷になりますが、塩分や糖分を細胞内に入れて濃度を高くすることで、氷になる温度を下げることが出来ます。つまり氷になるのを防いでいます。
大根・白菜など冬の野菜がほんのり甘いの寒さ対策です。
●外気温が0度になっても、植物の茎には小さな毛を生やしていて空気の層を作って凍結を防いでいます。そういう植物は軒下や霜よけなどで霜に当たらないようにすれば(地域にもよりますが)戸外で越冬できます。
●単に寒さに弱い植物は寒くなることで細胞の活動が鈍くなって枯れています。この理屈とはちょっと違います。

そういう植物は霜に当たっても細胞が破裂せず、枯れません。逆にいうとそういう対応策を取っていない植物は霜に当たるとほぼ一発で即死します。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

雑学の仲間


雑学の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用