コキアを丸く仕立てる方法

MENU
TOP>雑記>コキアを丸く仕立てる方法
スポンサードリンク

コキアを丸く仕立てる方法


このページではコキアを丸く仕立てるための方法をまとめています。
まとめ
●根が広がらないと細く育つ。
●株間を50センチから60センチほど空けると丸く育つ。
●あとは水・日光・肥料の条件もあるが、一番は「根の広がり」。

コキアを丸く仕立てるための基礎知識


コキアは直根性と言って太い根が一本、グンと伸びるのですが、そこから細い根が伸びます。この根の広がりがイコール、「コキアの地上部の太さ(丸さ)
」になります。
よって根をしっかりと伸ばすこと…根が広がるスペースを保持することが、まん丸な分かりやすいコキアを育てるコツとなります。
こぼれダネで周囲に飛び散った小さなコキアが、「細い」のは間引いていないからです。
●ただし品種によって細いものもあります。

それとは別に、あとは日光・水・肥料がないと育ちません。ただ、戸外の日当たりで水切れにしない限りは、よほどでない限りはちゃんと育ちます。肥料も、コキアの育て方のようにやっていれば問題ありません。
スポンサードリンク

コキアを丸く仕立てる具体的な方法


株間を空ける
コキアは株と株の間を60センチか50センチほど空けるようにすれば、根が喧嘩しないで、それぞれの株がしっかりと根を広げて、丸くこんもりと仕立て上がります。

こぼれダネの場合は間引く
去年のコキアの株の周囲に種子がこぼれ落ちて、小さなコキアが生えてきたときに、株間が50センチから60センチほど空くように間引きます。

鉢植えにしない
鉢植えは根を伸ばす範囲に限界があります。庭植えが理想。鉢植えにする場合は「深い」ものを選びます。

水切れしない
庭植えならば、自然に降る雨だけで十分育ちますが、日照りが続く場合だけは水をやります。鉢植えならば、土が乾いていたら水をしっかりとやります。特に夏場は乾燥しやすく、すぐに水切れをしてしんなりします。鉢植えはかなり水切れしやすいです。鉢植えは二重鉢にすることで乾燥を防ぐことができますが、庭植えが基本。

やっぱり日光もある
しっかりと日光に当ててください。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

雑記の仲間


雑記の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用