コキアの育て方

MENU
使い方 TOP

コキア(ホウキギ・ホウキソウ・箒木・箒草)

コキア
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名アカザ科
属名ホウキギ属
学名Kochia scoparia
別名ホウキギ・ホウキソウ・箒木・箒草
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
4月に種を撒き、晩秋に寒さで消えるまで、鮮やかな緑と紅葉を楽しむことが出来ます。一般的には4月~8月まで、鉢植えでも庭植えでもコキアは強いので、どちらに植えても問題ありませんが、鉢植えにするとあまり大きく育たず、水切れがおきやすくなり、株の寿命が短くなる傾向があります。
まとめ
●育てるのは簡単。
●日当たりで育てる。日光不足だと秋に紅葉しないことも。
●鉢植えの場合は水切れに注意。
●植える時に苗の土を落とさず、根もほぐさないこと。
一年草で、晩秋までに紅葉し枯れてしまいますが、種が落ちて翌年の春に生えてきます。非常によく増えます。
●20度以上で生育しはじめます。
●8月前後に花が咲きますがほとんど目立たず分かりません。
●茶色くなったらおしまい。刈り取って廃棄するか、ホウキにするか。
●紅葉が非常に綺麗。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水やりと肥料
この項目の修正・提案をする
夏の水切れに注意
土が乾いていたら水をしっかりとやります。比較的乾燥した土壌を好みますので、庭植えにした場合はさほど水は必要ありませんが、夏の乾燥ではさすがにシナシナになってしまいますので、夏は朝と夕方の二回、しっかりと水をやってください。
夏場に水が不足すると成長不良を起こします。
●鉢植えにした場合は土が乾いたら水をしっかりとやります。鉢植えの場合、夏に水切れがおきやすいので気をつけましょう。

肥料
植え付け時に肥料を混ぜ込んでおきます。市販の培養土には最初から肥料が入っていますから、それで十分です。あとは成育期に2週間に一回、薄い液体肥料をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付け・植えかえ・種蒔き
この項目の修正・提案をする
苗を買ったら、出来るだけ早く植えます。コキアの苗は根が詰まると苗が老化しますのでポットのままで長く放置しておかないでください。
植え替え不可
またコキアは直根性で根が傷むと根付かず枯れてしまいます。植えつけるときは土を押さえないようにして根が傷つかないようにしてください。
●鉢植えだとよく庭で見かけるような鮮やかな緑がコンモリとした感じに育ちません。そこで出来るだけ庭植えにします。枯れたら根元から切るのだかが、庭植えの場合大きくなる分茎も頑丈なのでノコギリが必要になるかも。

用土
水はけのよい土を好みます。赤玉土6腐葉土4を混ぜたもので植え付けをするか市販されている土で植え付けをします。化成肥料ではなく完熟堆肥や腐葉土を混ぜると大きく鮮やかに育ちます。
この項目の修正・提案をする
植え付け・植え替え
鉢植えの場合は、ポット苗の土は絶対に落とさず、根もほぐさない。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。

庭植えの場合は、30cmの深さの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。庭植えのときも当然ながら、苗の土は落とさず、根もほぐさないこと。
●庭植えも鉢植えも植え付け時に緩効性肥料を混ぜる。一般的な培養土には最初から肥料が入っているので不要。
この項目の修正・提案をする
株間を大きく取る
植えるときは一株一株を離して植えましょう(株と株の間は50センチ以上が好ましい)。種類にもよりますが、かなり大きくなります。鉢植えにするときはできるだけ大きな鉢に植えるようにします。鉢に苗を一つ(6号鉢とか8号鉢)。小さな鉢だと小さくなり、一つの鉢に何個も苗があると大きく育ちません。
●庭植えすると大きくなり、鉢植えやプランターに植えると小さくなります。
●画像の大きなコキアはユーザーさんが投稿してくれた画像で「畑との境目に植えたコキア。手前が日当たりの良い南なので直径1M 奥は50cmぐらいに」なったようです。日当たりがいいところは更に株間を大きく取ったほうがよいですね。
●風が強いと倒れるので、大きく育ったら支柱をします。ポキっと折れます。
●小さい鉢に植えると小さく育つ。小さい鉢に植えると夏の水切れが多くなるので最低でも5号か6号。できれば8号。10号鉢でもいいが、10号鉢は見た目のバランスがアレなんで。

種蒔について
コキアの種は超小粒。そこいらへんに直播して少し土を被せます。土をかぶせるのは「乾燥避け」のため。たくさんは土は被せない。15度で発芽します。葉っぱが小さいうちはダンゴムシナメクジに食べられやすいです。何枚か生えそろったら、元気のいいのを残して間引きます。
●コキアは移植を嫌います。植え替えをするなら小さな苗のうちに。
●発芽率が悪い人は水不足と思われます。
●苗を買ったほうが無難です。
●ダンゴムシに種子が食べられる。アリが持っていくこともあります。
●ムシに食べられないようにと種子をまいて、たくさん土をかぶせると、なかなか芽が出ない。
●確実にいくには、室内で発芽させてから、植え替えをする。

こぼれダネでも増える

この項目の修正・提案をする
翌年コキアの周辺にこぼれダネから発芽して、子株がワラワラと現れます。画像は投稿者さんからいただきました。水の流れるところに雑草化するそうです。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
この項目の修正・提案をする
日当たりで育てます。日光が少ないと生育が悪くなり、秋になっても紅葉しなくなります。
ただし、夏に日当たりがいいところに植えていると、あまりに日が当たって蒸発が激しくて、水切れが起きやすいです。鉢植えにするとなお、水切れしやすいです。鉢植えの場合で、あまりに水切れするならば、半日陰に移動させてください。
●寒さに当たると枯れる一年草です。

その他

この項目の修正・提案をする
病害虫
うどんこ病が発生することがある。
他の病害虫はない。多分。
剪定
剪定は不要。剪定しなくても、あの形に育つ。
雑記
●丸っこいタイプと細長いタイプがある
●ホウキにするなら細長いタイプ。
●トンブリの食べ方:30分煮てから一日水につけておいて、ザルにとって手で揉んで皮を剥がします。流水で皮を綺麗に落とすまで洗います。これでやっと食べられます。大変です。
●トンブリを食べるのは面倒。
●イモムシが食いに来ます。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
この項目の修正・提案をする
こんもりとしたグリーンの樹形で、秋になると真っ赤に紅葉します。刈り取ってホウキにしていた?という話もありますが実際のところはあやしいです。
花も咲きますが目立たず観賞するには向きません。真夏の直射日光にも負けずに、鮮やかに緑が映えるので猛暑の庭に重宝します。
若干大きすぎて、狭い庭には邪魔になるかもしれませんが、それでもこの鮮やかな緑は魅力的です。
秋になり紅葉すると、種ができます。この種を茹でると「山のキャビア」と呼ばれるトンブリとなります。秋田の名物です。東北ではスーパーで売ってます。
コキアは一年草ですが、こぼれた種が翌年の春に芽を出し、そこら中に小さなコキアをニョキニョキと生やしますので、初心者の方で庭が空いていたら植えて損は無いです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

「コキア」に関する疑問・質問・日記

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

アカザ科の仲間


アカザ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用