スノードリフト

TOP > キク科 > シャスターデージーx最終更新
シャスターデージー・スノードリフト
シャスターデージー・スノードリフト
科名キク科
属名クリサンセマム属
学名Chrysanthemum maximum snowdrift
耐寒マイナス10度
水やり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
クリサンセマム・スノードリフトの特徴は?越冬 スノードリフトの剪定・切り戻し花ガラ摘み関連記事・タグ
スポンサーリンク

クリサンセマム・スノードリフトの特徴は?

シャスターデージー・スノードリフト:クリサンセマム・スノードリフトの特徴は?
スノードリフトはキク科レウカンセマムクリサンセマムシャスターデージー)の園芸品種。落葉性宿根草で冬を越して春にまた開花する。春から初夏に開花し、夏越しすれば秋もちょっと開花する。花びらが真っ白で半八戸か八重で切れ込みが入っている。存在感あり。寒さに強く(耐寒温度マイナス10度)、暑さにも強いとされるが、おそらく蒸れに弱く夏越しは難しく、一年草扱いとされます。

庭植えにすると手間のかからない植物で初心者向け。あんまり園芸店には流通していないので買うのならネットで。
草丈50cmから70cm横幅70cm
シャスターデージー スノードリフト 苗
シャスターデージー スノードリフト 苗の購入はこちら
栽培の詳細はシャスターデージーを参考に。修正

越冬

耐寒温度マイナス10度で多少の凍結は耐えられる。冬は寒さで地上部がなくなるか、傷んだ葉っぱで縮んで越冬する。鉢植えの場合は室内に取り込むか、戸外の軒下で管理する。庭植えの場合は放置です。修正

スノードリフトの剪定・切り戻し

秋から冬に気温が下がった時に地上部が枯れ込む。その枯れた葉っぱを刈っておく。放置していても別に問題はないが、春になって新芽が出た時に、古い葉と新芽と重なってゴチャっとして汚いのでできれば刈っておく。修正

花ガラ摘み

花が終わったら、花茎の根元から切る。放置していると種子を作ろうとして株が弱り、次の花が咲きづらくなる。修正
スポンサーリンク
シャスターデージー
シャスターデージー・スノードリフトのカテゴリ・タグ
一年草扱い 宿根草 夏越し 手間のかからない
キク科
ブラキカムハナカンザシユウゼンギクエキナセア・グリーンジュエルエキナセアハルジオンステビアペーパーカスケードアキレアタンジー
ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ


スポンサーリンク