クリサンセマム・スノードリフトの育て方

TOP >キク科>>管理

クリサンセマム・スノードリフト

クリサンセマム・スノードリフト
科名キク科
属名クリサンセマム属
学名Chrysanthemum maximum snowdrift
水やり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. クリサンセマム・スノードリフトの育て方
  2. クリサンセマム・スノードリフトの水やり
  3. クリサンセマム・スノードリフトの肥料
  4. 植え付け・植えかえ
  5. 栽培可能地域
  6. 管理場所・日当たり
  7. 病害虫
  8. 剪定・切り戻し
  9. トラブル
  10. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

クリサンセマム・スノードリフトの育て方

クリサンセマム・スノードリフトの育て方
文章の修正育て方の概要
クリサンセマム・スノードリフトはキク科クリサンセマム園芸品種宿根草で冬を越して春にまた開花する。春から初夏に開花するが、秋もちょっと開花する。花びらが真っ白で半八戸か八重で切れ込みが入っている。存在感あり。寒さに強く(耐寒温度マイナス10度)、暑さにも強い。乾燥にも強い。手間いらずの植物。あんまり園芸店には流通していないので買うのならネットで。
草丈50cmから70cm横幅70cm
まとめ
●クリサンセマム・スノードリフトはキク科クリサンセマムの園芸品種。
●宿根草で冬は地上部がなくなるが春には芽吹いて開花する。
●手間のかからない植物。暑さ・寒さに強い。
庭植えにしたら、ほぼ自然に降る雨だけで十分。
●鉢植えにしたら、土が乾いたら水をやる。乾燥気味に管理する。
●春から秋に肥料をやる。肥料は控えめか、やらなくてもいい。
●日当たりで管理する。

参考リンク
シャスターデイジー(スノードリフトに似ている)
スポンサーリンク

クリサンセマム・スノードリフトの水やり

クリサンセマム・スノードリフトの水やり
文章の修正
庭植えの水やり
乾燥に強く過湿にすると根腐れする。乾燥気味に管理する。庭植えの場合は一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。2週間か3週間くらいで普通は根が張る。

鉢植えの水やり
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。乾燥に強く、過湿に弱いので土が濡れている間は水やりをしないでください。根腐れを起こします。水をやったら、次には土が乾くまで水をやらない…メリハリのある水やりをしましょう。受け皿の水は捨ててください。
●夏は早朝と夕方に水やりをします。
●冬は生育が鈍くなっているので土が乾いてから数日経って水をやります。冬は地上がなくなるんですが、忘れないように水やりをします。それが面倒なら庭植えに。

クリサンセマム・スノードリフトの肥料

クリサンセマム・スノードリフトの肥料
文章の修正肥料は基本的に控えめ。なくても育つし、肥料が多いと根腐れしたり病害虫が発生しやすくなる。生育時期の春と秋に二週間に一回液体肥料をやる。もしくは一ヶ月に一回緩効性固形肥料をやる。

植え付け・植えかえ

文章の修正
植え替え・植え付け時期
植え付け・植え替えは春か秋に行う。秋は涼しくなった頃。

用土
水はけの良い土を好む。
一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒7腐葉土7を混ぜたものを使う。庭土に3割ほど腐葉土か堆肥を追加して混ぜて用土として使う。庭土の水はけが悪いのであれば軽石か川砂を入れて水はけを良くしてから植える。

鉢植えの植え替え
鉢植えの場合は、植え替えの場合は古い土を三分の一ほど落としておきます。根の負担を減らすため、地上部の枝も半分ほどに切り詰めます。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて隙間に土を入れていく。鉢を揺らすとまた隙間ができるので、また用土を入れて隙間をうめていき、隙間ができなくなるまで繰り返す。最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。
●植え替えの時に株分けも可能。適当に分けて別々に植えればいいです。
●ポット苗を植えるときは、土を少し解して植え付ける。

庭植えの植え付け
庭植えの場合は、深さ30cmを掘り返して、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。

栽培可能地域

文章の修正九州南部・九州北部・中国・四国・関西・中部・関東南部・関東北部・東北南部・東北北部

東北は地域によっては越冬できないかも。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正日当たりを好む
とにかく日当たりで管理。日当たりが悪いと花が減り、生育が悪くなる。

耐寒温度マイナス10度で多少の凍結は耐えられる。冬は寒さで地上部がなくなるか、傷んだ葉っぱで縮んで越冬する。鉢植えの場合は室内に取り込むか、戸外の軒下で管理する。庭植えの場合は放置。

病害虫

文章の修正カイガラムシハダニアブラムシウドンコ病など

剪定・切り戻し

文章の修正冬の剪定
秋から冬に気温が下がった時に地上部が枯れ込む。その枯れた葉っぱを刈っておく。放置していても別に問題はないが、新芽と重なってゴチャっとして汚いのでできれば刈っておく。
●放置でも問題ない

花ガラ摘み
花が終わったら、花茎の根元から切る。放置していると種子を作ろうとして株が弱り、次の花が咲きづらくなる。

トラブル

文章の修正
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

クリサンセマム・ムルチコーレ
キク科クリサンセマム属

同じ科の植物

チコリー
キク科キクニガナ属
リグラリア・デンタータ
キク科リグラリア属
姫小菊
キク科ヒメコスモス属
ヨモギ
キク科ヨモギ属
サンリッチパイン
キク科ヒマワリ属
ビンセントオレンジ
キク科ヒマワリ属
ユーパトリウム
キク科ヒヨドリバナ属
ユーパトリウム・チョコレート
キク科アゲラティナ属
ビンセントタンジェリン
キク科ヒマワリ属
クラスペディア
キク科クラスペディア属
スポンサーリンク