コンテドシャンパーニュの育て方

TOP > バラ科 > バラ > 更新日

コンテドシャンパーニュ(イングリッシュローズ )

コンテドシャンパーニュ
科名バラ科
属名バラ属
学名rose Ausrufo
別名イングリッシュローズ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度上級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

コンテドシャンパーニュの育て方

コンテドシャンパーニュの育て方
文章の修正概要
バラ・コンテドシャンパーニュはバラ科のイングリッシュローズの品種。2001年の作出。「コンテ・ド・シャンパーニュ」はシャンパーニュ地方のテタンジェ社のワインの名前。花びら20枚で、開花すると教科書に載せたいくらいのオープンカップ咲き。内部のシベ(=おしべ・めしべ)が見える。半八重。四季咲きでよく返り咲く。黄色いからクリーム色に色あいが変わりつつ、混じる。葉っぱが濃い緑色で花色とのコントラストが綺麗。3年目以降、株が充実するとよく開花する。半ツル性でツル樹形にも仕立てられる。丁寧に管理すると返り咲きを繰り返し4回か5回開花するらしい(肥料と水が切れると開花が鈍い)。開花するとムスクに蜂蜜を加えたような香りがするが、いい匂いかどうかは好みによる。
樹勢があり、耐病性があり、育てやすい。耐病性はあるが無農薬ではなく定期的な薬剤散布は必須。
冬に樹高の2分の1を目安に切り戻す。
性質四季咲き・返り咲き オープンカップ咲き 耐病性(ウドンコ病・黒星病) 花壇 鉢植え 初心者向き
花径7cmムスク・中香
樹高90cmから160cm横幅100cm
樹形シュラブ樹形・半ツル性
作出者デビット・オースチン

育て方の詳細はイングリッシュローズを参考に。

関係記事・人気記事

バラ

バラバラ
バラ科
(バラ属)

フロリバンダ

フロリバンダフロリバンダ
バラ科
(バラ属)

ミニバラの植え付け・鉢増のまとめ

ミニバラの植え付け・鉢増のまとめミニバラの植え付け・鉢増のまとめ
バラの栽培

ツルバラ

ツルバラツルバラ
バラ科
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用