ルエリア・デボシアナの育て方

TOP >キツネノマゴ科>>管理

ルエリア・デボシアナ

ルエリア・デボシアナ
科名キツネノマゴ科
属名ルイラソウ属
学名Ruellia devosiana
耐寒10度
水やり水控え目
場所日の当たる室内
難易度上級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. ルエリア・デボシアナとは?
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え替え・植え付け
  5. 管理場所
  6. 越冬
  7. 病害虫
  8. SNSボタン・関連記事

ルエリア・デボシアナとは?

文章の修正ルエリア・デボシアナ(ルエリア・デヴォシアナ)はブラジルに自生するキツネノマゴ科ルイラソウ属(ルエリア属)の非耐寒性半常緑低木。花も長期間開花して綺麗なんですが、葉に銀の葉脈が特徴的なので観葉植物とされる。耐寒温度は10度で、寒さには弱い。日光を好みますが、真夏の直射日光には葉焼けするので、夏は半日陰に場所に移動させます。
樹高45cm
スポンサーリンク

水やり

文章の修正土が乾いたら鉢の底から水が出るくらいに水をやります。夏は水切れしやすいので、朝と夕方の2回水やりをします。冬は寒さで活動が止まっているので、土が乾いてから数日経ってから水やりをします。

冬は寒さで活動が鈍くなっているので、水やりは控えます。土が乾いてから数日たって水をやります。土の表面が乾いていても土中には水が残っていて、しっかりと乾いていないの水やりをしていると根腐れを起こします。できれば土壌水分計を使って計測してから水やりをするといいです。

肥料

文章の修正生育時期にあたる4月〜10月に液体肥料を2週間に一回やるか、1ヶ月に一回化成肥料を少量やります。肥料がなくても枯れませんが、生育がよくなるのでやりましょう。冬に気温が15度以上保てて、開花しているようなら、冬も継続して薄い液体肥料をやるといいです。

植え替え・植え付け

時期・頻度

文章の修正できれば春(4月〜5月)に植え替えをします。春にできなかった場合は秋にします。植え替えは2年か3年に一回しましょう。そのくらいで土が劣化してしまいますし、根詰まりを起こします。

用土

文章の修正冬は室内で管理することになるので、観葉植物の土か、これにパーライトを入れて水はけをよくして植え付けます。

鉢植え

文章の修正鉢植えの底の穴を鉢底ネット(鉢底網)で塞いで、その上に鉢底石軽石)を2cm〜3cm入れて、その上に用土を入れて、株を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をしっかりとやります。

植え替えの場合は、土を3分の1ほど落として、植え替えをします。

管理場所

文章の修正春・秋はできれば戸外の日当たりで管理します。もしくは室内の日当たりで管理します。

夏の暑さには強いが、強い直射日光には葉焼けするので、夏は半日陰に移動させるか、寒冷紗やヨシズで遮光してあげます。夏の暑さ・蒸れは問題なので、直射さえ遮ればいいです。

越冬

文章の修正冬はできれば10度以上を保ちます。15度以上であれば、生育し、開花もするので、活動しているようなら水やりの頻度を増やし、肥料もやってください。水やりを控えることで寒さに強くなりますが、それでも寒さには弱いので、温室などで10度以上を維持しましょう。

病害虫

文章の修正ほとんど見られない。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

キツネノマゴ科
フィットニア
キツネノマゴ科アミメグサ属
ジャコビニア
キツネノマゴ科ジャスティシア属
ヒポエステス
キツネノマゴ科ヒポエステス属
クロサンドラ
キツネノマゴ科ヘリトリオシベ属
アカンサス
キツネノマゴ科アカンサス属
パキスタキス
キツネノマゴ科
ベロペロネ
キツネノマゴ科キツネノマゴ属
ツンベルギア
キツネノマゴ科ヤハズカズラ属
スポンサーリンク