ロウバイ(蝋梅)の育て方

TOP >ロウバイ科>>管理

ロウバイ(蝋梅・蠟梅・臘梅・唐梅)

ロウバイ
科名ロウバイ科
属名ロウバイ属
学名Chimonanthus praecox
別名蝋梅・蠟梅・臘梅・唐梅
水やり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. ロウバイの育て方
  2. 花言葉
  3. 蝋梅の品種
  4. 水やり
  5. 肥料
  6. 植え付け・植えかえ
  7. 管理場所・日当たり
  8. 剪定
  9. その他
  10. 特徴・由来・伝承
  11. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

ロウバイの育て方

ロウバイの育て方
文章の修正ロウバイ(蝋梅)はロウバイ科ロウバイ属(シモナンサス属)の低木。中国原産で樹高2m〜4mになり、12月〜2月に黄色い香りのある花を咲かせます。花には蝋(ロウ)が塗ってあるような艶があり、これが蝋梅の名前の由来となっています。江戸時代に日本に渡来し、そのまま根付いています。年末からお正月シーズンの花の少ない時期に咲かせるため、生花や床の間の花に重宝されます。
スポンサーリンク

花言葉

文章の修正花言葉は「慈愛」

蝋梅の品種

和蝋梅(ワロウバイ)

蝋梅の品種
文章の修正和蝋梅(ワロウバイ)
蝋梅(ロウバイ)の基本種で花の中心が暗い赤紫色で花弁は細めです 。以下の2種の方がよく見かけます。中心部の赤が嫌われるからかな?

素心蝋梅(ソシンロウバイ)

文章の修正素心蝋梅(ソシンロウバイ)
定番品種。花の全体が黄色で、中心部分まで黄色い。他の品種より香りは強いとされる。選抜品種が多く出回っていて、特徴は曖昧になりつつある。

満月蝋梅(マンゲツロウバイ)

文章の修正満月蝋梅(マンゲツロウバイ)
素心蝋梅(ソシンロウバイ)の実生から選抜された品種で、花びらが丸くて色合いが濃い。ただし、最近ではそれぞれの種から選別されたものが見られて、区別が難しい。

水やり

文章の修正植え付け後2週間ほどは根が付くまでは、しっかりと水をやります。その後は降雨だけで充分です。鉢植えならば、土が乾いたら水をやるようにします。

ロウバイは過湿を嫌います。あまりに土がジメジメしている環境では枯れることがあります。ジメジメしている土のところには植えないようにするか、川砂・軽石などを混ぜるなどして土壌を水はけ良く改良しましょう。

肥料

文章の修正開花後の4月〜5月と、開花前の12月に肥料をやります。緩効性化成肥料か油粕のどちらかをやります。ロウバイの株の周囲に深さ20cmの穴を数カ所ほど掘って埋めるか、株元にまきます。
化成肥料の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
油粕の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

植え付け・植えかえ

文章の修正落葉時期の11月〜3月に植え付けます。鉢植えの植え替えもこの時期に行います。
一度植えたら移植はしないでください。

用土

文章の修正庭土に腐葉土を2割ほど混ぜて植え付けます。鉢植えの場合は一般的な花と野菜の培養土で植え付けます。
培養土の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

庭植えの手順

文章の修正植え付けの1週間前に深さ30cm〜40cm、直径40cmの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を2割ほど混ぜ、化成肥料を入れてよく混ぜておきます。1週間経って土が馴染んだから、半分の土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れていきます。最後に水をしっかりとやります。水をやりつつ、棒で根をつついて根の隙間に土を入れると根づきやすいです。

さらに土で株の周囲に土手を作って、水をためて水が引くまで待ちます。これを水極めといいます。

管理場所・日当たり

文章の修正日陰でも育ってくれます。日当りのいい場所は色んな植物が好むので、日陰や半日陰に植えられることが多いですが、日当りがいいほうが当然、花付きは良いです。

ロウバイは、庭植えにした場合、樹高が小さいと花が咲きづらいことがあります。
鉢植えにしたり、根巻き苗だと、育ててからすぐに花が咲きます。ロウバイはある程度老化しないと花が咲かないために、わざと鉢植えにしたり根巻き苗を植えることで根が伸びるスペースを制限し、老化を早めているためです。

剪定

文章の修正ロウバイの剪定は開花直後が適しています。花が散ってしばらく後…6月前後…に翌年の花芽をつけますので、剪定はそれまでに行います。

ロウバイは長く伸びた枝ではなく、幹近くの短い枝に花を付けやすい性質があります。そこで、間延びした枝は幹から20センチほどに短く切り詰めてしまいましょう。昨年咲いた枝には花芽が付きません。
●短い枝でも、日光を遮るほど密生するようであれば間引きましょう。
●根本から勢いのある長い枝が出てきます。これをヒコバエといいます。ヒコバエは木の力を衰えさせますので早めに3本程度残して切り取りましょう。
●長い枝・昨年咲いた枝には花が付かないので短く切り詰めましょう。

その他

文章の修正香が非常に強いので、虫が寄ってきます。

特徴・由来・伝承

文章の修正透明感のある花びらの黄色い花を咲かせる落葉広葉の低木です。よく年末年始に生け花で生けられます。蝋梅と書くためにウメの仲間と思われがちですが、ロウバイ科の植物で違う種類です。

育てやすく、比較的日陰でも育ち、花の少ない冬に花を咲かせるために冬の庭を彩る嬉しい木です。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール
スポンサーリンク