大きすぎる鉢でギックリ腰に

MENU
TOP>ガーデニング基礎知識(中級編)>大きすぎる鉢でギックリ腰に
スポンサードリンク

鉢の大きさについて

鉢が大きいと、植物は大きく育つ傾向があります。特に花屋さんなどで売られている花の多くは「見た目」と「花が咲くやすくなる」という理由から、小さな鉢に植えられています。これを大きな鉢に植え替えるだけで、急にイキイキと育ち始めます。
大きな鉢なら大きく育つ
大きくしたいときは大きな鉢に植えてください。根の広がりに対応して株は大きく育ちます。鉢から取り出し土を半分ほど落として新しい土で植え替えをします。
直根性の植物は土は落とさないで
ただし直根性の植物は根が傷つくと枯れてしまいますので、鉢から取り出した根から土を落とさず、一回り大きな鉢に植え替えます。詳細は各解説ページを参考にしてください。
スポンサードリンク

大きな鉢に植えてギックリ腰


でも、いくら大きく育つからといっても、大きな鉢に入れると移動が大変です。特に観葉植物を大きくて重い陶器の鉢に植え替えてしまうと、移動が大変で、腰が抜けます。観葉植物ではなくても、冬は室内に取り込まなくてはいけない植物も多いので、あまり大きな鉢に植え替えたせいで、ぎっくり腰になることも。ガーデニングで身体壊すなんてバカバカしいですから、そこはほどほどに。
受け皿の水を捨てるのも一苦労
鉢を動かすことは意外と多いです。環境が悪いときに移動させる程度ならば大した頻度ではないですが、「受け皿の水を捨てる」ことは非常に多いです。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ガーデニング基礎知識(中級編)の仲間


ガーデニング基礎知識(中級編)の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用