スリット鉢

TOP > 雑学 > 更新日

スリット鉢の威力

スリット鉢の威力
文章の修正スリット鉢はプラスチック製の鉢で、なおかつ鉢の下部分にスリットが入っているもののことです。とんでもないポット・根張り鉢・ネバール・スリットポットは商品名。最初に「とんでもないポット」という商品名で発売後、他の会社が根張り鉢・ネバール・スリットポットという商品を発表した。スリット鉢が一般名詞で他のは商品名という違い。スリット鉢は、あのスリット故に根の発育が良く、結果、植物の発育がよくなるというメリットがあります。
まとめ
●スリット鉢が一般名詞で、その他の名前は商品名。最近は「根張り鉢」の方が浸透しているっぽい。
●鉢底に敷く軽石は不要。用土だけでいい。
●サークリング現象を予防し、効率よく根を張らせる。
●若干高価で、見た目が今のところよくない(2020年2月現在)。
スポンサーリンク

全てのテキストを開けたり閉じたりできます

 

スリットが及ぼす効果

文章の修正プラスチック鉢というと「通気性が悪い」というデメリットがありますが、スリットがあることで、水はけが良くなります。また、スリットから土の内部に光が挿し、光を嫌って根がサークリング現象を起こしにくくなり、まっすぐに育ちます。
サークリング?
サークリング現象というのは、ようは、鉢からスポっと苗を取り出したときに、鉢底で真っ白な根っこが、とぐろを巻いている状態のことです。あれって「すごく元気がいい」ことなんだと、思っていましたが、実は、「土を有効活用しきっていない」わけです。理想はトーナメント表のような、規則正しい形です。

そこでスリットが入り、光を入れることでトグロを巻かないようにし、秩序だったトーナメント表のような根の生え方を促せる。余計に長い根を生やさず、効率よく水が吸えるわけです。

でも、まぁ

文章の修正育てるのが難しい植物だったり、生育を急がせたいという場合なら、スリット鉢も良いですが、ガーデニングを楽しみたい、というだけならば、決してルックスの優れているわけではないスリット鉢は、徐々に愛着を失う原因になるかもしれません。

テラコッタや素焼鉢・駄温鉢といった定番のデザインの鉢。グラスファイバーの鉢など利便性とデザインに優れた鉢がありますので、検討してください(詳細は各ページで)。

関連リンク

文章の修正検証など関連リンク
スリット鉢と非スリット鉢で実際に検証しています。一目瞭然の結果に納得。

スリット鉢検証
http://www.masudaengei.com/slit.htm
スリット鉢
http://hanadaisuki.moo.jp/tool/131.html

その他

文章の修正●鉢底に軽石を敷く必要は無い。
培養土でいっぱいにすると、こぼれ出そうですが、水をやっているうちに、出なくなる。
●軽石を鉢底に入れると、スリットの意味が無くなる。
●スリット鉢にモスグリーンが多いのは、鉢温度が上がり過ぎないのと、デザインの両方の都合から。

関係記事・人気記事

ギフトのチューリップの管理方法

ギフトのチューリップの管理方法ギフトのチューリップの管理方法
雑学

オススメの庭木リスト

オススメの庭木リストオススメの庭木リスト
雑学

女の子につける花の名前の一覧

女の子につける花の名前の一覧女の子につける花の名前の一覧
雑学

シネンシス

シネンシスシネンシス
雑学
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用