タイツリソウの育て方

MENU
TOP>ケシ科>タイツリソウ

タイツリソウ(ケマンソウ)

タイツリソウ
科名ケシ科
学名Dicentra spectabilis
別名ケマンソウ
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


夏から冬に地上部が枯れますので、実質人目につくのは春から初夏です。庭植えにした場合、どこに植えたのか分からなくなりますので、間違えて捨てたり掘り返したりしないようにしましょう。

花が何個も連なって咲きます。下から順番に咲き始め、徐々に上がっていきます。一番下の花がしぼんだら切り取って、切花として飾った方が次の花が咲きやすくなります。しぼんだ花に種を作ろうと栄養がまわり、次の花が咲きづらくなります。
スポンサードリンク

水やりと肥料


地上部があるうちは、土が乾いて居たら水をしっかりとやります。真夏は乾燥しないように朝と夕方にしっかりと水をやってください。昼間に水をやると、水が沸騰して根が傷みます。

夏以降になるとタイツリソウは葉っぱが枯れて休眠期に入ります。鉢植えの場合、地上部がなくなると水をやらなくなりがちですが、根は生きています。完全に乾燥しない程度に水ヤリを続けます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

これといった土質を選んだりしません。市販の土で植えてください。

鉢植えの場合は一年に1回植え替えをしてください。その際、株分けもします。タイツリソウは太い根があります。傷つけないように掘り起こしてください。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ケシ科の仲間


ケシ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用