テトラシーカの育て方

MENU
TOP>トレマンドラ科>テトラシーカ
スポンサードリンク

テトラシーカ(テトラティカ・テトラティーカ)

テトラシーカ
科名トレマンドラ科
属名テトラティカ属
別名テトラティカ・テトラティーカ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


テトラシーカは寒さにはある程度の耐寒性があり、冬は日の当たる、土が凍らない、霜が降りない場所なら越冬可能です。軒下で管理するか、日の当たる室内で管理します。

夏越しも可能ですが、冬から春にかけて楽しむ一年草と割り切って育てる方が気が楽です。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をやります。
乾燥に強い方なので、水をやりすぎないようにします。水をやりすぎると枯れてしまいます。

開花時期に液肥をあげるか、ゆっくり効く緩効性肥料をあげます。肥料が無いからと言って枯れることはありませんが、やった方が花つきはよくなります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

2月か3月あたりに店頭に並びます。寒さには強いと言っても霜に当たると傷んでしまう程度なので寒冷地では室内で管理するために鉢植えにします。
関東以西であれば、霜が当たらない場所ならば、戸外で越冬も可能です。

用土は市販の花と野菜の土で植え付けをします。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

<冬>軒下の日当たりで管理します。寒さには比較的強い方なのですが、霜に当たると傷んで枯れてしまいます。

<春>花が終わってからは日当たりで管理しますが、高温と蒸れに弱いので、徐々に半日陰へと移動させます。花が終わったころに一回り大きな鉢に植え替えると良いです、

<夏>夏の暑さと蒸れで傷んでしまいます。日陰の風通しのよい、涼しい場所で管理してください。うまく夏が越えられれば秋にまた新芽が出ます。

<秋>徐々に半日陰、日当たりへと移動させます。

特徴・由来・伝承

オーストラリア産のユキノシタ科の植物です。オーストラリア西部に自生する小型の潅木。下向きに咲く4枚の花びらで出来たベル状の花がわさわさと咲いてくれます。花色はピンクから紫まで。パッと見はボロニアやエリカに似ています。

まだ流通量が少ないのですが、徐々にホームセンターなどでも見かけるようになってきました。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

トレマンドラ科の仲間


トレマンドラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用