http://www.jpmoth.org/Crambidae/Pyraustinae/Ostrinia_furnacalis.html"> http://www.jpmoth.org/Crambidae/Pyraustinae/Ostrinia_furnacalis.html" name="description"/>

アワノメイガ

TOP >病害虫>>管理

アワノメイガについて

文章の修正ツトガ科ノメイガ亜科の蛾で、イネ科の植物を食い荒らす害虫。トウモロコシ・キビ・アワを狙います。特にトウモロコシ栽培者から目の敵にされる。ネットでは、憎悪とある種の親しみ(よく見かけるという意味)を込めて「阿波野さん」と呼ばれますが、「アワノメイガ」は「アワ」「の」「メイガ」ではなく、「アワ」「ノメイガ」なので、間違いっちゃ間違いです。
アワノメイガ
http://www.jpmoth.org/Crambidae/Pyraustinae/Ostrinia_furnacalis.html
スポンサーリンク

性質

文章の修正冬を幼虫の状態でイネ科植物の茎の中で過ごし、春になると、這い出して成虫(蛾)となります。この蛾が春から初夏にかけて「卵」をトウモロコシの葉っぱの裏に産みつけ、この卵が孵って、茎に穴を空けて侵入し、この被害がピークに達するのが8月。
農薬は穂が出るまでには
アワノメイガの卵が孵って、幼虫がトウモロコシ内部に入り込んでしまうと、農薬は効かなくなります。トウモロコシを育てる本を読むと、「穂が出てから農薬を撒く」と書いてあるのですが、これは「普通に育てていると、穂が出る頃に農薬を撒くとよい」という程度の話で、内部に入る前にシャットアウトするためには、トウモロコシの穂がどうこうではなく、アワノメイガの状態如何ということです。日々葉っぱをチェックして、農薬のタイミングを探るのが賢明、かつ、早めの散布が吉です。
入る場所
茎に穴を空けて入り、しばらく食べると、また出て行くというのを繰り返します。なので徐々に穴が大きくなり、一目で「あぁ、やられてるな」と分かります。また、とうもろこしの実のヒゲが出ている穴から入るのでヒゲにも農薬をやります。この穴から入ると「実を食べられる」のは確定です。

抑制栽培について

文章の修正トウモロコシでは、抑制栽培がされます。一般的なトウモロコシでは春に植え付け、夏に収穫ですが、夏に植え付けて、秋に収穫するという方法です。

夏の植え付けといってもお盆過ぎてからの植え付けで、アワノメイガの被害を避けられます。ただし、収穫する実は小さくなります。

春から夏に掛けてはジャガイモトマトを育てて、トウモロコシは抑制栽培で夏に植えて秋に収穫というのが畑の都合からいうと理にかなっているのかも。抑制栽培に適した品種も出ていますので、トウモロコシのアワノメイガ対策として、抑制栽培を一考してみてください。
スポンサードリンク

関連記事

カイガラムシ
[+[まとめ] ●幼虫のうちは薬剤が効くので薬剤を散布する。 ●成虫は薬剤が効かない。 ●ラン以外は歯ブラシでこそぎ落とす。 ●ランの類は傷をつけると病気になりやすいので、歯ブラシでこすらない。 ●ラン類は濡…
ベニモンアオリンガ
幼虫がツツジ・サツキ・シャクナゲのツボミと新芽を食べる。ツツジ類は夏に翌年開花する花芽をつけるが、この花芽を主に食べる。幼虫が穴を開けて入って、内部を食べて、花芽が枯死して、翌年ほとんど咲かなくなる…
ハダニ
ナミハダニ・カンザワハダニ・ミカンハダニ・リンゴハダニなど、多種います。葉っぱの裏などにくっついて、植物の汁を吸います。一匹が非常に小さいので吸うといっても少量なのですが、天敵の居ない環境だと爆発的…
ミノムシ
ミノムシはミノガ科の「蛾」の幼虫のこと。幼虫が作る巣が「蓑(ミノ)」に似ているからミノムシと呼ばれる。ミノムシの方が一般的な呼び名。被害がある樹木はスギ、ヒノキ、イヌマキ、クスノキ、カシ類、サクラ、…
チャドクガ
[+[まとめ] ●ツバキを専門に食害する毛虫。 ●毛に毒があり、触れると痒い。痒みが一ヶ月続く。 ●見た目もエグイ上に毒があり、さらに食害の勢いがすごい。農薬を散布しないと木が丸裸になる。 ●一番の予防は「…
シンクイムシ
[概要] シンクイムシとは、特定の種類の虫ではなく、果実の内部を食害したり、植物の新芽・茎を食害する虫のこと。多くは「蛾」の芋虫だが、シンクイムシと呼ばれる虫は他にもいる。幹の内部を食べるテッポウムシ…
コガネムシ
[概要] コガネムシは狭い意味ではコガネムシ科の「Mimela splendens」を指すが、うちはガーデニングサイトなので、[[植物に害をなすコガネムシ科の昆虫の総称]]として扱います。成虫は葉っぱを食べ、幼虫は土の中…
病気
虫が付いていると、これを補殺するか薬殺するかすればいいのですが、病気に掛っている場合は、ただ病気の部分を取り除けばいいとは限りません。ここでは代表的な園芸で発生する病気をまとめています。
庭の害虫リスト
[ナメクジ] 葉っぱがラメラメと光っていたら、見当たらなくてもナメクジはいると思いましょう。インクや糊が好きなので値段のシールをよく食べます。鉢の裏など日陰に居ることが多いです。 [毛虫(チャドクガ)…
アブラムシ
カメムシ目のアブラムシ上科に属する虫の総称。アリマキという呼び名もあります。地域によってはゴキブリのことをアブラムシと呼ぶことがありますが、無関係です。 [移動能力が低く、天敵にやられやすい] アブラ…

人気記事

ローズマリー
[栽培の概要] ローズマリーはシソ科のハーブ。環境が合えば夏越し・越冬も可能で比較的育てやすい、宿根草のハーブ。手間が掛らないのですが、夏の過湿で枯れたり、冬の霜に何度か当たって枯れたりすることもあり…
蜜源植物
[概要] 蝶々・蛾・蜂・アブなどを寄せる蜜がたくさん出る「蜜源植物」についてまとめています。基本的には花が咲くのであれば花粉・蜜を求めて虫は寄ってくる。もしくは葉っぱに卵を生みつけるために寄ってくる(…
ハイドロカルチャー
[水耕栽培の一種] ハイドロカルチャーというと、赤い粒々(ネオコールとかレカトン・ハイドロボールと言われるもの)が沢山入ったガラス容器に植わった「植物」というイメージですが、「ハイドロ」は水の意味で、…
リュウノヒゲ
[便利なグランドカバー] 日向でも日陰でも半日陰でも、どこでも選ばず育ち、草丈はずっと10センチ前後と非常に低いです。春先に刈り込んでやると、葉っぱが綺麗になりますが、何もしなくても綺麗です。 [雑草が…
庭に生える雑草
このページでは雑草のうちで駆除がそこまで難しくないものをまとめています(個人的な見解)。駆除が難しいものは「★駆除が難しい雑草の一覧」を参考に。 [-[参考リンク]★駆除が難しい雑草の一覧 ★繁殖力が強い植…