品種一覧まとめ(インパチェンス)

TOP > ツリフネソウ科 > インパチェンス > 雑学 > 更新日

インパチェンスの品種について注意事項

インパチェンスの品種について注意事項
文章の修正インパチェンスは育てやすい?
インパチェンスは育てやすい――それはそうなのですが、ツボミがついても、気温、日光、肥料、水の条件次第で、でポロポロと落ちて、どうも「上手くいってるんだか、いってないんだか、分からない」と感じるようです。
品種によってちょっと違うのですが……
八重は夏の暑さと乾燥に弱い傾向がある、斑入りは弱りやすい傾向と、さまざまなことが下の雑記で書いてありますが、品種の違いよりも環境の影響が大きいようで、同じ品種でも家や人によって結果がだいぶ違います。なので隣の家のインパチェンスが綺麗に咲いているのに! 起こさないようにしましょう。
スポンサードリンク

主要品種一覧

文章の修正
備考
カリフォルニアローズ 八重
フィエスタ 八重 暑さに弱い
フィエスタオーレ 八重 小型
パッチワーク 一重
サンパチェンス 一重 夏に強いが水切れ注意
ムジカ 八重
ロマネッタ 八重 日当たりに強い?
ウィリー 八重
エクストリーム 一重

品種雑記

文章の修正●乾燥するとツボミが落ちやすい。八重品種は尚、落ちやすく、ノーブランドものの方が落ちやすい。
●八重は乾燥、温度、日照条件などが厳しい。一重のインパチェンスの方が育てやすい。初心者は一重から
●八重は種が取れない
●一重もブランド物は種子が取れない
●斑入り品種の白い部分には葉緑素が無い(もしくは薄い)ために、生育が鈍く、病気になりやすい傾向がある。
●株の個体差があるのか、環境か土の相性か、八重で日向でも元気な場合もあるし、その逆もある。○○は○○と書いてあっても、合致しないこともある。
ペチュニアビオラ類はブランドものの方が断然生育が良いですが、インパチェンスはノーブランド(品種名の無いもの)でもさほど変わりません。ただ色合いや、ツボミの落ちやすさなどで、違いがあります。

品種の違い

文章の修正●カルフォルニアローズ・フィエスタ、フィエスタオーレは夏の暑さに弱い。名前が「カリフォルニア」だから暑さに強いと思いがちですが、名前負けしています。
●フィエスタシリーズとサンパチェンスがよく流通しています。他の種類はあまり流通していないので、購入する場合はネットが早い
●サンパチェンスは日当たりを好み、一般的インパチェンスは半日陰が適地。同じ場所で育てるとどちらかが痛む。
●ネットではロマネッタやウィリーの評価が高いみたいです(詳細不明)

関係記事・人気記事

サンパチェンス

サンパチェンス(インパチェンス属)
育て方はインパチェンスに準じます。通常のインパチェンスよりも大きくなる傾向がありますので、大きな鉢に植えるといいでしょう。 日光を好みますが、少々日陰であってもかれることはありません。 [夏に注意] …

インパチェンスのツボミが落ちる原因と病気トラブルまとめ

インパチェンスのツボミが落ちる原因と病気トラブルまとめ
インパチェンスは育てやすいもの、ですが。ツボミが落ちる点と夏の暑さで溶ける点(=夏越し)が難点。 あとは、ハダニが発生します。ハダニが発生すると葉が縮れてしまいますが、これは水やりで予防が出来ます。

良い香りがする花一覧

良い香りがする花一覧
オシロイバナやゼフィランサスなどは咲いても香りがするのは夜だけということもありますので、夜になってから匂いを嗅いでみましょう。 [においは色々] 甘い香りもありますが、「香り」に対する印象は個人にもよ…

トマトの連続摘芯栽培

トマトの連続摘芯栽培
トマトを育てるというと一般的には、脇芽をかいて(脇芽を取って)一本仕立てにしてしまいます。この方が管理が楽ですから、初心者は普通にこの一本仕立てをしたほうがよいです。 [でもベランダで一本仕立てじゃあ…
管理用リンク
管理用