カリフォルニアローズ・フィエスタの育て方

TOP > ツリフネソウ科 > ……

カリフォルニアローズ・フィエスタ(バラ咲きインパチェンス)

カリフォルニアローズ・フィエスタ
科名ツリフネソウ科
別名バラ咲きインパチェンス
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
画像の投稿のお願い
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

文章の修正を申請する
カルフォルニアローズ・フィエスタはインパチェンス園芸品種です。インパチェンスより頑健。通常は冬になると枯れる一年草扱いです。インパチェンスよりも夏の暑さに強く、夏越しも比較的楽で、夏に少々花が休んでも秋にはまた咲いてくれます。

花がしぼんだものを「花ガラ」と呼びます。インパチェンスは花が終わると、ポロリと落ちてくれる(セルフクリーニング)ので、花ガラ摘みをしなくていいとよく言われます。実際、花が種を作ることが少ないので、花ガラ摘みをしなくてもよいのですが、花が葉っぱに落ちて、それが葉っぱにこびりついてみっともなかったり、葉っぱに絡んで水を含んで腐って病気の元になることがありますので、出来れば花ガラは摘んで下さい。
まとめ
●カルフォルニアローズ・フィエスタはツリフネソウ科のインパチェンスの園芸品種。
●土が乾いていたら水をやります。
●開花しているときは肥料をやる。ただし真夏はやらない。
●日当たりか半日陰で管理する。真夏は半日陰に移動するか、ずっと半日陰で管理する。
●植え付けの時に根を傷つけないようにする。
スポンサードリンク

水やりと肥料

文章の修正を申請する
土が乾いていたら水をやります。水を好むタイプで、水が切れると葉っぱがしんなりとなりますので、水が切れないようにします。土が乾いていないうちに水をやっていると根腐れします。しっかりと土が乾燥してから水をやるようにしてください。水をやるときは鉢の底から水が出てくるくらいにシッカリとやってください。

夏に高温で乾燥しやすいです。朝と夕方の二回水をやってもまだ水切れするようならば、風通しの良い半日陰に移動させてください。

冬は枯れてしまいます。
肥料
開花しているときに肥料をやります。肥料が切れると開花が止まります。開花時期に液体肥料を週に一回か、緩効性固形肥料を月に一回やります。真夏は暑さで開花が止まるので肥料をやらないようにします。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正を申請する
用土
一般的な花と野菜の培養土か、自作する場合は赤玉土6腐葉土4を混ぜたものを使います。インパチェンス専用の土というのもあります。
植え付けの時は根を傷つけないように
プランターや鉢に苗を植えるときに、根を傷つけないように植えてください。カルフォルニアローズ・フィエスタは直根性といって、太い根が生えています。この根が傷つくと、成長不良を起こします。ポットから取り出したら、土を払わずにそのまま植えつけて周囲に土を回しこんで固定します。根を傷つけないように、土をグっと押さえないでください。

直根性なので移植は難しいです。一旦植えたら移動できないと考え、植える場所を検討して下さい。
●ポット植えのままで長期放置しておくと植え替えても、根が付きにくくなります。
●どうしても植え替える必要がある場合、土を払わずに一回り大きな鉢にすっぽりと入れれば、植え替えることは出来ます。ようは根を傷つけないようにすればいいです。

植え付け方法
鉢はできるだけ大きなもの。8号鉢か10号鉢に1苗。横長プランターには向いていない。鉢底の穴を網で塞いで、2センチほど軽石を入れ、その上に用土を入れて、根を傷つけないように株を入れて、隙間に用土を入れます。最後に水をやって完成です。

管理場所・日当たり

文章の修正を申請する
カルフォルニアローズ・フィエスタは日当たりのいい場所か半日陰で管理します。
もっとも適しているのは半日陰です。半日陰は一日のうちで数時間だけ日が当たるような、例えば建物の東側などか、木漏れ日が指す場所です。
フィエスタは他のインパチェンスよりも暑さ・直射日光に強い方なので、日当たりでも構いませんが、暑さのあまり半日陰に比べると花が少なくなります。

育てる上でのコツ

文章の修正を申請する
摘心
ポットを植えて、しばらくしてから摘芯をします。
摘芯は植物のつるの先を切ることで脇芽を出させて、結果株を大きくすることです。ポットを植えた直後は苗が環境変化に対して戸惑っているので、一週間ほど経ってから摘芯します。
剪定
茎が間延びした場合は、仕立てたいと思う形に合わせて茎を切ります。
これには摘芯の効果もありますので株が大きくなりますし、一度にバッサリと切り戻しをすると回復するのに時間がかかります。
管理用リンク
管理用