ツリフネソウの育て方

MENU
TOP>ツリフネソウ科>ツリフネソウ
スポンサードリンク

ツリフネソウ(釣船草・吊舟草)

ツリフネソウ
科名ツリフネソウ科
属名ツリフネソウ属
別名釣船草・吊舟草
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

半日陰の湿った場所や、水辺の近くに生える一年草。細い茎に独特な花を咲かせる。

春から夏に掛けて苗を購入して植え、夏が終わりかけたころに花が咲き、冬には枯れます。花に種が出来ると、はじけて周囲に飛び、それが翌年の春に芽を出します。一度植えると毎年生えてきます。
まとめ
●一年草だがこぼれダネで来年も生える。
●乾燥に弱く、半日蔭が適しています。
●野趣があり、派手で無い。育てるのは難しくないが、玄人好み。

水やりと肥料

乾燥に注意
土が乾いて居たら水をしっかりとやります。ツリフネソウは湿潤な土をこのみ、乾燥に弱いので、水が切れないようにしてください。
肥料
肥料は春と秋に固形肥料をやるか、生育時期(春から秋)に液体肥料を一ヶ月に二回か三回あげます。肥料はさほど必要ではありませんので、ひょろ長くなったり葉っぱばかりが茂るようであれば、肥料を止めてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

土は市販されている「花と野菜の土」か赤玉土6に腐葉土4を足した保水する土。日本に自生する植物なので、庭植えします。鉢植えにしても、種が飛び散るので、翌年からは鉢の外からツリフネソウが生えてくる。

管理場所・日当たり

半日蔭が適地
半日陰が適しています。日が強いと乾燥しやすいのでツリフネソウには適していません。また直射日光が強いと葉っぱが焼けて痛みます。

特徴・由来・伝承

インパチェンスホウセンカの仲間で、一年草。実が熟すと、はじけて種子を飛ばして、翌年も芽を出す。花の時期は8月~9月、暖地では9月~10月。和歌では晩夏から秋の季語。

育てるのは環境が合えば簡単。趣味の問題ですが、野趣のある姿は初心者に向かないかもしれません。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ツリフネソウ科の仲間


ツリフネソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用