ストロベリーポットの植え方のコツ

MENU
TOP>ガーデニング基礎知識(中級編)>ストロベリーポット
スポンサードリンク

ストロベリーポットの植え方のコツ

まとめ
●ストロベリーポットは本来はイチゴ専用の鉢。
●見た目が面白いので、イチゴ以外のものも植えることが増えている。
●似たようなものでハーベリーポットがある。ハーベリーポットの方が便利。
●ストロベリーポットの穴の上半分は網で塞ぐ。網で塞がないと水やりのたびに土が流れ出る。
●イチゴを植える場合は、一番上の穴に苗を植えて、ランナーが伸びたら、それを別の穴に誘引して発根させる。
●来年までにはストロベリーポット全体にいちごの株が広がり、収穫ができる。

ストロベリーポットとは

ストロベリーポットとはいちご用の鉢
ストロベリーポットとはイチゴを栽培するために開発された鉢のこと。
いちごは花が咲くと果実ができて、その果実が地面に当たると簡単に痛んで食べられなくなります。また、雨に当たると泥はねで、炭そ病などが広がります。そこで果実が地面につかないように作る工夫がストロベリーポットです。それでこの奇妙な形をしている訳です。
●いちごの苗を密生させない目的もある。密生すると病気になりやすい。ストロベリーポットは適している。

ハーベリーポット
ストロベリーポットの別タイプの「ハーベリーポット」ってのもあります。これは重ねられて、ストロベリーポットの用途を満たしつつ、管理が楽でさらに便利。
ストロベリーポットはイチゴ以外でも
見た目の面白さと、複数の種類の植物を一つの鉢で育てられることから、ベランダガーデニングで利用されます。
スポンサードリンク

ストロベリーポットの植え付けのコツ


土が溢れる
ただただ普通に植え付けると、水をやるたびに、中の土が溢れで流れ出ていきますので、植え付ける時にちょっと工夫をしないといけません。
網で土が溢れでないように
ストロベリーポットの窓がありますよね。あそこの窓の穴の上半分に必ず「網」をつけます。網はホームセンターで売っています。鉢底の穴から土が溢れないように敷く網です。あれで穴の上半分を塞いで土が流れでないようにします。下半分は植物の根が入るように網をしません。

イチゴを植える方法


上の穴にイチゴの苗を植える
ストロベリーポットの一番上のところにイチゴの苗を一つ植えます。育てていると、春にそのイチゴに果実がなり、収穫が終わると、果実がなった側とは反対側から「ランナー」が出ますので、そのランナーをストロベリーポットの別の穴に誘引していきます。ランナーは葉っぱの根元を土に触れさせていると発根して株が増えます。針金をU字に曲げて、土に刺して発根させます。発根させると、ランナーが伸びますので、そうしてまた伸びたランナーを次の穴に誘引させて、最後にはストロベリーポットの全体に株を広げていき、来年は全体に果実が出来るようにします。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ガーデニング基礎知識(中級編)の仲間


ガーデニング基礎知識(中級編)の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用