ゴールドクレストの種類と性質の違い

TOP > ヒノキ科 > ゴールドクレスト > ゴールドクレストの管理 > 更新日

ゴールドクレストの種類と性質の違い

文章の修正
まとめ
●日本で主に見られるのは三種。
●普通のゴールドクレストと、ゴールドクレスト・ウィルマゴールドクレスト・オーレア
●ゴールドクレストはカリフォルニア出身で日本の気候に合ってないことが多い。環境が合えば大きく育つ。
●ウィルマは葉っぱが細く密になって、日本の夏の暑さに弱い。
●オーレアは葉っぱの色が黄色で成長が遅いが、それ以外は普通のゴールドクレストとほぼ同じ。
スポンサードリンク

ゴールドクレスト

ゴールドクレスト
文章の修正ノーマルなゴールドクレスト
ゴールドクレストとはアメリカのカルフォルニアに自生している「モントレーイトスギ」の園芸品種のこと。昔はこの「ゴールドクレスト」が主に流通していたのですが、もっと葉っぱの色の濃くて、葉っぱが密生している「ゴールドクレスト・ウィルマ」が流通するようになってからは、ウィルマが主に流通しています。
庭植に植えるのはこのゴールドクレスト。

他のページにも書きましたが、とにかく、夏の蒸れに弱く、また、冬の寒さにも決して強くないことから、人気の割に枯れやすい。自生地がカリフォルニアで冬は温暖(平均気温が冬でも15度で10以下になることはほとんどない)で、夏は日本のように「蒸し暑く」はないので、とにかく日本では気候が適していない。

自生地では15mほどになるのですが、日本では風に倒れやすいため、そこまで大きくはならない。なる前に倒れる。

ゴールドクレスト・ウィルマ

文章の修正室内用のゴールドクレスト
通常のゴールドクレストから改良されたものだと思います。通常のよりも、葉っぱが細く、密に生えることから、見た目が良いです。現在、一番流通しているんだと思います。
しかし、葉っぱが密に生えることで余計に蒸れやすく、水の吸い上げが多く、水切れを起こしやすい(通常のに比べると)。また病害虫にも弱い。また矮小種で最高樹高は2mほどとされています。それで、「室内用」として流通しています。観葉植物としては優秀だと思います。寄せ植えによく利用される。小さなクリスマスツリーで使うのはコレ。

ゴールドクレスト・オーレア

文章の修正葉緑素の少ないゴールドクレスト
オーレアというのは「金色」のこと。葉緑素が薄くて、色合い金色・・・というか黄色に見える品種。葉緑素が少ないためか、成長が遅く、また流通量も少ない。成長が遅い→挿し木してもなかなか増えない→流通しづらい、ってことだと思います。
性質はウィルマとは違って地域によっては戸外で十分育つ。ただ、大きくなりすぎると風で倒れるのは変わらない。

関係記事・人気記事

ゴールドクレスト・ウィルマ

ゴールドクレスト・ウィルマ(イトスギ属)
[+[まとめ] ●ゴールドクレスト・ウィルマはヒノキ科の常緑高木の針葉樹(コニファー)。ゴールドクレストの改良版で葉っぱが密に育つ。 ●室内で育てる。 ●庭植えにするのは「通常のゴールドクレスト」。 ●土が…

ゴールドクレストが枯れる原因と対処法のまとめ

ゴールドクレストが枯れる原因と対処法のまとめ
ここではゴールドクレストの枯れる原因についてまとめています。ゴールドクレスト・ウィルマの育て方(用土・植え付け・水やり・肥料などの詳細)はそちらで。 [+[まとめ] ●暖かいカリフォルニア出身で実は寒さに…

オリーブの葉が枯れてきた

オリーブの葉が枯れてきた
[+[まとめ] ●オリーブは乾燥に強いだけで、水は欲しがる植物。水が少ないと葉っぱが黄色くなって落ちます。 ●木を固定するのに針金を巻いている場合があります。これを外さないと、成長を阻害したり、食い込んで…

ミニヒマワリ

ミニヒマワリ
ミニヒマワリ(矮性ヒマワリ)は小さく育つように品種改良したものか、大きくならないように薬品処理したもの。性質はヒマワリと同じ。境目はかなり曖昧。丈が80センチ以下くらいで「ミニひまわり」「矮性ヒマワリ…
管理用リンク
管理用