ゴールドクレストの種類と性質の違い

MENU
TOP>雑記>ゴールドクレストの種類と性質の違い
スポンサードリンク

ゴールドクレストの種類と性質の違い

まとめ
●日本で主に見られるのは三種。
●普通のゴールドクレストと、ゴールドクレスト・ウィルマ、ゴールドクレスト・オーレア。
●ゴールドクレストはカリフォルニア出身で日本の気候に合ってないことが多い。環境が合えば大きく育つ。
●ウィルマは葉っぱが細く密になって、日本の夏の暑さに弱い。
●オーレアは葉っぱの色が黄色で成長が遅いが、それ以外は普通のゴールドクレストとほぼ同じ。

ゴールドクレスト


ノーマルなゴールドクレスト
ゴールドクレストとはアメリカのカルフォルニアに自生している「モントレーイトスギ」の園芸品種のこと。昔はこの「ゴールドクレスト」が主に流通していたのですが、もっと葉っぱの色の濃くて、葉っぱが密生している「ゴールドクレスト・ウィルマ」が流通するようになってからは、ウィルマが主に流通しています。
庭植に植えるのはこのゴールドクレスト。

他のページにも書きましたが、とにかく、夏の蒸れに弱く、また、冬の寒さにも決して強くないことから、人気の割に枯れやすい。自生地がカリフォルニアで冬は温暖(平均気温が冬でも15度で10以下になることはほとんどない)で、夏は日本のように「蒸し暑く」はないので、とにかく日本では気候が適していない。

自生地では15mほどになるのですが、日本では風に倒れやすいため、そこまで大きくはならない。なる前に倒れる。

ゴールドクレスト・ウィルマ

室内用のゴールドクレスト
通常のゴールドクレストから改良されたものだと思います。通常のよりも、葉っぱが細く、密に生えることから、見た目が良いです。現在、一番流通しているんだと思います。
しかし、葉っぱが密に生えることで余計に蒸れやすく、水の吸い上げが多く、水切れを起こしやすい(通常のに比べると)。また病害虫にも弱い。また矮小種で最高樹高は2mほどとされています。それで、「室内用」として流通しています。観葉植物としては優秀だと思います。寄せ植えによく利用される。小さなクリスマスツリーで使うのはコレ。
スポンサードリンク

ゴールドクレスト・オーレア

葉緑素の少ないゴールドクレスト
オーレアというのは「金色」のこと。葉緑素が薄くて、色合い金色・・・というか黄色に見える品種。葉緑素が少ないためか、成長が遅く、また流通量も少ない。成長が遅い→挿し木してもなかなか増えない→流通しづらい、ってことだと思います。
性質はウィルマとは違って地域によっては戸外で十分育つ。ただ、大きくなりすぎると風で倒れるのは変わらない。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

雑記の仲間


雑記の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用