プリンセスアレキサンドラオブケント

TOP >バラ科>薔薇>>管理

プリンセスアレキサンドラオブケント(イングリッシュローズ )

プリンセスアレキサンドラオブケント
科名バラ科
属名バラ属
学名rose Ausmerchant
別名イングリッシュローズ
水やり水を好む
場所外の日なた
難易度上級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. プリンセスアレキサンドラオブケントの育て方
  2. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

プリンセスアレキサンドラオブケントの育て方

プリンセスアレキサンドラオブケントの育て方

プリンセスアレキサンドラオブケントの育て方
文章の修正概要
バラ・プリンセスアレキサンドラオブケント(Princess Alexandra of Kent )はバラ科イングリッシュローズの品種。2007年の作出。「プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント」という名前はエリザベス2世のいとこの「アレキサンドラ女王」のこと。彼女はガーデナーでありバラ愛好家だった。

紅茶の香りが徐々にレモン香へと変化する。
外側の花びらが淡いピンクで、内側がピンクの大輪でとにかく綺麗。花びらが厚く繊細ではないが、グラデーションが美しい。大輪なのに数輪の房咲きをするのでかなりのインパクトがある。しかも春から秋までしっかり返り咲く完全四季咲き。ただし夏は花が小さめになる(これはしょうがない)。ディープカップ咲きからロゼット咲きに変化する。シュートが伸びて先が垂れる。シュートにも花をよくつける。
耐病性・大輪・花の美しさ・返り咲き・強い香りとイングリッシュローズの中でも優れているが、一点問題があるとするとボリュームが不足するところ。そこで二株をまとめて植えるとちょうどいい。大輪でよく開花するので肥料をしっかりとやる。肥料が不足すると花が減り、病気にもかかりやすくなる。
性質四季咲き・返り咲き ディープカップ咲き 花壇 鉢植え 耐病性(黒星病・ウドンコ病) 初心者向き
花径12cmダマスク・ティー・フルーツ 強香
樹高125cm横幅170cm
樹形シュラブ樹形 横張り
作出者デビット・オースチン

育て方の詳細は…イングリッシュローズを参考に。
苗の基礎知識…新苗・大苗(二年生苗)・鉢苗の違い
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

バラの咲き方のタイプ別まとめ
バラの栽培
モッコウバラ
バラ科バラ属
ミニバラ
バラ科
オリビアローズオースチン
バラ科バラ属
クレアオースチン
バラ科バラ属
イングリッシュローズ
バラ科バラ属
バラの癌腫病
バラの栽培
ジュードジオブスキュア
バラ科バラ属
バラの新苗・大苗(二年生苗)・鉢苗の違い
バラの栽培
フロリバンダ
バラ科バラ属
モーティマーサックラー
バラ科バラ属
薔薇
バラ科バラ属
ザポエッツワイフ
バラ科バラ属
ロアルドダール
バラ科バラ属
バラの病害虫とその薬剤の一覧・まとめ
バラの栽培
ツルバラ
バラ科
バラの冬剪定
バラの栽培
セプタードアイル
バラ科バラ属
グラハムトーマス
バラ科バラ属
レッチフィールドエンジェル
バラ科バラ属
スポンサーリンク