ジアレンウィックローズ…コーラルピンクの花びらが詰まったディープ&シャローカップ

TOP > バラ科 > バラ > 更新日

ジアレンウィックローズ(イングリッシュローズ )

ジアレンウィックローズ
科名バラ科
属名バラ属
学名rose Ausgrab
別名イングリッシュローズ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度上級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

ジアレンウィックローズの育て方

ジアレンウィックローズの育て方
文章の修正概要
バラ・ジアレンウィックローズ(The Alnwick Rose )はバラ科のイングリッシュローズの品種。2001年に発表された。「アレンウィックガーデン」はイギリスのノーサンバーランド州の庭園で、この庭園を作った公爵夫人に因んで名付けられています。
コーラルピンクの花びらがギッシリとつまったディープカップ咲きからシャローカップ咲きになる。ロゼット咲きにも見えるのでカタログ(タグ)にはロゼット咲気になっている場合も。1輪から3輪で房咲きする。大輪の割に上を向いて開花する。香りはオールドローズの香りにラズベリーの香りが混じる。秋にもシュートが出て、樹形を乱す。邪魔なら根本から切ってしまうが、開花させるのであれば摘芯すれば来年は開花します。枝にはトゲが少ない。樹高が低く、ブッシュ樹形と育てる。鉢植えでも育てやすく、鉢植えでも4回か5回開花するくらいよく開花する。
耐病性はあるが普通程度なので薬剤の散布は一ヶ月に3回か4回必要です。
性質四季咲き 返り咲き シャローカップ咲き ディープカップ咲き ロゼット咲き 八重咲き 花壇 鉢植え 耐病性(黒星病・ウドンコ病) 初心者向き トゲは少ない
花径10cmダマスク ティー 強香
樹高125cm横幅75cm
樹形シュラブ樹形(ブッシュ樹形に近い) 直立性
作出者デビット・オースチン

関係記事・人気記事

バラ

バラバラ
バラ科
(バラ属)

フロリバンダ

フロリバンダフロリバンダ
バラ科
(バラ属)

ミニバラの植え付け・鉢増のまとめ

ミニバラの植え付け・鉢増のまとめミニバラの植え付け・鉢増のまとめ
バラの栽培

ツルバラ

ツルバラツルバラ
バラ科
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用