テスオブザダーバービルズ…クライミング樹形に仕立てられることが多いクリムゾンレッドの八重咲き品種

TOP > バラ科 > バラ > 更新日

テスオブザダーバービルズ(イングリッシュローズ )

テスオブザダーバービルズ
科名バラ科
属名バラ属
学名rose Ausmove
別名イングリッシュローズ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度上級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

テスオブザダーバービルズの育て方

テスオブザダーバービルズの育て方

テスオブザダーバービルズの育て方
文章の修正概要
バラ・テスオブザダーバービルズ(Tess of the d'Urbervilles )はバラ科のイングリッシュローズの品種。1998年に発表。テスはイギリスの小説家の「テス」の主人公の美少女のこと。貧しい家庭の少女テスはダーバヴィル家の使用人として奉公することになる。この物語に因んだ名前。
明るいクリムゾンレッドの八重咲き。花びらは110枚と多い。咲きはじめはディープカップ咲きで、徐々に花びらが反り返って開くと、花の形は乱れる(ように見える)。うつむいて咲く。葉っぱが大きい。
ブッシュ樹形にも仕立てられるが一般的にはクライミング樹形に仕立てる。株元の茎は強く上へと伸びて、壁やフェンスに寄りかかる。
病気耐性は強い方で株が充実してくると農薬は少なくて済むか、ほとんどなくてもいい。耐暑性・耐寒性に優れていて、夏も開花しやすい。
性質八重咲き 繰り返し咲き カップ咲き 花壇 鉢植え 耐病性(黒星病・ウドンコ病
花径8cmダマスク 強香
樹高125cm(ブッシュ樹形)か200cm(ツル樹形)
横幅1m(ブッシュ樹形)か225cm(ツル樹形)
樹形ツル樹形(クライミング樹形 ランブラー樹形) 直立性
作出者デビット・オースチン

関係記事・人気記事

バラ

バラバラ
バラ科
(バラ属)

フロリバンダ

フロリバンダフロリバンダ
バラ科
(バラ属)

ミニバラの植え付け・鉢増のまとめ

ミニバラの植え付け・鉢増のまとめミニバラの植え付け・鉢増のまとめ
バラの栽培

ツルバラ

ツルバラツルバラ
バラ科
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用