オブリザタムの育て方

MENU
TOP>ラン科>オブリザタム
スポンサードリンク

オブリザタム(オンシジュームオブリザタム)

オブリザタム
科名ラン科
別名オンシジュームオブリザタム
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


5月~10月くらいまでは戸外の風通しの良い明るい日陰で管理するといいです。直射日光…特に真夏の日差し…を避けてください。ランとしては寒さに弱いほうですが、冬さえ越せれば開花し易いランです。

水やりと肥料


オブリザタムの水やり注意点
基本的にミズゴケが乾いて居たら水をやります。ジョウロなどで水をやるよりも、霧吹きでミズゴケを濡らす方が適しています。ジョウロで水をタップリやると、余った水が受け皿にたまり、その水が腐って病気の元になることも。受け皿の水はマメに捨てて下さい。

葉っぱにも霧吹きを
オブリザタムに限らずラン類は熱帯雨林の湿度の高い環境で育ちます。葉っぱにも霧吹きで掛けてやると生長が早まりますし、もともと根から水を吸い上げる力は弱いので、根だけにやっていると乾燥してしまいます。特に室内で冷暖房を掛けていると空気が乾燥しやすく、葉っぱが沢庵のようにシワシワになってしまいます。
是非、葉っぱにも霧吹きを。

春と秋の水やり
春と秋の生育期は成長しますので水を吸い上げる力がありますので、ミズゴケが乾いていたら、水を鉢底から染みだすくらいにしっかりとやってください。

夏の水やり
真夏は暑すぎて生育が止まります。朝と夕方の二回、毎日やります。日中に水をやると水が沸騰して根を痛めます。秋以降は水やりをゆっくりと気温に合わせて減らしてやります。

冬の水やり
冬はミズゴケが乾燥してから数日たってから水をやります。冬の水やりは管理場所によってハッキリとした目安はありませんが、二週間に一回程度と考えてください。部屋によっては乾燥することもありますのであくまで目安です。冬はミズゴケへの水やりは控えますが、葉っぱへの霧吹きは行ってください。

オンシジュウムはランとしては頑健な方ですが、植物としては寒さに決して強いわけではありません。冬場を乾燥気味に管理することで耐寒性が上がりますので、水は控えめにしてください。

春から秋に液肥を
春に新芽が伸びてから秋にかけて液肥をあげます。冬は生育が止まっているので一切肥料を与えません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢から根がはみ出したり、ミズゴケが腐っていたら、植え替えを考えます。

植え替えはミズゴケで
新しいミズゴケを用意し、株を取り出して、腐ったミズゴケをピンセットで取り、黒くなった根をハサミで切ってきれいにします。これを新しい鉢に植え替えます。

発泡スチロールは再利用しましょう
オンシジューム・オブリザタムの鉢の中に発泡スチロールが入っていた場合は、植え替えるときもこれを使ってください。発泡スチロールは通気性、水はけ、全体を軽く仕立てるという点に於いて優れた材料です。全てミズゴケで鉢の中を埋めてしまうと、根が腐って枯れやすいです。

管理場所・日当たり

冬は10度以上
オンシジュウムは寒さに強いランではありますが、5度以上、できれば10度以上の場所で管理してください。人が生活している場所が大体そのくらいの気温になっています。

春からは戸外も
気温が15度以下にならなくなったら、戸外で管理しても構いません。直射日光が当たると葉っぱが焼けるので、戸外で管理するときは半日陰か、明るい日陰で管理して下さい。夏は直射日光が強いので必ず日陰で管理します。

室内ならカーテン越しの日当たりへ
年間を通して室内で管理することも出来ます。

特徴・由来・伝承

今までよくみたオンシジュウムのオブリザタム品種です。通常のオンシジュウムよりも花が細かく、繊細で鮮やかな印象を受けます。黄色いカスミ草に見える……なんて言う人もいます。育て方はオンシジュウムのページも参考にしてください。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ラン科の仲間


ラン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用