コアカソ(小赤麻)

TOP > イラクサ科 > 管理
コアカソ
x最終更新
植物名
コアカソ
科名
イラクサ科
属名
ヤブマオ属
学名
Boehmeria spicata
別名
小赤麻
水やり
水控え目
場所
外の半日蔭
難易度
中級者向け
コアカソの開花時期…月別スケジュールです。
目次
コアカソ(小赤麻)とは?
サビ病の中間宿主
関連記事・タグ
スポンサーリンク

コアカソ(小赤麻)とは?

コアカソ(小赤麻)は四国・本州・九州に自生するイラクサ科ヤブマオ属の落葉低木。丈が低いので草っぽいが樹木です。雌雄同株、雌雄異花。地味なモコモコした赤い花が夏〜初秋に開花する。

一年目は緑の茎で、2年目以降に茎が木質化する。草刈りをして上部を刈ると、緑の茎の状態しか見ないため、草だと勘違いしがち。

近縁にあたる植物のアカソ(赤麻)、クサコアカソ(草小赤麻)は草。コアカソとクサコアカソの交雑種ではないかとされるオオバコアカソは中間の性質です。
樹高1m〜2m
スポンサーリンク

サビ病の中間宿主

コアカソはサビ病の中間宿主でベゴニアシュウカイドウのサビ病の原因となり、近隣の1.5km〜2.0km圏内にコアカソがある場合、ベゴニアがサビ病にかかる。コアカソを圏内から駆除することは実際には不可能ですが、ベゴニア栽培をしている方は知識として持っているといいです。

サビ病はカビが原因となる植物の病気で、サビのような赤褐色の病変が発生し、胞子を飛ばして、感染が広がっていきます。その胞子が中間宿主であるコアカソに移り、コアカソで越冬します。そして春になると、風にのってコアカソからベゴニア、シュウカイドウに寄生します。コアカソにうつるのですが、コアカソでは発症しないため、ベゴニア、シュウカイドウがただただ被害に会います。

ちなみにサビ病は9度〜18度で活動するため、夏と冬は活動が止まります。
サビ病(錆病)の予防と薬剤の紹介
サビ病(錆病)の予防と薬剤の紹介
病害虫
スポンサーリンク
記事が気に入ったら拡散をお願いします。
はてブ LINE

コアカソのカテゴリ・タグ

落葉低木ベゴニア

イラクサ科

関連する花BBSの投稿

関連するユーザーの記事

スポンサーリンク