植え替えの理由

TOP > ガーデニング基礎知識・雑学 > 更新日

植え替えをする理由

文章の修正観葉植物でも、その他花鉢でも、何年かに一回か一年に一回か、植え替えをしなくてはいけません。

植え替えをする理由としては、土に含まれていた「肥料」が消費されて不足状態になるということがあります。また、根が張って窮屈になったり、根が増えてしまい水もちが悪化するか、もしくは土の粒が劣化して潰れてしまい、逆に水もちが良くなりすぎる、ということもあります。また、土の中で虫や雑菌が繁殖してしまい植物の生育環境として向かない土になった。などなどです。

目安としては観葉植物は二年か三年に一回。花鉢は毎年です。植物によっては移植が出来ない・・・植え替えが出来ない植物もありますので、よく調べておきましょう。
スポンサードリンク

手順

文章の修正あくまで一般的な手順です。

●古い鉢から土ごと植物を引っ張り出します。
足でゴンゴンと蹴って揺さぶると、隙間が出来て徐々に緩んで抜けやすくなります。あまりに抜けない場合は鉢をハンマーなどで叩き割ることもあります。

●根から古い土を落とします。
古い土には虫や雑菌などが居ますので出来るだけ落とします。ふるい落とすだけで大抵は大丈夫です。

●新しい鉢の底に軽石か赤玉土か、ネットを置きます。
これは鉢底から土が流れ出ないようにするためのものです。

●軽石の上にまず、新しい土を敷き、その上に植物を置き、土を周りから詰めていきます。
あまり土を押さえつけて根を傷つけないようにしましょう。

時期

文章の修正観葉植物の場合は最低気温が15度以上になる5月から9月あたり。最適なのは4月から5月の植物が芽吹く前くらい。

樹木の場合は落葉している時期に行います。

花が咲いているときは基本的に植え替えはしません。花にエネルギーを使っているので植え替えのストレスに耐え切れず傷んでしまったり、枯れることもあります。

関係記事・人気記事

切り戻し

切り戻し
[脇芽を出して花数を増やす] 植物はそのままに育てていると、脇芽を伸ばさずに上へ上へと伸びていきます。このままだと花が先端に咲くだけで花が少なくなってしまいます。そこで、つるの先を切ってしまうことで、…

古い土の処分方法(初心者向け)

古い土の処分方法(初心者向け)
[+[まとめ] ●古い土は雑菌・虫が繁殖し、肥料が偏っていて植物を植えると問題が起きる。 ●なので植え替えをするたびに古い土が発生する。 ●古い土は処分しなくちゃいけない(リサイクルする場合は自宅で出来る古…

100円ショップの安い土はダメか?(初心者向け)

100円ショップの安い土はダメか?(初心者向け)
[使わない方がいいです] 100円ショップの土は配合している内容に問題があることが多いので利用しない方がいいです。ちょくちょく問題が発生しています。 [そもそもそれほど安くないのです] 園芸専門店では…

春から夏の定番

春から夏の定番
春に植えて春から夏の間に開花、もしくは見頃・収穫することになる植物を集めました。あくまで定番の植物で、あまり一般的ではないけども、育てやすいというものは入っていません。ニンジンボクなんて夏の暑さと乾…
管理用リンク
管理用