ストレプトカーパス・スノーフレークの育て方

MENU
TOP>イワタバコ科>ストレプトカーパス・スノーフレーク
スポンサードリンク

ストレプトカーパス・スノーフレーク(ウシノシタ)

ストレプトカーパス・スノーフレーク
科名イワタバコ科
属名ストレプトカルプス属
学名Streptocarpus
別名ウシノシタ
みずやり水控え目
場所室内
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

セントポーリアの仲間。日陰で管理。室内で管理して下さい。寒さには一定の耐性がありますが、霜に当たると枯れます。

花が終わると枯れる
ストレプトカーパスの一枚葉タイプのあの巨大な葉っぱは「双葉の一枚」です。一般的な植物は種を撒くと、まず双葉が出ます。そのあとに本葉出るのですが、双葉と本葉は形が全く違います。双葉は芽を出すためのスペースシャトルのブースターのようなものです。この一枚葉のストレプトカーパスはこの双葉の一枚だけが発達して、本葉が生えないものです。
花が終わったらマメに摘む
一枚葉のストレプトカーパスは花が咲き終わり、種が出来ると枯れてしまいますので、傷んだ花はマメに摘んであげます。
花を摘んでいると次の花が出てきます
しぼんだ花を摘んでいると、葉の葉脈に沿って花茎が伸びて新しく花が咲きます。大きな葉は増えたりしませんが、この花が終わっても次が出ます。ちゃんと管理してあげてください。
観賞用です
育てるというよりは鑑賞し終わったらそれでおしまいと考えた方がいいです。葉っぱが異常に大きいこともあり、家庭で育てるのは不向きな植物です。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾燥していたら水をやります。葉っぱに水が掛からないように土に水を注ぎます。葉っぱに水がかかり、そのまま放置しておくと葉っぱが腐ってしまいます。

冬は水遣りを控えます。土が乾いてから数日たって水をやる程度です。

植え付け・植えかえ・種蒔き

種を撒いて育てます。

管理場所・日当たり

越冬温度は5度以上。

年間を通して日光が必要ですが、強い光では枯れてしまいます。セントポーレアのように「レース越し」の日光を年間を通して当ててやります。

春・夏は日陰、秋・冬は半日陰くらいの日光を好みます。

特徴・由来・伝承


なんだこれは!と花屋さんでも声をあげてしまう妙な形。一枚の大きな葉っぱに茎がヒョロっと伸びて花を咲かせています。どうやって作ったんだろう?と思っていたのですが、どうやら「こういうもの」らしいです。

有茎種と無茎種
ストレプトカーパスに関わらず、クリスマスローズなどにも有茎種と無茎種があります。この二者の違いは根から花と葉っぱが別々に生えるか(無茎種)、それとも根から茎が生えて茎に葉っぱと花が生えるか(有茎種)というもので、言葉で言うとどっちでもいい感じになりますが、植物が生える上では全く違うものになります。有茎…つまり茎がある場合は、上へ上へと成長し、大きくなれば根も成長します。一般的な植物と言えます。

無茎種は一般的には「ロゼット」タイプと言った方が分かりやすいかと思います。このロゼットタイプの葉っぱが一枚だけ異様に発達したものが「一枚葉」タイプとして流通しています。葉っぱの質感はゴツゴツとしていて肉厚、種類によっては渋い色だったり、艶があったり、気味が悪い!と思う人もいますが、その姿かたちにマニアックなファンもいるとか。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

ストレプトカーパス・スノーフレークの日記

イワタバコ科の仲間


イワタバコ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用