クリスマスローズの育て方(植え替えや肥料や管理場所や手入れのコツ)

MENU
TOP>キンポウゲ科>クリスマスローズ
スポンサードリンク

クリスマスローズ

クリスマスローズ
科名キンポウゲ科
属名ヘレボルス属
学名Helleborus
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


育て方まとめ
水やりは乾燥気味に。土が乾いてからやること。
●植え替え用土クリスマスローズの土というのがあるので、それを利用するのが便利。
●寒さに強いといっても、霜に当たると花が痛むし、霜柱で根を傷つけられると弱る。霜よけ・マルチングがあった方がいい。
●夏の暑さには弱い。夏は日陰で管理しないといつのまにか消えて無くなる。
初心者は鉢植えから挑戦しましょう。
●11月から12月前後に古い葉を取り除く。
●いろいろ書いてあるけど、育てるのは簡単。案ずるより産むが易し。昔より単価は安くなってるし、失敗しても傷つかないから、とにかくやってもみる。
注意!クリスマスローズは毒草・作業のときは手袋を


寒さに強い冬の女王
寒さには強く、霜に当たっても傷みはしますが、枯れることはありません。とはいえ、できれば、低木の足元に植えるか、簡単な霜よけがあるといいです。寒さに強く霜に当たっても枯れないのですがマイナス5度くらいまでさがると葉っぱが痛み、茎がダラっとなり傷んでしまいます。鉢植えにした場合で、強い寒気が来るときは軒下に入れてください。
夏の暑さに弱い
反対に夏の暑さに弱いので、夏の間は、できれば日陰か、風通しのいい場所で管理してください。
パンジービオラに飽きたら次はクリスマスローズです。比較的日陰でも育ってくれるガーデナーにとってありがたい植物です。

スポンサードリンク

水やりと肥料

通年で多少乾燥気味に
クロスマスローズは比較的乾燥に強く、過湿にすると根が腐ってしまいます。水のやりすぎに注意してください。冬でも夏でも「水やり」は鉢底から水が染み出すくらいにしっかりとやります。水のやりすぎというのは「量」ではなく「頻度(何日に一回とか)」です。

<冬>鉢植えの場合は土が乾いていたら水をやります。水やりは午前中にやります。午後から水をやると、土に残った水分が、夜から朝にかけての冷え込みで霜柱になって、株を傷めてしまいます。
<春>気温が上がってくると蒸発量もあがり、水を吸い上げる力もあがってきて、土の渇きが早くなります。冬の感覚を引きずって、水が切れてしまい葉っぱが垂れ下がることがあります。
<夏>夏は休眠します。害虫が発生しやすくなります。水をやるときに、葉っぱの裏まで水をバシャっと掛けてやって虫を流し落とすようにしてください。乾燥に強いのですが、夏の極度の乾燥には水切れを起こします。様子を見てしっかりと水をやってください。
<秋>土が乾いたら水をやるようにします。
●土が乾いたら水をしっかりとやる程度にしてください。土が濡れているようであれば水は控えます。乾燥に強い植物です。
●夏の特に暑い時期には乾燥しすぎることがありますので、そういうときは足元に腐葉土を置いて乾燥を防ぐことも必要です。
●庭に植えておくと(地域にも寄りますが)毎年花を咲かせます。管理方法をいろいろと書いては居ますが、基本的には放置していても大丈夫です。

水切れしてグッタリしたら
鉢植えの場合ならば、鉢底から水がでるくらいに水をやってから、日陰で回復するまで管理して下さい。
肥料
春と秋に液体肥料を10日に一回やってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土は専用土で
用土はクリスマスローズの専用土というのがありますので、できればそれを利用します。もしくは赤玉土5腐葉土3鹿沼土(もしくは川砂)1を混ぜたものを使用します。

植え替えの詳細は以下のリンクを
クリスマスローズの鉢の植え替えと株分け
水はけをよく
とにかく水はけがよいことが大事です。水はけが悪いと根が腐ってしまいます。庭植えする場合で庭の土が粘土質ならば、土に川砂を混ぜるなどして水はけを良くしてから植えます。
●少々根が傷ついたくらいでは枯れません。土を落とすときに固まっているならフォークでザクザク挿して落としてもOK。
●根の生育が非常に早いので、植え替えるときは「ふたまわり」大きな鉢植えにします。出来れば庭植え。
●根を切ると回復には時間が掛かる。
●花屋やホームセンターに並ぶ頃…10月~12月に植えつけるといいです。
●春も植え替えシーズンですが、春は根詰まりしたら仕方なく株分けする感じ。春の新芽に花芽が付くので無理に植え替えは避ける。
●5月前後に立派なギフト用鉢物も出回ります。花を楽しんだ後に庭に植えて構いません。そのまま鉢植えで管理しても構いません。
挿し木・挿し芽は無理。増やすなら株分けと、種まきで。こぼれダネで増えます。

スポンサードリンク

管理場所・日当たり


庭植えする場合は半日陰
半日陰や、何かの木の下などが一番適しています。よくシェードガーデンに利用されます。日当たりがよいと、乾燥しすぎたり直射日光で葉っぱが傷んだりして、徐々に姿を消していきます。理想としては春と秋は日に当てて、夏は日陰、冬は霜除けがあるといいですが、まぁ、それは難しいでしょう。庭植えより移動できる鉢植えが便利。初心者は鉢植えから。
問題は夏の管理です。クリスマスローズが枯れるかどうかは、夏の管理に掛っています。

鉢植えなら
鉢植えならば、春と秋は日当たりへ、真夏は半日陰へと移動させます。冬は気温を見て、霜が降りたり寒すぎるならば軒下へ、ほどほどならば戸外で管理します。
<春>日当たりで管理するか、半日陰で管理します。
<夏>風通しのよい半日陰か日陰で管理します。
<秋>日当たりか、半日陰で管理します。
<冬>日当たりか半日陰で管理します。寒さに強い、のですが、強い霜に何度も当たったり、霜柱に根を持ち上げられると弱ってしまいます。そこで冬も何かの木の下などに植えたほうが良いです。(木が霜よけの代わりになる)

その他

花芽
花芽は休眠状態になる6月~9月の間に作られます。花芽は株の根本に出来ますので、コレ以前に生えている茎や葉っぱを落としても花が咲かなくなるということはありません。
古葉取り
有茎種と原種と今年初めて開花する株以外は、11月から12月前後に古い葉っぱを落とし、株に日光を当ててあげます。詳細は各月の育て方か、以下のリンクを参考に。

管理が悪いと葉っぱに黒い斑点が
店頭の苗の葉に黒い斑点があったら、それは黒星病。でも、黒星病は過湿気味だと出ます。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承


寒い冬でも可愛い花を咲かしてくれる人気の植物。色合いが少しシックですが名前に恥じない存在感があります。
●日本で流通しているのはオリエンタリスという品種で、これは初心者でも簡単に栽培できます。
●クリスマスローズ・・・という名前なのに、クリスマスには咲いていません。ショックを受ける人もいます。
クリスマスローズという名前は原種の「ノイガー」という品種を指し、その他の品種は本来、クリスマスローズとは呼びません。流通する上でノイガーの属するヘレボルス属全てをクリスマスローズと呼ぶようになっています。ちなみに「ノイガー」はクリスマスの時期に咲きます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

クリスマスローズの関連記事

クリスマスローズの日記

キンポウゲ科の仲間


キンポウゲ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用