クリスマスローズの古葉取り

MENU
TOP>クリスマスローズの管理>クリスマスローズの古葉取り
スポンサードリンク

クリスマスローズの古葉取り

11月・12月・1月ごろにクリスマスローズの古い葉を取り除く「古葉取り」という作業を行います。作業をすることで、次の葉と花が出やすくなります。必須の作業です。必ず行ってください。このページでは古葉取りについてまとめています。
古葉取りのまとめ
●去年出た古い葉っぱを取り除く。
●株元に日光が当たることで、新芽が出やすくなり、開花しやすくなるため。
●ただし、有茎種と、今年初めて開花する株と、原種のクリスマスローズは古葉取りを行わない。
●秋に新芽が出る品種は、古い葉と新芽を区別して、古い葉を取る。
●秋に新芽が出ない品種は、ほぼ丸坊主になる。
●切るときは株元から5センチほど茎を残す。
剪定の時に使うハサミは必ず消毒する。消毒しないとウィルス病に感染する。
●一株毎にハサミを消毒すること。
スポンサードリンク

古葉取りの目的


古葉取りとは何か?
クリスマスローズは11月・12月・1月あたりに「古葉取り」というのを行います。古葉というのは、昨年出た新芽の葉っぱのことで、これを秋から冬にかけて取り除くことで、新しい芽の生育を妨げないようにする作業です。
●古い葉っぱも光合成をしているので、取り除くべきではない!と主張する人もいますが、古葉取りは一般的な作業です。

なぜ古い葉は邪魔なのか??
クリスマスローズは株元に日光が当たることで、生育が良くなります。寄って古い葉っぱが覆い隠していると新芽の生育が鈍くなります。また、古い葉っぱは硬質化していて、太いために、新芽に当たると新芽が傷んだり、場合によってはポキっと折れてしまいます。なので新芽が出るこの時期に作業を行います。
スポンサードリンク

古葉取りをする前に知っておくべきこと


古葉取りをする株としない株
全ての株の古葉を取るのではなく、
●今年、初めて咲く株。
●原種のクリスマスローズ。
●有茎種。

は古葉取りはしません。一般的に流通しているクリスマスローズは「ハイブリッド」で原種ではありませんから、古葉取りは必須です。
どの葉っぱを取り除くか??
古い葉っぱを取り除きます。基本的には全ての古い葉っぱを、です。品種によっては秋から新芽が出ていますので、11月・12月には古い葉っぱと新しい葉っぱが混在しています。二つの違いは一目でわかります。古い葉っぱは色が濃くて硬く、新芽は色が薄くて柔らかいです。それに、去年から育てているならば、どれが新芽かは育てている「あなた」が一番よく知っているでしょう。
●古い葉っぱも光合成をしているので、新芽の邪魔にならないならば、切らない!って言う人もいます。でも、まぁ、普通は切ります。

ほぼ丸裸になる
11月12月だと、まだ新芽が伸びていない品種が多いです。そういう品種は「古葉取り」をすると、ほぼ丸裸になります。株元に新芽の小さいのがちょこんと顔を出しているだけになってしまいます。そういうものです。それで問題ありません。
●ほぼ丸坊主になっても、生育・開花に問題ありません。
●11月12月ごろに流通しているクリスマスローズの株は、古葉取りをしていないものが多いです。これは売る際に見た目が良い方がいいから葉っぱを残しているだけです。古葉は取ってしまいましょう。

ウィルス病対策
クリスマスローズにはウィルス病(バイラスと言う場合も)があり、このウィルス病に感染すると株が枯死します。治療方法がないので、感染しないようにするしかありません。また一株が感染すると、土を伝って、また、葉っぱと葉っぱが触れるだけで非常に簡単に別の株に感染します。
クリスマスローズの剪定(古葉取り)をするときにウィルスがよく感染するんですね。剪定作業して、そのまま同じハサミで別の株を剪定すると、一発で感染します。それでその株はアウトです。遅かれ早かれ枯死します。なので、古葉取りをするときには「ハサミを消毒する!」しかも「一株毎に消毒する!」というのが大事な作業になります。
スポンサードリンク

具体的な方法(消毒)

ハサミの消毒
ウィルス病に感染しないように、ハサミは一株毎に消毒します。
消毒の方法は、
●ガス・バーナー・ライターで炙る。
●第三リン酸ナトリウム(りん酸三ナトリウム)の消毒薬に浸す。

があります。第三リン酸ナトリウム配合の消毒薬はホームセンターで販売しています。
バーナーやライターによる消毒
家庭で便利なのはライターやバーナーです。炙って消毒したハサミで、一株作業して、炙って消毒して水で冷まして、別の株の作業して…を繰り返します。ただし、炙るとハサミがバカになっちゃって切れにくくなるのですね。ハサミは使い捨てるものだと割り切ってしまえばいいですが。
第三リン酸ナトリウム(りん酸三ナトリウム)による消毒
第三リン酸ナトリウムの入った消毒液を作って、そこに数分浸したものを、水洗いして使用します。となると一本のハサミで連続して仕事をするのは無理。ということは、溶液とハサミを何本か用意して、溶液に浸けて、剪定作業をするたびに別のハサミで作業して、溶液に浸けておいて、数分して消毒が終わったらまた、そのハサミを利用して…を繰り返します。ライターやバーナーのようにハサミがバカになることはないんですが、ハサミを数本用意しないといけないし、一般家庭では現実的じゃないような。株が少ないなら、ライターやバーナーでいいと思います。
●第三リン酸ナトリウムの消毒は、他の植物でも利用するので、買っていて損はないですよ。
スポンサードリンク

具体的な方法(剪定)

必ず手袋をする
クリスマスローズの分泌液は毒性があって、皮膚に触れるとかぶれることがあるので、作業するときは必ず軍手をします。

古葉を切る
ハサミで切ります。
根元から5センチほど残して切ります。5センチ残すのは、水をやった時に、泥が跳ねて、切り口にあたり、そこから雑菌が入って病気になるのを防ぐためです。
もう、あとはバッサリと古い葉を落としてください。
その他のコツ
●作業は晴れた日の午前中に行う。これは切り口が乾いてほしいから。乾けば雑菌が入らない。
●一株毎にハサミを消毒すること。必ず。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

クリスマスローズの管理の仲間


クリスマスローズの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用