アスコセントラムの育て方

MENU
TOP>ラン科>アスコセントラム

アスコセントラム(アスコンセトルム)

nophoto
科名ラン科
学名Ascocentrum
別名アスコンセトルム
みずやり水控え目
場所日の当たる室内
難易度上級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

水やりと肥料

ミズゴケが乾いていたら水をたっぷりと与えてください。生育期には水を欲しがるので、霧吹きで葉や株全体に水をやってください。

もしも株の窪みに水が溜まっていたら、ティッシュでふき取るか、こぼすかして取り除いてください。そこから傷んでしまうことがあります。

秋から冬へと気温が下がると水は控えて、乾かし気味管理してください。この時期に水をやりすぎると枯れてしまいます。

成長期には10日に一度、液体肥料を与えます。ラン用の肥料というのもあります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

根が張って、鉢がきつそうになったら、大きな鉢に植え替えてください。時期はいつでも構いません。

ミズゴケだけで鉢を敷き詰めるのは難しいので、発泡スチロールをつめて株を安定させます。

特徴・由来・伝承

東南アジアに自生する小型のラン。花は2センチほどで小さいのですが、密生するのでとてもキレイです。たまにランのコンテストで賞を貰っています。

アスコセントルムは木の幹などに根を絡ませて生活(着生)します。土に根を張って生活しているわけではないので、普通の感覚で水をやると、根腐れを起こしやすいです。

●ビビットな色合いが多いですが、淡い色合いの品種もあります。
●バンダとアスコンセントルムの交配種がアスコンセンダです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ラン科の仲間


ラン科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用