エレムルスの育て方

MENU
TOP>ユリ科>エレムルス

エレムルス

nophoto
科名ユリ科
属名エレムルス属
学名Eremurus
みずやり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

秋に植えて、春から初夏に掛けて花が咲く球根
寒さに強く乾燥に強い、独特な花が咲く病気に強い球根植物です。球根がまた独特の形状をしています。
開花後に休眠します
花が終わって夏になると休眠します。葉っぱが枯れたら球根を掘り出してください。エレムルスは寒さに強く乾燥に強いのですが、高温過湿に弱いです。夏には掘り上げてバーミキュライトを入れた箱か何かの中に入れて保管しておきます。

水やりと肥料

鉢植えの場合
エレムルスは乾燥を好み、過湿を嫌います。水やりは乾燥気味に管理します。土が濡れているうちは水をやらないようにしてください。
庭植えの場合
庭植えにした場合は、植え付け直後に水をやりますが、その後はよほど日照り・乾燥が続かない限りは水をやらないようにします。過湿が苦手で水やらない方が無難です。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付けは秋、耐寒温度は0度ほど。土が凍るような地域ならば、ワラや腐葉土マルチングをして寒さ対策をしましょう。
用土水はけのよいものを
市販している花と野菜の土(培養土)に川砂を混ぜたもので植え付けをします。
肥料
三月から五月に掛けて固形肥料をやるか、植え付け後から春まで液肥を二週間に一回程度やります。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりのいい場所で育てます。寒さには耐性がありますが土が凍るほどの地域ではマルチングをします。高温多湿に弱く、夏に植えっぱなしだとそのまま枯死してしまいます。

特徴・由来・伝承

ユリ科(ルツボラン科)の球根植物。切り花としてはちょくちょく見かけます。穂状になっていて、下から槍のような形に咲きます。別名に「キングススピア(王の槍)」というのもあります。種類によっては花の部分だけでも1メートルになることも。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ユリ科の仲間


ユリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用