熊童子(クマドウジ)の育て方

TOP >ベンケイソウ科>>管理

クマドウジ(熊童子・熊の手)

クマドウジ
科名ベンケイソウ科
属名コチレドン属
学名Cotyledon tomentosa
別名熊童子・熊の手
水やり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. 熊童子(クマドウジ)とは?
  2. 熊童子の仲間
  3. 熊童子(クマドウジ)の水やり
  4. 熊童子(クマドウジ)の肥料
  5. 植え付け・植えかえ
  6. 挿し芽・葉挿しで増やす
  7. 熊童子(クマドウジ)の管理場所・日当たり
  8. 特徴・由来・伝承
  9. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

熊童子(クマドウジ)とは?

熊童子(クマドウジ)とは?
文章の修正熊童子(クマドウジ)はベンケイソウ科コチレドン属の多肉植物。産毛のような毛が生え、葉っぱの先がまるで熊の手のような形状なのが名前の由来となっています。

夏と冬に休眠します。冬に休眠するのはなんとなく分かるので、水を控えるのですが、夏も休眠するので、水を控えないといけません。夏は乾燥時期で、「サボテンは暑い地域の植物」というイメージから、夏もほどほどに水をやっていると根が腐ってしまいます。
熊童子の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
スポンサーリンク

熊童子の仲間

熊童子錦

熊童子の仲間
文章の修正斑入りの熊童子です。斑が分かりにくいですが入っています。斑入り種は緑葉よりも弱く、夏の直射日光に葉焼けしやすいので、管理に注意してください。
熊童子錦の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

熊童子(クマドウジ)の水やり

文章の修正熊童子(クマドウジ)の鉢の土が乾いてカラカラになって白く変色してから水をやるようにします。春〜秋は鉢底から水が染み出すくらいにしっかりとやります。

水やりの頻度が多いと、もともとプクプクの葉っぱが更にプクプクになって、熊の手の由来たる「爪」が埋没してしまいます。「あれ、爪が無い(ハッキリと見えない)」と思ったら水を控えてください。

春と秋の水やりは土が乾いてから鉢底から水が染み出すくらいにしっかりとやりますが、上記に書いたように「爪が埋没しない」程度に控えましょう。

この水を控える具合が難しく、失敗しやすいです。購入は春か秋にして、そこで水やりの具合をつかんでおくといいです。

夏の水やり

文章の修正夏は高温で休眠しますので、水やりを控えます。葉っぱがしぼんできてから水をやるようにします。水をやるときは鉢底から水が出るくらいにやりますが、夕方に涼しくなってから水をやるようにします。

冬の水やり

文章の修正熊童子(クマドウジ)は冬も寒さで活動が止まります。土がカラカラに乾いて白く変色してから、土の表面を濡らす程度にちょっと水をやります。冬は鉢底から水が出るくらいにやっていると、水がずっと残って根腐れします。

熊童子(クマドウジ)の肥料

文章の修正生育する春(3月〜5月)、秋(9月〜11月)に薄い液体肥料を一ヶ月に一回やります。
液体肥料の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

植え付け・植えかえ

時期・頻度

文章の修正春(3月〜4月)か秋(9月〜10月)に植え替えます。頻度は2年に一回か3年に一回です。

用土

文章の修正サボテンの土か、多肉植物の土を利用します。
多肉植物の土の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

植え替えの手順

文章の修正植え替えの10日前から水やりを止めてカラカラにしておきます。水やりをしていると植え替え後に活動が止まっていて根腐れしやすいですので断水しましょう。

植え替えの日に鉢から株を取り出し、3分の1ほど土を落として、傷んで変色している根を落としてしまいます。

新しい鉢を用意します。新しい鉢はひと回り大きなもの…現在より1号か2号大きな鉢か、同じ大きさのものにします。同じ鉢に植え替えればいいです。成長するのを見越して一気に大きな鉢に植えると、土に水が沢山残って根腐れの原因となります。

新しい鉢の底の水が抜ける穴を、鉢底網で塞いで、鉢底石を3cm〜4cmほど入れます。用土を入れ、株を入れて、隙間に用土を入れて、そのまま水やりをせずに日陰で1週間〜2週間ほど養生します。養生が終わったら、日当たりに移動させ、水やりを再開し、通常の管理に戻します。

挿し芽・葉挿しで増やす

挿し芽・葉挿しで増やす
文章の修正挿し芽挿木)、葉挿しの両方ができます。どちらも3月〜4月か9月〜10月の生育時期に行います。葉っぱを取って、水をやらずに明るい日陰で土の上に置いていると発根するので、発根したら土に根が埋まるように植え付けます。発根するまで水をやらないでください。

熊童子(クマドウジ)の管理場所・日当たり

文章の修正春と秋くらいの日当たりならば、葉焼けすることはありません(ただし斑入り品種は注意)。出来るだけ日当たりに置いて、しっかりと日光にあててあげて生育させてください。

夏越し

文章の修正熊童子(クマドウジ)は夏は暑さで休眠します。夏の強い直射日光では葉っぱが焼けたり、暑さで葉っぱがポロポロと落ちていきます。風通しのよい涼しい日陰で管理します。

越冬

文章の修正クマドウジは5度以下になると弱り枯れ込んできます。5度をきったから一発で枯れる…というわけではないですが、気をつけましょう。霜や寒風に当たればすぐに枯れます。冬は室内の日当たりで管理しましょう。

特徴・由来・伝承

文章の修正南アフリカ原産で、なるほど熊の手っぽい葉っぱの形から熊童子(クマドウジ)と呼ばれています。秋になると紅葉して熊の手の爪部分が赤くなり、マニキュアっぽくなります。全体はぷくぷくしていてかわいい。

多肉植物で、サボテンのようなもの。あまり水をやりすぎると腐ってしまうので気をつけましょう。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

七福神
ベンケイソウ科エケベリア属
コーカサスキリンソウ
ベンケイソウ科セダム属
クィーンローズ
ベンケイソウ科カランコエ属
春萌
ベンケイソウ科セダム属
胡蝶の舞
ベンケイソウ科カランコエ属
桃美人
ベンケイソウ科パキフィツム属
白牡丹
ベンケイソウ科エケベリア属
星美人
ベンケイソウ科パキフィツム属
月兎耳
ベンケイソウ科カランコエ属
カランコエ
ベンケイソウ科カランコエ属
スポンサーリンク