クマドウジの育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>クマドウジ
スポンサードリンク

クマドウジ(熊童子・コチレドン・熊の手)

nophoto
科名ベンケイソウ科
属名コチレドン属
学名Cotyledon tomentosa
別名熊童子・コチレドン・熊の手
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

気をつけるべきは夏!
クマドウジは夏と冬に休眠します。冬に休眠するのはなんとなく分かるので、水を控えるのですが、夏も休眠するので、水を控えないといけません。夏は乾燥時期で、「サボテンは暑い地域の植物」というイメージから、夏もほどほどに水をやっていると根が腐ってしまいます。

水やりと肥料

水やりは控えると爪が見えてくる
クマドウジに水を沢山やっていると、もともとプクプクの葉っぱが更にプクプクになって、熊の手の由来たる「爪」が埋没してしまいます。「あれ、爪が無い(ハッキリと見えない)」と思ったら水を控えてください。
夏と冬は水を控える
成長期は春と秋、気温が高い夏と寒すぎる冬は生育が止まり、休眠期になります。春と秋の水遣りは土が乾いてから鉢底から水が染み出すくらいにしっかりとやりますが、上記に書いたように「爪が埋没しない」程度に控えましょう。
この水を控える具合が難しく、失敗しやすいです。購入は春か秋にして、そこで水やりの具合をつかんでおくといいです。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

サボテンの土か、多肉植物の土を利用します。成長するのを見越して大きな鉢に植えると、土に水が沢山残って根腐れの原因となります。

管理場所・日当たり

春と秋は日当たりで
春と秋くらいの日当たりならば、葉焼けすることはありません(ただし斑入り品種は注意)。出来るだけ日当たりに置いて、しっかりと日光にあててあげて生育させてください。
夏は日陰へ
クマドウジは夏は休眠します。夏の強い直射日光では葉っぱが焼けたり、暑さで葉っぱがポロポロと落ちていきます。風通しのよい涼しい日陰で管理します。
冬は日当たりの暖かいところ
クマドウジは5度以下になると弱り枯れ込んできます。5度をきったから一発で枯れる…というわけではないですが、気をつけましょう。霜や寒風に当たればすぐに枯れます。冬は室内の日当たりで管理しましょう。

特徴・由来・伝承

南アフリカ原産で、なるほど熊の手っぽい発破の形から熊童子(クマドウジ)と呼ばれています。秋になると紅葉して熊の手の爪部分が赤くなり、マニキュアっぽくなります。全体はぷくぷくしていてかわいい。

多肉植物で、サボテンのようなもの。あまり水をやりすぎると腐ってしまうので気をつけましょう。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用