クレオメの育て方

TOP > フウチョウソウ科 > 更新日

クレオメ(酔蝶花・風蝶草)

クレオメ
科名フウチョウソウ科
学名Cleome hassleriana
別名酔蝶花・風蝶草
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

クレオメの育て方

文章の修正こぼれダネで毎年咲く
冬には枯れる一年草。春に種をまいたり、苗を植えて夏に花を楽しみます。1mほどの茎の先に非常に存在感のある花が咲きます。花から飛び出している部分はオシベ。夏の暑さに負けずに咲き、しかもこぼれダネが残って春に芽を出し、夏にまた咲きます。
●花は夕方に咲き、翌日の昼過ぎにはしぼむ。鑑賞時間は短い。それでも存在感があって綺麗ですし、よく咲きます。

意外と流通しない
こぼれダネでよく増えるのに(ホームセンターなどの店舗では)ほとんど見たことがないです(庭先ではよく見かけるけど)。流通量が少ないのもあって、ちょっと苗が高い。そのため、ネットショップで取り寄せた方が賢明です。
スポンサードリンク

水やりと肥料

文章の修正春から夏に生育と開花がありますので、水が切れないようにします。鉢植えならば土が乾いてから。庭植えでも、水切れしないように水をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正植え付けの肥料+液肥で追肥
水はけがよいものなら土壌を選びません。肥沃な土を好みます。植え付けは市販の培養土で植えます。培養土には最初から肥料が入っています。ただし、培養土に入っているだけではもたないので、春から秋にかけて液肥を追加してください。
自作する場合は、赤玉土腐葉土堆肥1を混ぜます。
●移植が向かない。苗くらいの大きさのときは多少植え替えても良いですが、ある程度大きくなってから植え替えると根が傷んで枯れてしまう。

庭植え向き
水はけのよい土ならば、庭植えが向いています。
こぼれダネで増える
一旦植えるとこぼれダネで増え、毎年咲く。

管理場所・日当たり

文章の修正とにかく日当たりを好みます。半日陰でも育ちますが、夏の暑さに強い性質ですから、真夏の暑さで他の植物がへたる様な場所に植えて花を楽しむようにします。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
文章の修正南アフリカ原産。クレオメは属名。別名は「風蝶草(フウチョウソウ)」「酔蝶花(スイチョウカ)」。英語ではスパイダーフラワー。どれもその花の形からです。

関係記事・人気記事

オリーブの葉が枯れてきた

オリーブの葉が枯れてきた
[+[まとめ] ●オリーブは乾燥に強いだけで、水は欲しがる植物。水が少ないと葉っぱが黄色くなって落ちます。 ●木を固定するのに針金を巻いている場合があります。これを外さないと、成長を阻害したり、食い込んで…

ミニヒマワリ

ミニヒマワリ
ミニヒマワリ(矮性ヒマワリ)は小さく育つように品種改良したものか、大きくならないように薬品処理したもの。性質はヒマワリと同じ。境目はかなり曖昧。丈が80センチ以下くらいで「ミニひまわり」「矮性ヒマワリ…

ゴテチャ

ゴテチャ(クラーキア属 )
矮性処理した品種は背丈が20センチほどですが、矮性処理していないものは80センチ前後と大きく育ちます。矮性処理していないものは背が高くなり、風や雨ですぐに倒れます。支柱をしましょう。 [[秋に種を撒…

ツツジ・サツキが咲かない理由と対処

ツツジ・サツキが咲かない理由と対処
開花しない原因の一番の候補は天敵の害虫ベニモンアオリンガ。次が剪定時期の失敗。この2つは「まったく花が咲かない」という最悪の事態を引き起こします。あとは「花が減る」要因にはなりますが、完全に開花しな…
管理用リンク
管理用