枯れる理由(エアープランツの場合)

MENU
TOP>雑学>エアープランツが枯れる理由
スポンサードリンク

エアープランツが枯れる理由


エアプランツ(チランジア)はちょくちょく枯れます。水やりの感覚を把握すれば大丈夫ですが、それでも事故的に枯れることも。

ケーススタディ

エアープランツが枯れるよくあるケース
●過湿 エアープランツはミイラで枯れることが多いですが、かといってジメジメしていると腐ります。水につけた後に水切りが甘いと腐ります
●脱水ミイラ 空気中の水だけで育つと考えているとミイラ状態になる。実は100円ショップの店頭で既にミイラになっていることが多い。
●凍死 熱帯の植物であり、寒さには弱い。春から秋に戸外に出しておいて冬に取り込み忘れることが。また、濡れているエアープランツを戸外で乾燥させたときに寒さで枯れることも
ソーキングしすぎ 水につけておいてそのまま忘れてしまって窒息死。ソーキングは4時間ー6時間。12時間以上で窒息死するとも
●踏み殺す 軽くて何かの拍子に床に落ちて、誰かに踏まれたり、犬猫がおもちゃにしてグチャグチャになる
●失踪 戸外に置いていると風に飛ばされるなどして、いつのまにか居なくなる。もしくは野良猫や烏が持っていく。もしくは近隣住民が花泥棒
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

雑学の仲間


雑学の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用