チランドシアの育て方

MENU
使い方 TOP

チランドシア(チランジア・ハナアナナス・キアネア)

チランドシア
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名アナナス科
属名ティランジア属
学名Tillandsia Cyanea
別名チランジア・ハナアナナス・キアネア
みずやり乾かし気味に
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
チランドシアは本来はアナナス科チランジア属の総称で、チランドシア属には非常に多くの個性的な植物があります。ここのページでいうチランドシアは「チランドシア・キアネア(シアネア)」のことです。一般的にホームセンターや花屋さんで「チランジア」という名前で流通してきたのがコレだからです。
育て方の概要
チランドシアは直射日光がガンガンとあたると傷みますので、春~秋は戸外の明るい日陰か、室内の明るい場所で管理します。冬は室内の明るい場所で管理してください。
チランドシアは、1つの株に1回花が咲くとそれ以上花が咲くことはありません。ただし、新しい株が出来ると、花が咲きます。子株は育てているうちに出来ます。
花はどこで「終わった」ことになるか
ピンクのしゃもじ状のものに青紫の小さな花びらが咲きます。花びらがしぼんだら取り除き、ピンクのしゃもじ状の部分が徐々に色あせていきます。どこで枯れたのかは、あなたの判断によります。みすぼらしいなら取り除きましょう。
まとめ
●根っこではなく、葉っぱの根元から水を吸い上げるので、葉っぱの根元のくぼみに水をやるようにする。
●冬は霧吹きで水をやるようにする。
●基本的に一年中室内で育てる。春と秋に戸外に出して管理するとよい。
●株には花が一回しか咲かない。株の横に子株が出ると、その子株には花が咲く。夏に子株を分けて管理すれば新しい花が咲くが、しかし子株を分けてから開花するのは三年くらいかかる。なかなかキツイ。
●生育時期に液体肥料を薄めたものをやる。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水やりと肥料
この項目の修正・提案をする
土が乾いたらタップリと水をやります。特に春~秋は成長期なので水を必要とします。水をやるといっても、チランドシアは根から水を吸収するのではなくて、葉っぱの根本に溜まった水を吸収します。そこで葉っぱの根元の筒状になっている部分に水が溜まるくらいにバシャーと水をやってください(花には掛けないように)。霧吹きで水をやってもいいです。
●株元に水をやってもあんまり意味がないです。

この項目の修正・提案をする
冬の水やり
冬になると成長が止まり、水を吸い上げる力が鈍くなりますので、土が乾いてから数日経ってから水をあげます。その際に葉っぱの根元の筒状の部分に水が溜まらない様にしてください。水が腐って枯れる原因になります。冬は必ず霧吹きで水をやりましょう。
肥料
成長期に薄い液体肥料を2~3週に1回あげてください。液体肥料も霧吹き(スプレー)で水やりと同じようにやる。肥料は控えめに。肥料が多いと腐りやすいです。

植え付け・植えかえ

この項目の修正・提案をする
植え替え時期
株分けは初夏に行います。子株が出来ていて、葉っぱが10枚以上になったら株分けをします。それとは別に、水苔が黒く変色しているようならば、水苔を入れ替えてください。水苔が劣化して腐っています。取り替えて健康な状態を維持しましょう。
植え替えの方法と目的
市販されているチランドシアを植え替えようとバラすと、株がミズゴケに包まれ、その周囲に土が詰められています。
植え替えるのであれば、新しいミズゴケで包んで新しい鉢に突っ込んでOKです。親株からは新しい花は咲きません。一回しか開花しないものです。しかし親株からは子株が生まれ、子株から開花します。子株の葉っぱが10枚以上になったら、切り離して新しい水苔でくるんで株分けします。3号鉢…直径15cmの鉢に入れます。子株を株分けして開花まではおおよそ3年かかります。
●水苔は新しいもので植えること。
●販売している株には土が入っているんですが、植え替えるときは水苔単用でいいです。株元を水苔でつつんで、それを鉢に入れる。水苔と鉢は「株を固定するもの」で、根っこも「株を固定するもの」です。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
基本的に一年中室内で管理
春から秋に掛けては半日陰か明るい日陰で管理します。冬は室内に取り込みます。窓辺で管理するときはカーテン・レースで遮光してください。生育温度は20度から30度。この温度のときはよく生育するので水をしっかりとやってください。
●冷暖房の風は非常に乾燥していて、これが直接チランドシアに当たると乾燥でカリカリになって枯れます。チランドシアじゃなくても枯れるんですけどね。扇風機の風も「直接」当てないほうが良いです。直接じゃなければいいです。
●春と秋は戸外の半日陰・明るい日陰で管理すると株がシッカリします。ただ、虫が多少つくかも。
●戸外で管理したほうが株がしっかりする。これは日光よりも「自然な風」にあたるから。風は植物にとって意外と大事。

冬の管理
冬は室内の日当たりで管理します。冬は気温が下がり、活動が鈍くなります。でも生きているので水やりは必ずやってください。完全に水を切らすと枯れます。冬は暖房のかかった、人が昼間に生活している場所で管理するようにします。暖房の風が当たらないようにしてください。
耐寒温度は5度。昼間に暖房がかかっている部屋であれば、夜中にも5度以下になることはほぼないです。ただ、窓の近くでは外気が近いので、寒波が来ると氷点下になることがあります。氷点下になると枯れるのでそういうときは部屋の中央へと移動させます。
●冬は暖房がかかっていて空気が乾燥しているので、霧吹きで葉っぱに水をやってください。

病害虫

この項目の修正・提案をする
カイガラムシ
動かないけど、ピッタリとくっついたものがあったら、カイガラムシ。カイガラムシは葉っぱの汁を吸います。カイガラムシの排泄物にスス病が発生するので、見つけ次第、ティッシュなどでカイガラムシを削ぎ落としてください。カイガラムシは動けないので削ぎ落とすとそのまま死んでしまいます。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
エアープランツの仲間ですが、育て方は普通の植物に近いです。チランドシアとチランジアは学名の読み方の違いで同じものを指しています。
鮮やかな淡いピンクの苞(ほう)に淡いブルーの花が咲きます。その色合いは、ほとんど唯一の雰囲気です。耐寒温度は5度で室内であれば冬越しも難しくないことから観葉植物として人気があります。

このページで扱っているチランドシアは「キアネア」という品種です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

「チランドシア」に関する疑問・質問・日記

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

アナナス科の仲間


アナナス科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用